• 28 Feb
    • 本社機能マネージャー合宿

      昨日は本社機能マネージャーの1日合宿。 経営本部長も振り返りを書いています。 http://ameblo.jp/montecristono2/entry-10075961971.html 濃い議論でした。 「経営とは高い目標を掲げて、ありもので戦うこと」 このために、本社機能のマネージャーとして 何ができるのかを議論しました。 改めて 事業部のサポートをするために、 あってはならない 「カン違い本社機能」についても議論。 メンバー全員で いろいろ掲げましたが、 タイミングがズレないことが大事。 ということで大体まとまりました。 事業部が急いでいるなら できるかぎり急ぐ。 逆に必要でもないことを いきなりやったり、 「ムダに時間をかけて」 やったりしない。 同じ事業部の中での 上司と部下の関係でも上記は あてはまりますね。 私も事業部のメンバーに 喜んでもらえるような 仕事を追及していきます。

      テーマ:
  • 26 Feb
    • 世界一わかりやすいプロジェクト・マネジメント

      先日、人事本部のマネージャー陣で まる1日のロングミーティングを行いました。 その中で強化すべき課題のひとつ。 プロジェクトマネジメントできる人材を いかに増やすか。 今後人事本部は 経営戦略を遂行するために 現場感×専門性 という方向性で人材を育成していこうと思っています。 会社の規模が大きくなる中で、 現場の声を反映させていくことと、 その声を活かすための専門性を高める 必要があると思っています。 現場の声から本質は見抜けている。 専門性を活かして解決法も見えている。 もしそういう状態が作れれば (私自身、継続改善中ですが) あとは実行力のみ。 その実行力を、 なんとか共通言語化したい!と思って 現在情報収集を進めています。 そこで買った本。 世界一わかりやすいプロジェクト・マネジメント/サニー ベーカー 確かに、めちゃめちゃわかりやすい!!! 人事本部や当社の本社機能で 利用が広がっているガントチャートについても 言及があります。 ■ガントチャートについて ・スケジュールの全体像を把握するのに適している ・1年以上なら月単位や週単位で ・A4かB4一枚に収めると見やすい などなど、参考になりそうなチェックすべき ポイントが明確に書かれています。 まずは自分自身で 実践してみたいと思います 

      1
      テーマ:
  • 25 Feb
    • 村上春樹

      土日はプチ旅行で移動が 多かったこともあり、 たまっていた本を6冊、 一気に読みました。 すごく、気分いいです  その中で、 いつもと違う本も読んでみました。 普段ビジネス書ばかり 読んでいて、小説などは ほぼ読まない私ですが、 ひょんな機会から 村上春樹の著書を読むことに。 東京奇譚集/村上 春樹 日本はもちろんですが 世界で認めれられている 作家とは、すばらしい。 世界で評価される仕事というのは ビジネスでも文芸でも 本当にすごいことだと思います。 この本、 短編集ですがどれも とても面白い。 アマゾンにある紹介文のとおりです。 五つの最新小説。 不思議な、あやしい、ありそうにない話。 しかしどこか、あなたの近くで 起こっているかもしれない物語。 ちなみに私は本を読むときはいつも 「読むというよりも見る」 というスタンスで情報を集めていますが、 この本は違いました。 自然と、じっくり情景をイメージしながら 文字を読んでいくことに。 話のテンポもいいし、 引き込まれる何かがあります。 いいですね。こういう本も。 世界に評価されているのが なんとなくわかったような・・・? 私も、世界で評価されるような 仕事に取り組むぞ 

      2
      テーマ:
  • 24 Feb
    • 歌舞伎の舞踊

      昨日の大阪松竹座での歌舞伎舞踊公演はすごかった♪d(⌒〇⌒)b♪坂東玉三郎尾上菊之助市川海老蔵。舞踊中心の歌舞伎はめちゃめちゃ面白かった。単純に、見てたのしめます。また行こう( ̄▽ ̄)v

