• 28 Oct
    • 着眼大局、着手小局。

      日ごろITS健康保険組合などで接点のある経営者の方とお話した際に、頭に入れておきたいと思った言葉を教えていただきました。それが、着眼大局、着手小局。俯瞰力をどう広げるかという話題になったときに、この言葉をいつも思い浮かべるとのこと。大きく見てから、小さく実行に移す。検索してみると、多くの記事がありました。着眼大局、着手小局 勇気ある撤退から学んだことhttp://business.nikkeibp.co.jp/article/person/20061213/115572/スランプを抜け出す「着眼大局、着手小局」http://allabout.co.jp/career/management/closeup/CU20061213A/index2.htm気をつけないとついつい小さいところから物事を見て、一時的な対症療法になりがちですよね。私も気をつけないと。この着眼大局、着手小局のクセ付けを自分なりにしようとおもってマクロ指標から細かい市場のデータまで、A4一枚にまとめるシートをつくりはじめました。世界経済のマクロデータ日本経済のマクロデータ株価、為替ネットのユーザートレンドネット企業の業績などを1枚に。試行錯誤ですが、最小の時間でできるクセづけを意識して取り組みたいと思います。

      1
      テーマ:
  • 27 Oct
    • 強い会社

      強い会社は社員が偉い 社員様第一経営のススメ (NB Online book) (NB Online book)/永禮 弘之 なかなか衝撃的なタイトルの本ですが、制度作りだけに走るのではなく、職場作りと風土作りが大事。という考え方を中心に、現場の力を活かす経営について事例がまとめられています。デザインファームのIDEOなどがその代表格として取り上げられています。IDEOが教える「イノベーションを生む秘けつ」(CNET)http://japan.cnet.com/interview/biz/story/0,2000055955,20187087,00.htmこの本でサイバーエージェントも取り上げていただきました!「自分で仕事を選ぶ」という事例として、事業プランコンテストの「ジギョつく」社内フリーエージェント制度の「キャリチャレ」などや「現場との連携」という事例として「バージョンアップ委員会」や女性リーダーによる「エルカフェ」などを取り上げていただきました。メンバー1人1人の力を引き出してこそ、経営の自力が伸びる。今週も、がんばります!!!

      1
      テーマ:
  • 26 Oct
    • 社内結婚

      今日は社内で出会い、結婚した2人の挙式へ。 新郎は転職して入社直後、私のグループに参加してくれて、ともに営業に行った仲間。初取引で大きな予算の受注をもらったときには思わず一緒に抱き合って喜んだことも。新婦も採用などでいつも力を借りています。当社のロゴ、アメーバをかたどったケーキ。社長の挨拶も大爆笑。挙式から披露宴まで大笑い。本当に幸せいっぱいの2人でした。末永く、お幸せに!

      1
      テーマ:
  • 25 Oct
    • 上級専門職合宿

      今日は上級専門職による1日合宿。通称、「P職合宿」。当社では専門職をプロフェッショナル職としてグレード分類しています。その中でも上級専門職約50名での集まりは、初めて。部門間の交流もそれほどあったわけではないので、多くの交流ができるようなコンテンツを用意しました。 当社のロゴや行動規範などを創りあげている須田が考えるプロフェッショナル論。「はたらいて、強くなる。」「頼まれた仕事は、断らない。」「自分の意見は、必ず言う。しかし最終決定には従う。」他のメンバーとも話をしましたが、プロとしての魂をびしびし感じたプレゼンでした。そのあとはグループワーク。「サイバーエージェントのプロフェッショナルとは?」 マネージャー合宿などともちょっと違う、すごいなぁと思う「プロ」への考え方がたくさん出てきました。・しゃべれるオタク・必殺技を持っている・学習し続けるすごく刺激になる意見が多かったです。彼らの意見を、活かせる組織にしなくては。そのほかにも全員のEQの共有や貿易ゲームなど。夜の懇親会も役員が多く参加し、もりあがりました。しかし・・・・・実は今日はバタバタでした。自分のスケジュール調整のミスで予定がバッティングしており、多くのメンバーに調整などで協力してもらいました。(本当にごめんなさい&ありがとうございます!)日本能率協会のJMAマネジメントセミナーで当社の人事制度に関して講演させていただきました。PDFのパンフレットはこちら 。「やめさせない!」採用 かまってほしい若者たち (セオリーBOOKS)/樋口 弘和 この著書の樋口さん と、日本ヒューレット・パッカードの平田本部長とご一緒させていただきました。 たくさんの質問をいただき、そのつど自分たちの制度に足りないものに気づくことができます。160名ほどの方にご参加いただいたとのこと。本当にありがたいことです。しかし。外部で注目される以上に、会社の仲間に評価される環境をつくる。これだけは、忘れない。がんばり、マキシマム!

