• 29 Jun
    • 読書力

      私が知っている仕事ができる人は、必ず読書を心がけています。レバレッジ・リーディング/本田 直之リーダー層にいる人がもう1歩上に行くためにも、読書はお勧めです。視野を広げるという単純に文字から得られることだけでなく自分の行動の領域を広げることができるというのが本のよいところです。読み方がじっくり読むかさくっと読むかは別として本を読むことを大事にしている人はたいてい下記の流れができていると思います。(1)まずは読む    ↓(2)読んだことを実行する     ↓ (3)経験が成長を促進させるレバレッジ・リーディングは「ビジネス書を読むのは時間がかかってタイヘンだよなぁ」という人はぜひ読むとよいと思います。本は、1文字1文字を見るために買うのではなく自分の成長を促進するために買っているはず。必要ならじっくり読む。使えないと思ったらその場で読むのをやめる。見極めも、大切ですね。

      テーマ:
  • 27 Jun
    • 空気清浄器

      当社の大会議室の空気清浄器が新しくなりました!ワークスタイリング室の新卒2年目のO川さんが「最新のを格安で手配しました!」とのこと。見た目は明らかに前のより良い。効果に期待o(^ヮ^)o

      テーマ:
    • アメブロで占い!

      このアメブロにリクエスチョンというサービスがあります。http://requestion.ameba.jp/portal/searchOfficial.do?sortKey=1&page=1専門家や芸能人に質問できる!というサービスで、中でも占いがもりあがっているとのこと。取締役の高村からも話を聞き、私も試してみました。http://ameblo.jp/cyber/entry-10109206058.html はずかしいですが・・・うれしい回答だったのでブログで書きます (^▽^;)■万泉さんの回答http://ameblo.jp/sanmeigaku/ ===はじめまして万泉です。リクエスチョン頂き有り難う御座います。曽山さまの仕事運、社会運の型は、「成功者と呼ばれる型」です。 専門的には「同次元融合」という形を持っています。その特徴は行動面に於いて、横広がり的な生き方をしょうとします。同業者、同類者、同じ次元の人人たちとの融合は非常にうまく行くわけです。慎重に、着実に物事を運んで行きます。その世界では成功していきます。世の中では成功者と呼ぶでしょう。イメージ的には「真面目人間の働き者」として映るでしょう。ただし上下がないのです。平面的な活動なのです。算命学に於ける上下とは、異次元の世界との融合がないのです。そのため精神的には不満足が残る形です。成功はするんだけども、本人的には満足してないと・・・。こういう形なわけす。 従って将来世界で活躍するビジネスパーソンに成りたいという夢も、自分の専門分野、「同次元」においてはかなりのところまでは行くでしょう。 丁度、曽山さんには中年期に、海外に縁のある星が回ってきてますし、43歳から20年間ぐらいにかけて自信が非常に強くなる星回りですから、世界での活動は実現するでしょう。 最後にひとつアドバイスです。あなたの星で最も欲しいのは、「火性」です。「火の質」です。この星が回ってくると運勢的に最高となります。若い時期に出てくれば良いのですが曽山さまの場合、晩年期まで待たなくてはなりません。ですから自分のパートナーの人が「火の質」をたっぷり持ってる人だと良いわけです。そういうパートナーと一緒に海外に行ければ最高でしょうね。頑張ってください。 ===同次元での活躍はイケそうただし平面的(汗)43~63歳くらいで自信が非常に強くなるということですね。ポジティブな波にのってがんばります!

      テーマ:
  • 26 Jun
    • 目の前の島耕作

      本日、日経新聞を見ていて「おっ!」と目を開いたことがありました。私がインターネット広告の営業時代からお世話になっている方が社長になるとのこと!!!10年ほど前に営業でお伺いしたのが初めてですが、ある会社の部長としてインターネットマーケティングの先駆けともいえる試みをされていた方でした。粘り強く大型提案を交渉させていただいたこともありますしトラブルで大きなご迷惑をおかけしながら助けていただいたこともありました。決して声が大きいというわけではないのですが圧倒的な存在感と説得力の強さが本当にすごいと思っていました。お話をお伺いする限り、ご自身の人生も平坦な道のりだけではなかったようですが年齢に関係なく挑戦しつづけているところがとにかくかっこいいと思いました。部下の方からの尊敬も本当に大きなもののようです。本当に、目の前にいる島耕作のよう。弘兼憲史叢書 島耕作全集 課長編/弘兼 憲史島耕作のように自然体で、私も挑戦しつづけていくぞ。純粋に、うれしかった話でした。