      テーマ:
  • 23 Feb
    • 洋風の建物

      今日は飛行機に乗って、ちょっと遠出してます。これから歌舞伎をみまーす(^-^)ノ~~

      テーマ:
    • あした会議

      あした会議いよいよ来月!サイバーエージェントの役員と事業責任者で行われる新規事業発案バトル、「あした会議」が始まります・・・・!!!これは私が人事本部長に2005年7月に異動してから、藤田をはじめとする役員の発案をきっかけに人事で実施を指揮することになった合宿です。2006年の「あした会議」(第一回)。http://ameblo.jp/shibuya/entry-10008546616.html初めて開催したときの藤田のブログです。とにかくチームを何度か組み替えてアイデアを出すというものでしたが、かなりヘトヘトだったのを覚えています。2007年の「あした会議」(第二回)。http://ameblo.jp/shibuya/entry-10027028050.htmlこのときから、トーナメント制により役員同士が真剣勝負を行う という方式にして大いに盛り上がり、大きな成果を生み出しました。そして2008年の「あした会議」(第三回)。昨日はチーム編成のミーティングがありました。詳しくは社長・藤田のブログにあります。「対戦相手決定」http://ameblo.jp/shibuya/entry-10074567524.html各チームのメンバーは厳正な抽選でドラフト形式の指名で決まりました。などとありますが仕組みとしては役員8人が、G5(じーご・じーふぁいぶ)とよばれる16人から、1役員ごとに1人づつ2人ドラフト選抜するというものです。人事メンバーにはその抽選を作ってもらい、ドラフト会議用の資料を作成して社長の部屋へ。まず、対戦相手の抽選の時点で相当な緊張感があります私もG5の一人なので 私自身がドラフト選抜が終わるまではもちろん席を外していますが、部屋は、とにかく盛り上がってました私は社長の藤田チーム!そして対戦相手は、昨年一緒のチームで戦った取締役・中山のチーム。http://ameblo.jp/golfer/entry-10027092466.html(よろしくお願いします )ちなみに。この「あした会議」は、当社もお世話になっているリクルートエージェントさんの「あした製作所」にヒントを与えたとのことです。http://www.r-agent.co.jp/corp/saiyo/shinsotsu/r_culture/index.html「働きがいのある会社」調査で当社がベスト企業に入った際に、村井社長などとお食事をご一緒させていただいたりして接点を持たせていただいた際に、教えていただきました。純粋に、うれしい 「働きがいのある会社」http://ameblo.jp/dekitan/entry-10068470406.html私もリクルートエージェントさんのは参考にさせていただいています!いずれにせよ、サイバーエージェントのあしたにつながる事業を生み出すぞ 

      テーマ:
  • 22 Feb
    • 人事のシステムでできること

      人事のシステム。 当社ではすでに評価制度と給与計算では 人事システムを導入していますが、 それ以外にも人事メンバーの業務で システムを導入することで 人力だけに頼らない業務フローが作れないか 思案しています。 人事業務でシステム化できるものには、 何があるんだろう? ・採用管理 ・部署別の人数集計 ・人事予算実績管理 ・育成 ほかには・・・????? 今日本社機能のマネージャー定例会議でも、 大人数になってきたら、システム化を 検討するのも必要だね という話題があがりました。 もっともっと、 メンバーに付加価値を生む 業務に集中できる環境を作りたい! 現在、情報収集中です! こういうのやればいいのに、 というアドバイスありましたら 教えていただければと思います!!!

      2
      テーマ:
  • 21 Feb
    • 日本の広告費

      日本の広告費が発表されましたね! http://www.dentsu.co.jp/news/release/2008/pdf/2008008-0220.pdf ネット広告は6000億(制作費込み)。 制作費を除いた媒体費だけでも4500億! ■広告費 テレビ        1.9兆 新聞         9400億 ネット広告費    6000億(前年比 127%) 雑誌         4550億 ラジオ        1600億 ■ネット広告費内訳 ネット広告媒体費 4590億 検索連動広告費 1280億(ネット広告費の28%) モバイル広告費  620億(ネット広告費の14%) 雑誌を抜くとは言われてましたが 127%成長しているというのは大きいですね。 こういう市場規模を見るときに、 ついふと自分の頭にめぐること。 自分はこの市場づくりに、 どのようなはたらきかけが できているのだろうか? もっと大きな影響を与えるぞ! そのためにも、実行、実行。 「とにかくやる」 改めて気合入りました。

