• 30 Jun
    • 脳内メーカー

      昨晩は飲みました・・・。アメーバ事業本部の営業企画部のメンバー約40名と食事。食事も楽しかったですがそのあと行ったカラオケも大いに盛り上がりました。カラオケでみんなで普通にポップスを歌ったりしてもりあがっている中であるマネージャー(T石さん)が熱唱して大喝采をうけたのが、「バイキング」という曲。バイキングhttp://listen.jp/store/preview.aspx?pid=cocp33942&fn=cocp33942_1_10&tm=1183185169468衝撃的だった・・・この年代のカラオケで演歌を聴くとは・・・この曲、冠二郎さんという演歌歌手ですが、「ネオ演歌」というジャンルを開拓されたようです。http://columbia.jp/artist-info/kammuri/prof.html冠二郎全曲集 ブラボー酔虎伝/冠二郎¥3,000Amazon.co.jp新境地に触れた気がしました その酒の勢いがありすぎで、今日は昼過ぎまで二日酔いで休んでました。起きてネットにつなげると、渋谷ではたらく社長のアメブロで面白い記事が。脳内メーカー。私も試してみました。「パーっと遊びたいよー!!!!」 全部「遊」って・・・・でもポジティブな感じで、気分いいです 

      テーマ:
  • 29 Jun
    • 人事の役割

      今日の日経新聞の第二部は、「人材流動化時代のひとづくり」というテーマ。会社の仲間に「人事はぜひ読んでおくといいよ」といわれて読んでみました。たしかに、かなり面白い記事!(Sさんありがとうございます)■転職しようと決める要素(1)給与・待遇が不満(2)会社や上司の考えが不満(3)やりがいが不満など、考えさせられる点が多かったです。一番共感できたものは、転職者へのアドバイス。(転職者は)「力み」をとりさって、職場になじむことが重要という点。人事側や受け入れる部署でも同様の努力が必要ですが、まずは本人が過去をいい意味で捨てて、自分を変化させることが重要だと思います。当社でもキャリア入社のメンバーは私を含め多くいますが、その環境に合わせて自分を変化させようとするメンバーは圧倒的に成長が早い。最近、とてもありがたいことに人事関連の講演や取材が本当に多くなりました。それも、経営とベクトルをあわせてメンバー一人一人の声を拾って改善することを続けなければ意味がありません。私たち人事は、制度屋さんではない。企画屋さんでもない。私たち人事本部は経営とメンバーのコミュニケーションのハブとなって、全社業績に貢献する。つまり、経営とメンバーの「コミュニケーション・エンジン」になる。改めてその思いを強くすることができた記事でした。

      テーマ:
  • 28 Jun
    • ネット基礎力

      現在、このアメーバブログを運営しているアメーバ事業本部も担当していることもあり、意識的に情報収集を増やしています。(1)ネット技術のトレンド(2)ネットサービスのトレンド(3)ネット広告のトレンドこのあたりの情報を、とにかくとるようにしてオススメの本やサイトをいろいろ探しています。圧倒的にWEBサイトからの情報収集が便利ですが、整理する意味で書籍もいいですね。最近読んだ本がこちら。Webディレクション教科書/石井 歩¥2,940Amazon.co.jp新ウェブ・ユーザビリティ/Jakob Nielsen¥2,415Amazon.co.jp次世代ウェブ グーグルの次のモデル/佐々木 俊尚¥798Amazon.co.jp特に上の2冊はユーザー視点で障害になるようなサイトのデザインなどについても指摘があり、参考になりました。基礎として、外せないものばかり。ネット基礎力トレーニング、続けたいと思います。

      テーマ:
  • 27 Jun
    • 議員デビュー

      先日社内でも配布しはじめたITS健康保険組合の会報誌、TOCOTOCO(トコトコ)。ここに、新理事と議員の紹介が掲載されました。私も左下に登場 今年から、この健康保険組合の議員を務めさせて頂くことになりました。5000社が加盟する保険組合で、IT関連の企業ならみな加盟を希望する施設やサービスを保有するものすごい組合です。よりIT業界ではたらく人々にとって有益な団体となるように私もがんばります 