      1
      テーマ:
  • 24 Oct
    • 答えのない時代に・・・

      答えのない時代を乗り切るためには、ロジカル・シンキングを身につけよ 実戦!問題解決法/大前 研一 最近ロジカル・シンキングについての相談をうけることが多く、こういう情報では必ず話題にあがってくる大前研一さんの著書を読んでみました。この本、すごく良かったです。ロジカルシンキングとかクリティカルシンキングというと、情報の整理だけに終わってしまって「仕事の現場でどう使うか?」という視点が感じられない本にであったこともあったのですがこの本は、すぐに使えるイメージがわきました。■答えがある前提で、考える「すべての問題は解決できる、と強い信念を持って」「もし答えがあるとすれば、どういう感じなのか考えてみる」前提を「もし答えがあるとすれば・・・」ととにかく考えを前進させるのはよいですね。■流れでものごとを考える世界経済・日本経済の視点 ↓市場の視点 ↓会社全体の視点 ↓自部門の問題大きなところから、俯瞰してみることが大事ですね。■「要は何か」を問い続けるせいぜい細分化しても3つまで。人間はそれ以上はカンタンに覚えない。たしかに・・・・・ やはり大事なのは、全体俯瞰。大きな視点から、細かいところへ。あらためて、頭に入れておきたいと思います。昨日は仙台でCAウィルのみんなと総会と懇親会。 半年間のMVPメンバーと。エクセルのマクロ開発をしてくれたり、チームの情報共有をしてくれたり、すばらしいです。 ご家族も一緒に、記念撮影も。今日はこれから、サイバーエージェントで初めての上級専門職約50名による1日合宿。交流、刺激など楽しみです!

      2
      テーマ:
  • 23 Oct
    • ブロとも

      仙台での食事のあと、夜に少し時間があったのでマッサージに。はじめは「東京からですか?」「仙台は寒いですか?」など軽い世間話をしていたところ。「私、今週広島行くんです。ブロ友に会いに 」「ブ、ブロとも?ブログって、どこのブログですか・・・?」「え・・・、アメーバ。 」(まじ!すごい)「へぇー、そうなんですか!」(「私、アメーバの会社なんですよ・・・・・」)「竹原さんの「じゃあの」のブログに、コメント書いてる仲間で集まって食事したりしてるんですよ。10人くらいで。ご実家の焼き肉屋に行くこともあるんですよ。たまに竹原さんもこの仲間のことを書いてくれたりして、盛り上がったりするんですよね。ずっとブログは見ているだけだったんですが、2006年の8月位からはじめたんですよ。ミクシィはやったことがないんですけど、ブログはいいですよねー!」怒涛の、ブログトーク。まさかこんなところで、アメブロの話が聞けるとは。すごくうれしかったです!!!

      1
      テーマ:
  • 22 Oct
    • CA8の俯瞰力

      「CA8に入って、何か変わりましたか?」最近、メンバーとミーティングや食事をしていて、よく質問されること。一番大きい、自分と他の役員とのギャップを考えてみると下記のポイントだと思います。■数字で語る、俯瞰力。情報を「数字」で覚えている。世界や日本の様々な産業にアンテナをたてている。サービスを実際に使っていて肌感覚が強い。 もちろん役員ごとに強み・弱みはあると思うのですが、自分はまだまだインプット体にしみこんでいないことに気づきました。一方で私にとってよかったこと。■経営陣への「提言」機会が圧倒的に増えた。人事という仕事柄からも、役員への接点はこれまでもあったのですが、今は週に1度、役員ミーティングがあります。私の役割は、経営の声を現場に伝え、現場に声を経営に提言すること。これをもとに、今まではバラバラと都度提示をしていた人事に関する情報を、A4一枚にまとめて毎週の役員会に持参することにしました。各部署で活躍している人材の情報各事業部のトレンド情報育成や研修の年間スケジュールオフィスや社内インフラの変更予定現場からの要望の声など、人事関連の情報を書いてあるのみです。こういう項目を思いついたその都度言うのではなく、「事前に全体を俯瞰し、毎週最新に更新する。」これが大事だと思います。こういうシートを作って俯瞰してみると、どこにパワーを割くべきか、手薄になっているところがないかなどの判断がしやすくなりました。このシートもバージョンアップしながら、経営と現場からの期待に最大限応えたいと思います!!!ちなみに今日は、仙台に来ています。サイバーエージェントウィルという障がい者の特例子会社メンバーとの面談です。本当にみんな元気で、前向き。個別に面談すると、素直にそう感じます。当社の多くの事業の事務作業などをサポートしてくれていて、どんどん要望が増えているとのこと。ありがたいことです。私もがんばるぞ!!