      テーマ:
  • 15 Feb
    • 棚おろし会議

      昨日は大阪支社のメンバーと 棚おろし会議を実施しました! 大阪支社の 広告代理店部門の SEMグループ(検索エンジンのプロ)の メンバーと。 業務の洗い出し。 組織成果に直接つながるコア業務と そのためにはずせないベース業務の グルーピング。 西日本責任者のE原氏も参加! こういう棚おろしでは 部長級以上の責任者が出ることが とても大事です。 現場の代わりに決断する。 特に、捨てるという決断。 責任者がすべき仕事だと思います。 局長のT田さんやC田さんも参加。 成果を出すために 5月末までの目標も決めました。 チームで共有できたことが大きいです。 先日のブログで書いた 「成果MAXで帰りMAX!」シート こちらにあるシートです  http://ameblo.jp/dekitan/entry-10072806805.html 5月末には 週に5日(=毎日)全員が 「晴れ!」をつけられるようにしようと 決めました。 3月末には週3日、 4月末には週4日、 5月末には週5日。 ゴールまでのくさびも打ちました。 参加してくれたメンバーの感想です! 今までわかっていたが 対策を打てていない部分に 「どうすべきか」という方向性を 見出すことができてよかった 業務レベルの精査ができたのでよかった こういう時間を早めに取ろうと思いながらも 目の前の仕事を消化していました いい時間でした 上司のC田さん、T田さんと 課題を共有できたのがよかった 会議が終わったあとは、 ちょうどこのグループの達成懇親会に合流! めっちゃ盛り上がりました! 来月、進捗共有の会議も行います。 5月に向けて、必ず成功させます。 そして、他の部署にも 横展開したい  やったりMAX 

      テーマ:
    • 成果MAXで帰りMAX!

      いろんなメンバーと 面談などをしている中で、 できている人とそうでない人の 大きな差を感じるものがあります。 できる人は、 「時間当たり成果」の意識が強い。 仕事に向き合っていると、 「板ばさみ」に合うことがあります。 それは 成果を出したい!という気持ちと 時間のメリハリをつけたい!という気持ち。 両方取りたいの、わかります。。。。 成果と時短はセットで考えるべきだ。 そうでないと、ジレンマが大きくなるはずです。 もちろん健康は大前提。 そのために、 新しいプロジェクトのテスト運用を開始しました。 それが 「棚おろし会議」プロジェクト です。 (1)業務をリストアップする。 事業責任者や部長職も参加して 現場の業務を把握する。 (2)業務を分ける。 付加価値が出せる「コア業務」と 外すことができない「ベース業務」の いずれかに分ける。 (3)メンバーごとにコアとベースの目標を決める。 コア:ベース=8:2など。 (4)部署ごとに「推進役」を決める。 週に1度、進捗ヒアリングし、 月に1度、部長も参加し目標が達成できているか決める。 (5)半年後に、再度会議を実施する。 <おまけです> 人事でも給与労務チームではじめてみました。 そこでオリジナルで開発された、 進捗確認のためのシートがこれ。 「成果MAXで帰りMAX!」シート http://www.scribd.com/doc/2052372/MAXMAX 日々、成果と時間で満足できたかを 天気図で記入して、朝会で共有したり 推進役がチェックするというもの。 メンバーからの発案でしたが、 いい日も改善すべき日も 自分と向き合って推進役に共有できるのが 安心を生むようでなかなか好評です。 今日は広告代理店部門のメンバーと 「棚おろし会議」を実施予定。 「成果MAXで帰りMAX!、」 実現させるぞ! 