      1
      テーマ:
  • 26 Jun
    • 上手な叱り方

      先日、当社のマネージャーと面談をしていた中で出た話題。「メンバーに対して、上手な叱り方を知りたいんです」たしかに、難しいなあぁ。このマネージャーの場合は、言いたいことをバシっと言うようにしているのでメッセージ自体は伝わるものの、そのあとのフォローが大変とのこと。私も以前よく叱ってました。そのあとにギクシャクするのを感じていたことも何度もあります。それからいくつか磨いた、自分の怒りを伝える方法。■叱るのではなく、聞く。気になっている事象(要は叱りたい事象)について、「○○って、どう思う?」と、自分の考えをぶつけたいことを少しガマンして聞くようにしています。そのときに、自分の考えと同じ(近い)であればそれをどのように改善するかを一緒に考えます。それでも気づいていないときにはもう少しストレートに「○○の点が気になるんだけど、どうかな?」と投げかけます。こういうやりとりを繰り返すことで、あくまで本人に気づかせて、問題の重要性を認識してもらうという効果があります。コーチングを活用した対話ですね。私はこれを使ってから、ずいぶんメンバーとの対話にストレスがなくなりました。メンバーの動きも改善しましたし。自分で発言したことなので、納得もしやすいようです。ただこの対話法は欠点が。それは、時間がかかるということです。■「緊急度と重要度が高いとき」は叱る。この鉄則も、大事にしておくべきですね。この鉄則自体、メンバーと共有しておくのもよいと思います。ただいつも緊急度と重要度が高いと、メンバーは大変なのでお互いの線引きも大切ですね。 みなさんが工夫している叱り方があったら、おしえてください。

      1
      テーマ:
  • 24 Jun
    • 最近気になるもの

      iPhone。めちゃめちゃ気になります。でも、日本版は発売未定。。。「もごもご」通じて「iPhone」日本発売求める署名運動 http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/06/22/16133.htmlこういう運動は、うれしいですね。ほほえましいですし iPhone、日本で出たら買いたい!!!iPhoneももちろん注目していますが、私はデジタルグッズは本当に好き。あたらしいグッズがあると、すごく気になります。最近注目しているのはイー・モバイル。http://emobile.jp/ADSLでモバイル。これは熱い。利用しているメンバーいわく、「めちゃめちゃ早い」とのこと。気になるなあ。デジタルのトレンドも気になりますが、この土日、トレンドに関する本を読みました。ラウンドエッジ―71の高感度指標で見える、バランスのいいエッジィな人々¥1,575Amazon.co.jpGQの斎藤編集長のインタビューやアマダナのCOO熊本さんのインタビューなど、最近のトレンドを類型化して紹介しています。いろんなパターンがありますが、私もそのいろんなパターンに当てはまります。こちらは、ラウンドエッジのそばにあった本。思わず購入。独身王子に聞け!―30代・40代独身男性のこだわり消費を読む/牛窪 恵¥1,470Amazon.co.jpこちらは独身男性の消費活動について紹介。ファミコン・ラジコンにはまった団塊ジュニア世代で就職氷河期に活動最近は「和」モノが好き料理に興味があるなどなど。そのとおりです (^▽^;)トレンドといえば、最近デジカメの購入を考えています。・軽い・かっこいい・薄いこのあたりをキーワードに、現在デジカメ情報収集中です。みなさんのオススメがあればおしえてください。