      1
      テーマ:
  • 24 Jun
    • No.1戦略会議

      CACL。(サイバーエージェント・チャンピオンズリーグ)渋谷ではたらく社長のアメブロより。http://ameblo.jp/shibuya/entry-10101188040.htmlこのリーグにひもづいて実施される「No1戦略会議」のメンバーでミーティング。私は広告代理店部門を統括する高村のチーム。http://ameblo.jp/cyber/アメーバ事業本部のメディア部門の責任者 N瀬やhttp://ameblo.jp/lionbaby/entry-10109351328.html新卒3年目の子会社取締役 S本らといっしょに。http://ameblo.jp/jibunnjisinn/事業部横断で経営へ直接貢献できる提案ができるのは非常にすばらしいチャンス。この機会を活かさないのはもったいない。全力を出し切って、がんばります

      テーマ:
  • 22 Jun
    • 結婚式!!!

      今日は人事本部で新卒採用を担当してくれた、新卒入社6年目のWさんの結婚式!!!いい絵ですねーーープロポーズしたときの車とのこと。本当に素敵なお二人で、王子様とお姫様という感じ。新婦側代表挨拶での弊社常務中山。いいところでメモを見るというネタで会場を巻き込んでました。http://ameblo.jp/golfer/entry-10108858815.html二人でケーキ。ほほえましい・・・Wさんの最高のスマイル!!!本当にすばらしい式でした。2人で最高にすばらしい家庭を築いてくださいね!!!本当におめでとうございます!!!

      テーマ:
  • 21 Jun
    • 知識は、本の中にはない

      私は普段から、本を読むのが好きです。それでも前からそうだったわけではなく、社会人なりたてのころはそんなに読んでいませんでした。むしろ、本を読む余裕もありませんでしたし時間もありませんでした。今思い出すと、本を読むようになったのは何かでいきづまったからだと思います。本を読み続けるようになったのは、読んだ内容をすぐに実行することこそが自分の経験になるということを学んだからでした。この本に、そのようなことが書いてありました。ドラッカー名著集 創造する経営者 (ドラッカー名著集 6)/ピーター・F・ドラッカー事業を成功させるアプローチ。(1)理想企業の設計(2)機会の最大化(3)人材の最大利用たしかにこの3本柱、組織の見直しに使えそう。最近は出張などもあり本を一気に読みました。ジム・ロジャーズ中国の時代/ジム ロジャーズ冒険投資家として有名な、ジム・ロジャース氏。中国の機会には注目ですね。子供に中国語を教えるとよいとか、中国元は20年で3~5倍になるだろう、など。カーライル―世界最大級プライベート・エクイティ投資会社の日本戦略/鈴木 貴博 この中でのカーライルの話ももちろん面白かったのですがグローバル経営者として日産のカルロス・ゴーン氏についてカーライルジャパン会長のコメントが興味深かったです。カルロス・ゴーンの仕事をつきつめると下記。(1)時代の変化を見る。(2)やらなければならないことを迅速にやる(3)やってはならないことはやらない「迅速にやる」、これは同じ経営判断を実行する管理職でも大きく差が出るポイントだと思います。私もスピードで負けないようにしなくては。日本進化論―二〇二〇年に向けて (幻冬舎新書 い 3-1)/出井 伸之ソニーの元CEO出井さん。グローバルの波は避けられない。日本は今後環境国家平和国家文化国家の3本柱を軸に、周囲と協調して価値を生み出す共創資本主義を進めるべきだ、と。逆に言うと私たちのまだ若い世代からすればグローバルで戦えるチャンスが増えて、面白くなるともいえますね。気づいたものを実行するクセづけ、つづけないと。

      2
      テーマ:
  • 19 Jun
    • マイナビ・インターンシップイベント

      昨日は大阪出張でした。マイナビのインターンシップフェア。http://job.mynavi.jp/conts/event/intern/osaka.html本当に多くの学生がいらっしゃって、就職活動への意欲の高さを実感しました。昼過ぎから、サイバーエージェントを代表して私から講演させていただきました。ご参加いただいたのは約200名!質問もたくさんしてもらえて、本当にありがたい機会でした。ブースでも、立ち見がたくさん出ていました。講演では私なりに考える、インターンを充実させる3つのポイントを話しました。インターンには①市場・②仕事・③人を知るチャンスがあると思います。仕事の観点だけでみることが多いかもしれませんが、インターンは視野を広げる良いチャンス。市場は伸びるのか?チャンスはあるのか?仕事はやりがいがあるのか?社会的に影響はどれくらいあるのか?人は共感できるのか?大きい夢を持っているのか?このあたりを見ることでより充実した就職活動ができると思います。当社も、どの会社よりも充実したインターンシップにしたいと思います!本日講演やブースに来てくれたみなさん、本当にありがとうございます。サイバーエージェントのインターンシップ、ご応募をお待ちしています!!!http://recruit.cyberagent.co.jp/fresh/internship.php