      テーマ:
  • 13 Feb
    • すごい営業

      人事という職業柄、 いろいろな営業を受ける 機会がありますが 先日、すごいと思った営業の方がいました。 その方がすごかったのは、 圧倒的な商品知識。 何を聞いても、 丁寧にわかりやすく答えていただきました。 「相手がわかるように伝える」というのは、 担当者が社内で話や提案を進めるのに 非常に重要なスキルだと思います。 営業トークなどもいろいろありますが、 営業経験が浅い人はまず 圧倒的に商品知識を身に着けることを オススメします。 ちなみにこういう営業を受けると ものすごく、信頼感が増します。 せっかくなので 他にも良かったポイントを。 ■業界用語を連発しない。 誰でもわかる言葉で説明する。 クライアントとレベルを合わせる ということが重要ですね。 ■資料の棒読みをしない。 資料がごちゃごちゃしておらず、 資料がイメージ、 言葉で補足という流れができている。 何でも全部伝えなきゃ、というのは 勘違いプレゼンになりがちです。 ■考えさせる「間」を提供する。 途中で「よろしいですか?」とか 最後に「何かご不明な点はありますか?」 と投げかける。 私も講演や社内でのプレゼンを する機会はあるので、とてもよい機会でした。 営業関連なら、この本もオススメです。 「営業のコツ」 http://ameblo.jp/dekitan/entry-10044013504.html

      2
      テーマ:
  • 09 Feb
    • 結婚式

      今日は大学時代のラクロス部の同期の結婚式〓この新郎は今上海で働いているのですがたまたま昨年の秋に上海に遊びに行った時に入籍していた告白をしてくれました。行かなければずっと知らなかったかも〓めちゃめちゃ緊張してますが本当に幸せそう〓おめでとう〓

      テーマ:
  • 08 Feb
    • 知名度より「やりがい」

      本日の日経新聞11面。 おお!と思った記事がありました。 学生アンケート調査、「入社試験受けた」2割、 企業の選考前倒し鮮明(09採用前線) この記事の中でも特に目にとまったのが 志望基準、知名度より「やりがい」 8割 という囲み記事。 「企業の知名度・仕事のやりがい・将来性」の 切り口で調査したとのことですが、 その中で「仕事のやりがい」を重視すると 考えている学生が増えていることは、 とてもすばらしいことだと思います。 社会人にとって、 仕事を通じて幸せを 「自分のこととして体感」できるのは やりがいのある仕事をしているとき。 (もちろん他にもありますが) 当社も先日、「働きがいのある会社」調査で ベスト企業に選抜していただきましたが http://ameblo.jp/dekitan/entry-10068470406.html サイバーエージェントでも インターネット市場がそういうやりがいのある 市場だということだけでなく、 社内でもやりがいを感じることができる環境を 引き続き、つくっていきます 

      テーマ:
  • 07 Feb
    • エメラルドマウンテン

      ブログネタ:上出来な缶コーヒー飲んでる? 知ってるとおいしくなる豆知識って? 参加中たった今、早稲田大学での新卒採用講演が終わりました。参加していただいた学生のみなさん、ありがとうございました質問で10人以上並んでいただいたところで気合いを感じましたつい喉が乾いて飲んだのがこのエメラルドマウンテン。たまたまクチコミ番付みてたらネタがあったので久々に携帯で書いてみました。新しく移転した渋谷ヒューマックスビルの中にもジョージア製品の自動販売機があります。いつもは同じジョージアでも別のを飲んでますが、缶コーヒーは一服の清涼剤みたいなもので気合い入れるときかほっとしたいときに飲んでますすいません、電車おりますのでこの辺で