      1
      テーマ:
  • 21 Oct
    • 人事のトレンド

      人事にも、トレンドというものがあります。10年後の人事/舞田 竜宣私がとても参考にしている、この本。バージョンアップ委員会にも参加してもらっているS田氏に紹介されたのを、今でも覚えています。この著者である舞田さんとお話する機会がありました。ものすごい専門家であるにもかかわらずとてもやわらかい口調で、当社の人事の話を興味深く聞いてくれた姿勢がとても素敵でした。いくつかのトレンドを教えていただきました。■経営層の「チームビルド」の依頼が多くなっている特に外資系。当社でも合宿がありますが、オフサイトミーティングというものが目立っている。■制度は「つくる」から「どう活用するか」にシフトしている作った制度が複雑すぎて、わからなくなっているとのこと。特に評価制度などは項目や手順をシンプルにする流れに。などなど。会社の経営の変化が激しすぎて、複雑すぎる人事制度は制度疲労を起こしているのかもしれませんね。「現場のメンバーがどう思うか、イメージトレーニングする」新しい制度を入れるときでもできる限りこのイメトレをするように心がけていますが、まだまだ。会社の成長とともに、新しい課題は出てくるもの。課題に向き合い続けることこそが、大事だと思います。メンバーにシンプルでわかりやすい、働きがいのある環境づくり。永遠に追求できる、人事分野最高の課題です。シンプル・マキシマムでがんばります! 

      1
      テーマ:
  • 20 Oct
    • モチベーション

      モチベーション管理。組織にも、個人にも大切なものですね。Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2008年 10月号 [雑誌] この特集では・個人のモチベーション管理・組織のモチベーション管理それぞれについての論文が書かれています。個人のモチベーション(活力管理)では、肉体、感情、知性、精神のマネジメントが大事。とのこと。たとえば、「肉体:すべての活力の源」。私も数年前、カゼをひきやすい体でした。上司に「体が弱いと、仕事が増えないよ」 といわれて危機感。この時はかなり焦りました。今は、ほぼ毎週ジムに行くことでずいぶん改善。 免疫の考え方は大事ですね。ほかにも、「自分の感情のブレが大きい人は人をほめることでポジティブな感情をつくろう」など様々な改善策が書いてあるので参考になると思います。組織のモチベーション管理では、「獲得、絆、理解、防御」それぞれへの欲求に配慮することが大事とのこと。そしてそこに加えて、「直属の上司がモチベーションに影響を与える」というデータが。メンバー一ひとりひとりからすればとてもとても大事なこと。私自身も上司としてがんばらないといけないですが、人事としても配慮すべき重要なポイント。個人的にもこれから上司となるマネージャー陣の育成をバックアップするプログラムをつくることを 決めているので、改めて頭に入れておきます。今週もがんばりましょう!

      2
      テーマ:
  • 19 Oct
    • ダンス部懇親会

      会社の部活動支援制度を活用して設立されたダンス部。 昨日は10月3日に開催されたグループ総会の発表の映像を、みんなで振り返る打ち上げ。 笑いを共有できることは、本当にすばらしいこと。 みんなから、結婚などのお祝いメッセージをいただきました。本当に、ありがとう。 グループ総会の発表をしてから「ダンス部に入りたい 」と声をかけてくれた人もいたみたい。これからも、たくさん仲間を増やしたい。ダンス部に限らず、会社の仲間とこういう接点を持てることは本当にありがたいこと。いいリフレッシュでしたー

      テーマ:
  • 18 Oct
    • おめでとう!

      今日は、上智大学ラクロス部同期の結婚式  神父様のお話が、とてもすばらしかった。一日10分、コミュニケーションをしよう。困難を乗り越えるのは、感謝の気持ちを伝えること。真実が、最もすばらしい親切である。などなど。 ラクロス部で副将をつとめてくれたHさん。本当に心のやさしい、頼れるお兄さん。幸せな家庭を築くのが想像できます。ところで、9人いるラクロス部の同期。昨年まで結婚したのは2人だけ。でも今年に入って5人が結婚し、1人が男の子を授かった。めでたいことは、続くものだなぁ。Sさん、末永くお幸せに!!!