      テーマ:
  • 18 Jun
    • 日経ビジネス・マネジメント

      日経ビジネスについていた付録の「日経ビジネスマネジメント」。付録のように見えて、記事がいつも面白い。これだけ雑誌にしても、売れそうな気がします。特にセコイア・キャピタルのマーク・クワミ氏による「世界ベンチャーはこう育てる」という記事が面白かったです。<投資の特徴>①未来技術を目利きする力②創業期のベンチャーに投資③経営にも口を出す④豊富な人的ネットワーク投資先ではチームワークを重視。これからは中国、インドへの進出を加速。成長のために、自らも入り込んで経営指南するのが事業経験ある経験ある投資家からするとたしかに効果的ですね。今日は大阪にて2010年新卒採用のイベント。http://job.mynavi.jp/conts/event/intern/osaka.html私も午後に講演予定です。がんばります!!!

      テーマ:
  • 17 Jun
    • 「俯瞰」でわかる決算書

      会計の知恵。今年は特に強化しようと情報を集めているジャンルです。今まで読んだ会計についての本で、もっともわかりやすい本に出会いました。「俯瞰」でわかる決算書/中村 亨たまたま当社の経理の責任者と話をしていてもらった本ですが、これは買う価値あり!対象が会計の専門家ではなく「経営にかかわろうとする人向け」と明言されています。今までいろんな本や講座で得ていた会計知識ですがこの本を読むことでするするっと体に入ってくる感じでした。たくさんの事例をもとに、知識をつけられるようになっています。ヤフーと三井物産伊勢丹とユニクロJALとANAソニーとキヤノンわかりやすい比較が、たくさんあります。この本は手元においておいて、何度も繰り返し読むことにします!!いい本に出会ったーーー!!!

      1
      テーマ:
  • 16 Jun
    • ファミリー懇親会

      先週末に、西日本事業部にて初めてとなる家族懇親会を行いました!その名も「ファミリー懇親会」  これは女性活性化プロジェクトチーム「エルカフェ」の発案で実施されたもの。育児をしている社員や家族が他の社員や会社を知ることで安心材料を少しでも増やしてもらおうという「パパママ懇親会」の関西支社バージョンです。東京で初めて実施したときには育児をしている社員と家族を呼んだだけで80人となりましたが、大阪では育児しているしてないにかかわらず家族を呼んで交流しようと、「ファミリー懇親会」としました。子供づれはもちろん、社員が奥さんや旦那さんをお呼びして交流。ゲームをやったり、 社内の風景をとったビデオを流したり。ビデオは社員から家族へのメッセージもあり、グッとくるものも。私は進行役として参加しましたが、途中から子供とたくさん遊んで私自身ももりあがってしまいました。一緒に参加したメンバーに、「子供と仲良くなるの、うまいですね」とほめてもらいました。なにか恥ずかしい気分ですが、本当にそうだといんだけど・・・ 有能な人材が長期にわたって働きつづけられる環境を実現。当社のミッションステートメントのひとつですが、必ず、実現するぞ。

      1
      テーマ:
  • 15 Jun
    • ネットプライスで勉強会

      当社のグループ会社、ネットプライスにて全社員に対してエニアグラム勉強会を実施しました! ネットプライスhttp://www.netprice.co.jp/ 全部で約150人。70人づつにわけて2回実施しました。社内活性化の、ひとつのツールとしてエニアグラムを紹介しました。 私は2006年にこのエニアグラムを知って、サイバーエージェントのマネージャー合宿で紹介して以来、当社でのちょっとした共通言語になっています。私たちは内定者研修の時から必ず実施していて、配属されたあとも「エニアグラムは何?」と最初に聞かれることもあるとか。 今回の研修でも自分ときちんと向き合うことができてよかったほかのメンバーとの話題のきっかけになりそうこういう研修は引き続き実施してほしいということで、反応は上々でした。ネットプライスのメンバーのブログ。「広野ゆうなのフーテンひぐらし」http://ameblo.jp/hironoyuna/entry-10105908073.html オフィスも見学してきました。サイバーエージェントも参考にしなければと思う、参考になる部分がたくさんありました。 こうやって刺激をお互いに提供できるグループ会社との関係があることは本当にありがたいこと。引き続きいろんな形でグループ全体に貢献できるようにしていきたいと思います!