      テーマ:
    • シングル化

      経営本部と人事本部担当取締役の中山による 「シングル化」の概念。 http://ameblo.jp/golfer/entry-10049261634.html 組織にいる人数分以上の仕事をするためにも、 シングル化が必要、という考え方です。 この考えはとても重要で、 私たち人事本部は人数分以上の仕事が できているのだろうか? と自問自答できる切り口です。 ただし。 そのシングル化の概念は わかったものの、 私たち人事本部マネージャー陣から メンバーへのアクションの落とし込みに、 なんとなくしっくりこない点も感じていました。 人事本部でも 「シングル化、シングル化」と 私や人事マネージャー陣から メンバーに伝えて状況を 「何%達成?」などと ヒアリングしていましたが メンバーからも わかりにくいという声があがったことを 反省し、先日より改善の議論を 人事マネージャー陣としていました。 そんな中、 広告代理店部門の マネージャー陣と食事にいった際に そんな議論になりました。 マネージャーIさんのブログ。 http://ameblo.jp/igatake/entry-10070857361.html 自分で「シングル化」の概念を説明して いたときに、ふと整理できました。 まず シングル化の逆はデュアル化である ということです。 たとえば 経営本部なら「○○資料の作成」や 営業だと「ヒアリング能力」を例に 考えてみるとわかりやすいかもしれません。 入社したての新卒だと 右も左もわからないので先輩に聞く。 (これはデュアル化。) その次に、 先輩に相談すれば大丈夫な状態。 (でもまだデュアル化。) 最後に先輩に相談しなくともできる状態。 先輩が、「もう私のフォローなくても大丈夫」と 言ってくれる状態。 (これが、シングル化。) 次に シングル化を 「できたか・できていないか」の 評価を上司と一緒にする ことが大事、ということ。 上司はメンバーの成長を 支援することが大事なので、 きちんと課題を伝えてあげることが大切ですよね。 シングル化はステップにするとこうなります。 (1)シングル化する業務を決める (2)その評価を、上司と一緒にする。 本人でなく、その業務を一緒にやってくれる 上司や先輩が一緒に評価してあげることが 大事ですね。 上司が「できている」と判断できればOKですし、 「まだできていない」のであれば 具体的に何が足りないのかを 相談することができます。 この2ステップで、 人事本部メンバーの シングル化を支援したいと思います!

      テーマ:
  • 06 Feb
    • 経営者に必要なもの

      昨日はある上場企業の 社長さんとお話させていただく 機会がありました。 38歳ごろに創業されて、 現在は450名の会社の社長を されています。 当社の人事制度や風土が 面白いと、よくオフィスに 来ていただけます。 その社長は よく経営者セミナーなどで 講演もされるとのことで、 ヒントを教えていただきました。 経営者として必要なものは ・人づくり ・組織づくり ・仕組みづくり とのこと。 それの土台として、 お金の借り方(会計)を知らないと ダメだとのこと。 その社長さんのご紹介で 楽天の執行役員の方と一緒に お話したのですが その話題の中で楽天の話題があがり 「楽天は創業初月から黒字だった」 という話題でもりあがりました。 創業当初から前金の徹底をしていた、という話です。 「三木谷さんはきっと 黒字にする方法を、 はじめから知ってたんだよねー」 このコトバから、強い力を感じました。 自分自身も、担当している業務や サポートしている業務への 視野が少し広がった気がします。 最初から、 勝つ方法を決めておく ということ。 これが大事ですね。

      テーマ:
  • 05 Feb
    • 棚おろし会議

      昨日は人事本部の給与労務チームと ミーティング。 業務の棚おろしをして、 より効果の高い業務にどれだけ 時間をさくことができるかという会議を 行いました。 給与労務チームは ルーティンの業務も多いため、 業務はどんどんたまっていく一方。 いろいろ整理してみると、 下記の3つで改善ができそうです。 (1)「通常業務」の改善 毎週・毎月など定期的にある業務の フローを細分化し、改善の余地がないかチェック (2)「突発業務」の対処 事業部や役員などタイミングなどが想定しにくい 業務にどのように対処するかあるいは (3)複数人で対応する「引渡し業務」のモレ改善 引渡し時における「チェックリスト」という共通言語 作りなどでいかに取りこぼしを減らすか という切り口で改善の議論を実行中です。 また今回、上記に加えて 半年に1度、必ず棚おろしをする というルールを決めました。 昨年3月に一度棚卸を実施して ものすごく効果があったのですが そのままになっていたのは反省。 棚卸するということをルールづけてくことで 改善活動自体をバージョンアップできそうです。

      テーマ:
  • 03 Feb
    • バレンタイン

      ブログネタ:バレンタインチョコどうやって渡す? 参加中 そろそろバレンタインですね。 義理チョコも、 うれしいものですよね (^▽^;) 今まで義理チョコでも 渡されてうれしかったのは、 自分の机に戻ってきたら 手書きのメモと一緒にチョコが 置いてあったとき。 コメントはさまざまですが、 ポストイットに書いてあっても うれしいものですね。 当社グループのスーパースイーツでも バレンタイン特集が始まっていました。 http://super-sweets.jp/feature/valentine2008.do?pse=w02 こうやって見てみると かなりいいですね (^∇^) 感謝されるだけでもうれしいですが、 今年のバレンタインチョコは、 スーパースイーツでぜひ!