      テーマ:
    • 日本人の強みと弱み

      先日のインドのMBA学生 へのプレゼンの際に、事前に情報収集をしました。「何を話すか」に加えて、「どう話すか」。そんなタイミングで「グローバル企業の幹部から見る日本人」という話を聞くことができ、すごく参考になりました。■日本人の強み ・細かいところに気が利く・デザイン力(シンプルなデザイン)なるほど■日本人の弱み ・上司に迎合しすぎる・自己主張(adovocacy)が弱いインドでは小学生からとにかく手を上げて発言することが求められる。一方で日本ではせっかく手を上げても間違えたら減点されるような雰囲気がある。へりくだりすぎたり、低姿勢過ぎるのはダメ、ということ。なるほど・・・日本でも、「自己主張」は自分の仕事をより大きくしたいならとても重要だと思います。私もどちらかというと以前は「待ち」でした。でも、発言しない限り自分の気づいていること、やりたいことができない。自分の目の前の「待ち」だけでは、(勝手に変わることはあっても)自分の人生を変えることが難しいと思いました。そこそこで止まる、危機感。 まずは同調だけでもいから、発言する。 議論になってもいいから、発言する。 失敗してもいいから、発言する。ちょっとづつでも試すと、結構うまくいくことがあったりして「ああ、早く言えばよかった」と思える経験がありました。英語力であせる人も多いのですが、「自己主張力」はもっと大事。そう思います。===昨日は現場ランチミーティング。 広告代理事業のある部門の新卒2年目のみんなと。・最近の営業活動のトレンドは?・何か困っていることはないか?などをいろいろ教えてもらいました。「会社のインフルエンザ支援 、すごくいいです!」こんなうれしい声に加えて、いろいろリクエストももらいました。声を拾うだけでなく、アクションが大事。これを前提にがんばります。でも、今日は土曜日。週末なのでゆっくりリフレッシュします 

      3
      テーマ:
  • 17 Oct
    • インドMBA70名の会社訪問

      インドのMBA学生70名が、会社見学にいらっしゃいました。The Indian Institute of Planning and Managementhttp://www.iipm.edu/数日間、ホンダやコクヨなどいろんな会社を回りながら、日本のベンチャーの代表として当社へ。人事のOさんと、IR担当のKさん。突然のお願いでしたが司会・進行ありがとう!サイバーエージェントアメリカ社長のNさん。話にみな「うんうん」とうなづいていました。プーペガールを運営するM永社長とY崎さん。写真、とられまくってました。私も人事制度についてプレゼン。初めての体験でしたが、途中で笑っていただけましたし自分自身にもよい経験でした。プレゼンおわったあとに質問があるかどうか聞いたら笑顔で全員口をそろえて「NO----!」と言われたのにはあせりましたが。 そのあとには10人程度にわかれて当社メンバーがひとり入ってグループ質問会。こちらではたくさん質問が出ました。 うれしかったのは「サイバーエージェントはすごく活気がある(Lively)」といってくれたこと。 先生によるまとめ。受け入れのお礼としてトロフィーをいただきました。今回の訪問で歓迎してくれたサイバーエージェントのみなさんもありがとう!受付にかざっておきたいと思います。

      テーマ:
  • 15 Oct
    • 共通項

      当社は今、半期の振り返りと目標設定シーズン。こういう面談・対話の場でデキる管理職とそうでない管理職で大きく差が出るポイントがあります。共通項をどれだけ多く持っているか。「○○高校卒業なんだね。オレもだよ」 「サッカー観戦っていいよね、今度行こうよ」 「焼肉好き?○○の焼肉はおいしいよね」 どんなことでもよいのですが、共通項が多ければ多いほど、親しみがわく というのが原点です。上司からメンバーとの関係でもそうですが、デキるメンバーも上司と共通項を多く持っています。当社でもチームでの懇親会費用や、部活動なども支援していますが、 共通項を増やすことに、ものすごく効果があります。特に「部署横断の共通項づくり」は効果的。人事としても、そういう場を現場のメンバーにできる限り提供していきたい。 バージョンアップ委員会 の力も借りながら、私自身もメンバーとの共通項を増やしていきます!付記:週末に一部オフィスのレイアウト変更が。 新卒7年目の石井社長 のCAテクノロジーのオフィスが拡張しました。来月には会議室などもできる予定。環境が変化はメンバーの表情も変えますね。メンバーもいい笑顔で迎えてくれました 