      テーマ:
  • 23 Jun
    • トランプ

      昨日は会社の仲間と食事でした。蕎麦が人気な和食のお店。中目黒です。蕎麦好きのリーダーTさんの提案で「サイバー蕎麦の会」をつくろうかともりあがる。中目黒っていいところが多いですよね。ジンギスカンもあるし、和食もあるし、イタリアンもあるし。食事の選択肢が多くて、とっても楽しい町です。蕎麦のお店のあとに、バーによりました。ここはゲームを貸してくれるのがミソ。トランプや、UNOなどを借りることができます。トランプとUNO、久々にやりました。これが、おもしろい。いろいろやったのでゲームによって得意不得意があることも判明。★・・・・強い度★が多いと勝ちが多かった(記憶がある)☆が多いと負けの記憶ばかりババ抜き ★☆☆☆☆7ならべ ☆☆☆☆☆大富豪 ★★★★☆UNO ★★★☆☆大富豪とUNOはいい感じ 7ならべは二度とやりませんトランプとUNOを生み出した人はすごいなあ。

      1
      テーマ:
  • 22 Jun
    • 漫画家

      小学校、中学校の時になりたいと思っていた職業、漫画家。昨日、人事本部ワークスタイリング室のメンバーとの食事で思い出しました。ワークスタイリング室では育児をしているメンバーもいて、土日に子供と一緒に見ているアニメの話でもりあがりました。もりあがっていたのにまったくついていけなかったのはプリキュア。wikipediaではこちら。いくつかのシリーズがあるようですが初期のシリーズでバンダイはグッズ売上が100億円以上あるとのこと。4-6歳というターゲット視聴率は60%というのも驚異的。すごいなあ。私も日曜日、早起きしてチェックしようかな・・・ちなみに私は小学校でドラえもんやキン肉マンにインスピレーションを受けて本気で漫画家になろう、藤子不二男の弟子になりたいと思ってました。自分の名前の哲人にかけて「てっちゃんマン」という漫画も書いていた記憶があります。 (^▽^;)中学ではマンガイラストクラブでペンなど漫画家グッズを貯金で買ってドラゴンボールの模写もしてました。そんな話をしたら昔書いたものを見せてほしいといわれましたが、存在しているのかどうかすら記憶にありません。今度実家に帰ったら探してみようと思います。

      テーマ:
  • 21 Jun
    • 松岡正剛さん

      昨日は日本最高峰の商社の経営企画の先輩Wさんと、大手メディアのR社から独立してNPOの運営をされている先輩Sさんと食事。当社の経営本部副本部長とともに。「渋谷ではたらく経営副本部長のアメブロ」http://ameblo.jp/montecristono2/商社のWさんはいつも刺激になるお話が多く、Sさんは以前人材関連の雑誌の編集長もされていたこともあり、お二人の話は刺激ばかり。私も副本部長も、これまで触れたことのない世界や考え方を提示された感じでした。その中であがったのが、松岡正剛さん。関連するサイトはこちら。http://www.eel.co.jp/seigowchannel/http://www.isis.ne.jp/isis/ウィキペディアではこちら。奥が深そうですね・・・これまで著作などでも接点がほとんどなかったのですが、最近いろんなところでお名前を聞いたり、著作が推薦されているのを見ます。聞くところによると経営者や学者が、松岡さんからいろんなヒントを得ているとのこと。先日でも雑誌ゲーテで日本オラクルの新宅社長がこの本をオススメされていました。17歳のための世界と日本の見方―セイゴオ先生の人間文化講義/松岡 正剛¥1,785Amazon.co.jp私もこれから読みます!最近、視野を広げることを意識していますが松岡さんの著作にはヒントがありそう。機会を見つけて講演なども調べてみたいと思います。

      テーマ:
  • 20 Jun
    • 人事の会

      ネット関連企業の人事で集まって懇親会を行いました。楽天サイボウズゆめみサイバーエージェント数ヶ月に1度集まって情報交換なども含めながら親睦を深めています。盛り上がったのが部活動支援制度の話。各社いろんな部活があるようで、気合の入り方もさまざまです。テニス、サッカー、野球などなど。写真部やランチ部などの文科系もあるようです。ネット企業でもこういうのはもりあがるよね、というのが一致した見解。私もダンス部をつくりましたし。 当社でも新しい制度をつくったり、これまでの制度を改善したりしていますがまず大事にしているのは前提にしばられないという点です。参考にするための情報はできるかぎりたくさん集めますがこれまでがどうだったとか、一般的な事例ではということだけにしばられないように意識しています。経営陣の考える方針とベクトルをあわせながら、同じ会社にいる仲間がよりイキイキと働ける環境というものはどういうものか。いろいろアイデアを膨らませたいと思います。