      テーマ:
  • 02 Feb
    • 宣言力

      COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2008年 02月号 [雑誌] コンビニで 表紙買いした、クーリエ・ジャポン。 ヴァージンの リチャード・ブランソン氏。 2時間の宇宙旅行を、 2009年までにはじめて 2019年までに5万人を渡航させる 計画とのこと。 ものすごく、壮大ですが こういう大きな目標はいいですよね。 こういう目標について、 似たような言葉ですが いつも思い出す言葉があります。 「夢は、目標にしなければ達成できない」 「目標は、目標にして初めて達成可能となる」 ほぼ、同義ですね。 大きな目標を 「具体的に」掲げることで、 実現へのロードマップを 描くことへの準備ができるという 考え方ですね。 そういう意味で 自らを奮い立たせる 目標を宣言できる力(宣言力)というのは とても大切な力だと思います。 このブランソン氏も これまでいろんな苦労を きっとしているはずでしょうが、 それを大きな宣言力で 乗り越えてきているはず。 自分も見習うぞ!

      テーマ:
  • 01 Feb
    • 英語部

      これから、サイバーエージェントでも グローバルへの挑戦がはじまる。 そのために・・・・・ か、どうかはわかりませんが サイバーエージェントで 「英語部」をスタートさせました! 全社告知をした上で、役員会で報告すると 1人につき一部費用負担をする という当社の「部活動支援制度」を 利用しました。 内容についてはすでに 取締役高村のブログで記事があります。 「英語部スタート」 http://ameblo.jp/cyber/entry-10069010595.html イメージはこんな感じ。 ウォーミングアップで、 英語で数人でグループワーク。 今回のテーマは「私が英語を使ってやりたいこと」。 ロールプレイングみたいなものもやりました。 何気ないコトバでも、英語を使うことで 笑いや拍手がたくさん出るものですね。 講師のアンソニー先生から ゲームのルールを教えてもらう。 年次も部署もばらばら。 この交流が楽しかったというアンケートも 多かったです。 最後はみんなで記念撮影。 みんなナイスなスマイルです。 講師のアンソニー先生は ほんとうにすばらしかったです。 私も何より楽しかったですし。 アンソニー先生も 「英語のレベルはばらばらなのに、 本当によくみんな話すね! 止めてもとまらないし (^▽^;)」 と喜んでくれていました。 事務局のOさん、Kさん、Yさんはじめ たくさんの方の協力がありました。 ありがとう! 英語部は毎月一回の開催予定。 今後はレベル分けもしていこうと思っています。 「英語を楽しむ」 「英語で楽しむ」ために 今後も継続していきます! この部活、もりあげたら サイバーエージェントの グローバル化にも貢献できる(はず)・・・・

      1
      テーマ:

プロフィール

デキタン

性別:
男性
誕生日:
1974年10月1日5時頃
血液型:
A型

読者になる

AD

カレンダー

月別

一覧を見る

ランキング

総合ランキング
25958 位
総合月間
19082 位
起業・ベンチャー
212 位
IT業界
28 位

ランキングトップへ

■プロフィールはこちら
https://sites.google.com/site/soyama1001/

■著作

サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方 ― 「キャリアのワナ」を抜け出すための6カ条/曽山 哲人(2010年7月16日)




アマゾンにて「ビジネスライフ」1位!(2010年8月24日)

<プレジデントロイターでの連載>
サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方

<この本を紹介してくれた方>
グロービス田久保さん渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)、ネットトレンド研究室須田氏

サイバーエージェント流 成長するしかけ/曽山 哲人(2010年2月)




アマゾンにて「IT」カテゴリ1位!(2010年8月25日)

<この本を紹介してくれた方>
渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)ネットトレンド研究室須田氏、、フィールワークス前川さんドリコム内藤さん百式管理人田口元さん


■資格
TOEIC 825点(2007年10月)

■高校 神奈川県立市ヶ尾高校
ダンス甲子園全国大会第3位(日本テレビ「元気が出るテレビ」@よみうりランド。チーム名は「DorD」。動画はこちら

■大学 上智大学文学部英文学科
体育会男子ラクロス部 主将
学生ラクロス連盟 広報委員長
AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。