      1
      テーマ:
  • 13 Jun
    • 朝礼暮改の発想

      朝令暮改の発想。この本はいいです!周りの何人かにオススメしちゃいました。(^▽^;)「未来の目標」に向け、いまやるべきことを考えるセブンイレブンなら1万点つくるという目標に向けて、すべきことは何かを考えて配送の仕組みを改善したとのこと。私でいえば、「21世紀を代表する会社をつくる」ということのために社内のコミュニケーションの仕組み人が活きる環境作りなどやれることを見直します。人間は「善意の生きもの」だからこそ必要以上のことをやり始めるこれは特に「業務に時間がかかっている」という人に多い傾向。特に時間があると「あれもこれも」という善意が、後から見れば「無駄な作業」になってしまいかねません。私も以前はよくやっていました。いざ上司に説明しようと資料をたくさん作ったけど結局使ったのは最初の1枚だけ、とか。「それ、本当に必要なの?」という自問自答をしたり、上司や先輩と相談するとよいと思います。人間は何かにしがみつくと本当の力は出せない「何か」はいろいろあると思いますが、肩書きや権利などに一度はまるとそうなる可能性はあると思います。変化しない限り、成長はない。ここを肝に銘じておきたいと思います。また、昨日は人事本部の月間MVPメンバーと食事。今まで人事でデザインを担当して今はクリエイティブの部門に異動したNさんにも参加してもらいました。人事本部では毎月メンバーの投票によって・リーダー部門・メンバー部門という月間のMVPを表彰して、「ほめほめディナー」と呼ぶ食事会へ。T井マネージャーhttp://ameblo.jp/nantonaku-blog/entry-10105753575.htmlOさんhttp://ameblo.jp/ogalisa215/entry-10105762542.htmlいろいろ仕事の話やプライベートの話を聞けて、私もとても楽しかったです。仕事をバリバリやって、メリハリつけて食事に行ってコミュニケーションするのは本当に楽しいものですね。

      1
      テーマ:
  • 11 Jun
    • 大阪人事の事例

      先月の話ですが、大阪支社に行ってきました。大阪支社の人事担当、Kさんと代理店部門の人事責任者、Wさん。人事周りについていろいろ相談しました。大阪支社はコミュニケーションをいろんなしかけでやる努力を続けている部署のひとつです。大阪に限らずどの部署でも(私たち人事本部も)常に満点ではありませんが、改善しつづけていることがとてもよいと思いました。リーダー以上の部署横断飲み会動物占い飲み指名できる新人向けメンター制度エニアグラム勉強会宅配クリーニング(メンバーがボランティアで契約)集中ルームの設置ボーリング大会などなど。初めて聞いたときは「動物占い飲み???」とびっくりしましたがこれも共通の話題づくりの材料。共通項を増やすという努力を継続することはとても大事だと思います。他の部署の事例でもいいものがあればまた紹介をしていきます!!

      テーマ:
  • 10 Jun
    • トップ・プロデューサー

      プロデューサー。トップ・プロデューサーの仕事術 (日経ビジネス人文庫 (か5-1))/梶山 寿子成長中のアメーバブログの部門のさらなる拡大のためにも、プロデューサー育成のために人事本部としてできることが何なのかという観点で情報収集をするようにしています。多くの優秀な人材が育ってきているものの社長の藤田や現場のメンバーが必死になって挑戦しているからこそ。まだ人事としてはやれることがあるはず。そんな中で、この本はなかなか面白い。何人もの著名なプロデューサーが出ていたけれど、何人かの方が共通して同じことを語っていたこと。完全な勝利か、完全な敗北かそれしかないのだ、と。覚悟を決めて、やるしかない。そこまでの気合をこめて仕事することは、とてもカッコイイことだと思います。退路を断って仕事に臨む覚悟。勇気をもらった本でした。

      テーマ:
  • 09 Jun
    • 「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす」

      最近、日経新聞でよく広告を見かけるこの本。さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす/マーカス バッキンガム2年ほど前に人事本部でも話題になりました。2006年2月のときの記事。http://ameblo.jp/dekitan/entry-10009276087.htmlそのときの、私の強みはこれでした。アレンジ学習欲自己確信達成欲未来志向改めて見直すと、たしかに意識している気がする。自分の強みを活かす。仲間の強みも活かす。最高のチームプレーを楽しむ。そんな会社をつくりあげる。よし、今週もがんばるぞ!