      テーマ:
  • 14 Oct
    • 数字は覚えないと意味がない

      今持っている手帳が壊れてしまったので手帳を新調しようと思っています。何を買おうかと思っていたら、ちょうどコンビニで発見。PRESIDENT (プレジデント) 2008年 11/3号 [雑誌] 手帳の情報はもちろん参考になったのですが、それ以上に参考になったのは経営者の手帳の使い方。商船三井の芦田社長のインタビューが響きました。数字は覚えなければ役に立たない これは、本当に大事だと思います。ほかの役員と話をしていて、圧倒的に強いと感じるのが、数字の力。デキる人も、必ず数字が頭に入っている。議論に数字が入っているとものすごく説得力を持つんですよね。芦田社長は、手帳に気になる情報を書いたり新聞記事を貼り付けたりして時間があるとじっくり読んで頭に入れるとのこと。数字を覚える努力。 がんばります!!ところで、今日の日経新聞。朝投函されている「特別号外」は非常に珍しいですね。世界の動きも非常に激しいですが、そんな中でもあわてることなく「俯瞰する意識」を持ちたいと思います。

      1
      テーマ:
  • 13 Oct
    • 結婚式・フォトブロ

      修善寺でのN君の結婚式 本当にすばらしかったです。 本当に笑顔が素敵な、お似合いの夫婦。 奥様を待つ新郎・・・ 船で、素晴らしい十二単の新婦が! ご家族で記念撮影。 私は夫婦でお招きいただきました。 会社の仲間と。同期がとても多くていいですね。 本当に、おめでとう!!末永くお幸せに!!! 

      テーマ:
    • 結婚式

      これほど荘厳な結婚式は初めて!

      テーマ:
    • 修善寺の朝

      これからNくんの結婚式。昨晩は式をする同期も集まっていてかなり盛り上がってました(^.^)天気もよく、素敵な式になりそう

      テーマ:
  • 12 Oct
    • 修善寺

      今日は修善寺に来ています このエリアには何度も来たことがありますが修善寺へのお参りは初めて。少しだけ紅葉が。本当に緑がきれいです。明日はこの修善寺で会社の仲間の結婚式本当に楽しみ

      テーマ:
    • 大逆転勝利!!!

      土曜日、上智ラクロス部公式戦の応援にいってきました相手は立教大学。昨年1部から落ちてきたばかりの、実力のあるチーム。 先取点はとったけれど、一進一退。どちらかというと、追う立場。 ゴーリー(ゴールキーパーのこと)のナイスセーブ!20分クォーターで行う、このラクロス。第4クォーター開始時、上智 3-6 立教。あと20分で、何ができるか。 応援の声はたくさんでていたけど、3点差をどうやって埋めるのか。正直、心の中にはあきらめムードもあった。しかしこの得点が、流れを変えた。 攻めて、攻めて、攻めた。そして終了のホイッスル・・・・上智 7-6 立教!勝利!!!おめでとう!!!勝利の雄叫び!http://jp.youtube.com/watch?v=P1XDHOCr08E試合後は、キャプテンからのあいさつ。 OBもたくさん集まって、大いに盛り上がりました。主将による試合後のメッセージ。http://jp.youtube.com/watch?v=sHraql2jD_0残り数試合も、1部昇格に向けてぜひがんばってくださいね!!!自分に勝つ。今日の選手のみんなから、すごく感じました。スカッとした、最高の土曜日でしたーー!!

      2
      テーマ:

プロフィール

デキタン

性別:
男性
誕生日:
1974年10月1日
血液型:
A型

読者になる

AD

月別

一覧を見る

■プロフィールはこちら
https://sites.google.com/site/soyama1001/

■著作

サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方 ― 「キャリアのワナ」を抜け出すための6カ条/曽山 哲人(2010年7月16日)




アマゾンにて「ビジネスライフ」1位!(2010年8月24日)

<プレジデントロイターでの連載>
サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方

<この本を紹介してくれた方>
グロービス田久保さん渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)、ネットトレンド研究室須田氏

サイバーエージェント流 成長するしかけ/曽山 哲人(2010年2月)




アマゾンにて「IT」カテゴリ1位!(2010年8月25日)

<この本を紹介してくれた方>
渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)ネットトレンド研究室須田氏、、フィールワークス前川さんドリコム内藤さん百式管理人田口元さん


■資格
TOEIC 825点(2007年10月)

■高校 神奈川県立市ヶ尾高校
ダンス甲子園全国大会第3位(日本テレビ「元気が出るテレビ」@よみうりランド。チーム名は「DorD」。動画はこちら

■大学 上智大学文学部英文学科
体育会男子ラクロス部 主将
学生ラクロス連盟 広報委員長
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。