      テーマ:
  • 06 Jun
    • 今から事業部の旅行

      なのですが、一年目のHくんのリュックの中にはほぼアメーバくんだけ。。このアイデア尊敬!

      テーマ:
    • 働きがいのある会社ベスト25

      先日、サイバーエージェントが働きがいのある会社2008ベスト企業にランクインしたということで、表彰式に参加してきました!同行してくれた広報担当者もブログに書いています。http://ameblo.jp/cair/entry-10103513330.html表彰式の前に、上位企業によるプレゼンテーションを聞く機会がありました。マイクロソフト、ソニーマーケティング、アサヒビール。そうそうたる企業が上位に入っていました。当社はインターネットサービスのベンチャー企業としては唯一の受賞なのでランクインしたのは純粋にうれしいです。  共通して感じたことは、コミュニケーションをとにかく深く深く実行している点。現場から声を聞いて、改善するサイクルが回っている。本当にすばらしいと思いました。サイバーエージェントでも・半年に1度1000人で集まる社員総会をしたり・事業部で合宿をしたり・チームの懇親会費を毎月ひとり5000円支給していたりなどなどコミュニケーションの活性化の改善活動を続けていますが、まだできることがある と実感できたことが非常に良かったです。早速、全社のコミュニケーションがさらに活性化できるよう、現場の声を経営に伝える従業員調査を実施することにします。やり方はいろいろこれから情報収集しなくてはなりませんが、夏ごろに実施するつもりです。対話に、労を惜しまない。先日お会いした方に教えていただいた言葉ですが、大切にしていきたいと思います。

      テーマ:
  • 02 Jun
    • 進むべき道は見えているか

      ザ・ビジョン 進むべき道は見えているか/ケン・ブランチャード この著書のケン・ブランチャードは私が社会人1年目のときに初めて手にしたビジネス書の著書です。1分間マネジャー―何を示し、どう褒め、どう叱るか!/K.ブランチャード 伊勢丹時代、仮配属だったときのマネージャーからいただいた本でした。この「ザ・ビジョン」。自分なりのビジョン(ゴール)を持つことでその道に進む推進力を高まる。小説風の本ですが、こんな主旨のことが書いてあります。とても読みやすく参考になりました。ビジョンづくりだけでなく、ミッションや価値観についての考え方も説明されています。この本も踏まえて私なりにビジョン作りに大切にしたい点を考えると・ワクワクする将来のイメージがある・現状に対して率直に向き合っている・誠実な価値観がもりこまれている自分自身の所属する人事本部でもまだまだやれることはありますが、引き続き改善に向けて動いていきたいと思います。過去のことだけでなく、将来のための決断をどれだけできているか。よし、今週もがんばるぞ!

      テーマ:

プロフィール

デキタン

性別:
男性
誕生日:
1974年10月1日
血液型:
A型

読者になる

AD

カレンダー

月別

一覧を見る

■プロフィールはこちら
https://sites.google.com/site/soyama1001/

■著作

サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方 ― 「キャリアのワナ」を抜け出すための6カ条/曽山 哲人(2010年7月16日)




アマゾンにて「ビジネスライフ」1位!(2010年8月24日)

<プレジデントロイターでの連載>
サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方

<この本を紹介してくれた方>
グロービス田久保さん渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)、ネットトレンド研究室須田氏

サイバーエージェント流 成長するしかけ/曽山 哲人(2010年2月)




アマゾンにて「IT」カテゴリ1位!(2010年8月25日)

<この本を紹介してくれた方>
渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)ネットトレンド研究室須田氏、、フィールワークス前川さんドリコム内藤さん百式管理人田口元さん


■資格
TOEIC 825点(2007年10月)

■高校 神奈川県立市ヶ尾高校
ダンス甲子園全国大会第3位(日本テレビ「元気が出るテレビ」@よみうりランド。チーム名は「DorD」。動画はこちら

■大学 上智大学文学部英文学科
体育会男子ラクロス部 主将
学生ラクロス連盟 広報委員長
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。