      テーマ:
  • 19 Jun
    • ゲーテ

      先日、大学時代の先輩と食事。ラクロス部で私が1年生の時に4年生で離れていたもののゴールキーパー(ラクロスでは「ゴーリー」と呼びます)という点で師弟関係にあった先輩です。1学年下のディフェンスリーダーとともに3人で。その先輩は、今ゲーテの編集部で働いています。GOETHE (ゲーテ) 2007年 07月号 [雑誌] ¥750 Amazon.co.jp この雑誌は、本当に好きな雑誌です。ファッション誌ではなく、ビジネスとライフスタイルを混ぜた雑誌。独特のポジションを築いていると思います。この号でも「仕事するインテリア」や「資生堂の福原名誉会長のインタビュー」など、興味深い記事が多い。特に締め切り前は忙しいようですが、記事や写真・イラストのクォリティには並々ならぬ力を注いでいるとのこと。それぞれの仕事観や近況を語って、もりあがりました。先輩つながりというのは貴重ですね。人生経験の幅も明らかに私より広いですし。視点の高い人は、カッコイイ!と思った日でした。

      1
      テーマ:
  • 17 Jun
    • 神楽坂を散歩

      日本人たるもの。日本の文化を少しでも感じたいなあ・・・。 この半年ほど、意識していることです 最近歌舞伎なども見に行っていますが、気になっていたのが着物。「男の着物ってかっこよさそうだなあ」「でも着るのが難しそうだなあ」などいろいろ悩みましたが、夏の着物を新調してみました! 伊勢丹で、着付けまで教えてくれた着物コーナーの店員さんと一緒に。前職の伊勢丹時代に私の同期だったメンバーが買い付けた、小千谷(おじや)ちぢみという生地。帯の結び方など多少の工夫が必要ですがピシっと体になじんでくれたり、普段と違う感覚がとてもいいですよ。私はいつも歩くスピードが早いのですが、着物はいい意味で動きにくいので強烈に歩くスピードが遅くなります。普段見える景色も、違うものが見えました (*^▽^*)せっかく着物を着てるのだからと、着物が似合いそうな、神楽坂へ移動。 緑がきれいな商店街ですね。雰囲気がいい町だなあ。 これは善国寺 。ここで長崎出身のおじさまに声をかけられました。「お兄さん、粋だねぇ。そういう仕事してるの?」「そういう仕事」の意味はわかりませんでしたが、そういう仕事ではないことを伝えた上で、少し立ち話。毘沙門天が祭られていますが、徳川家康により創建されたお寺とのこと。ここは「縁日」発祥の地でもあるんですって。へぇー、そうなんだ。 そのあと、赤城神社へ。境内の中に、幼稚園とカフェが並存する珍しい神社です。楽器の名前がわかりませんが、その幼稚園では雅楽?の楽器を練習しているようでした。高貴な音で、「プー」とか「ペー」とか鳴る楽器です(名前はわかりません・・・) そのあと、赤城神社の中にある赤城カフェへ。 ウィルキンソンのジンジャーエールとバナナのケーキが、散歩疲れを癒してくれました。ウィルキンソンのジンジャーエール、ピリッと辛くて大好物です。 日本文化、まだまだ奥が深いですね。いろいろ体感したいと思います。ちなみに、32歳の男性で着物を持っている人ってどれくらいいるんでしょうね。

      3
      テーマ:
  • 14 Jun
    • 「国際経営者協会」にて講演

      昨日、国際経営者協会の主催する「第3回ヒト資本委員会」にて講演させていただきました。国際経営者協会のページはこちら。http://www.ima.gr.jp/index.phpこの講演をお誘いいただいたのはワトソンワイアットの高橋さん。育ちのヒント―有力会社でイキイキ働く3000人を見てわかったこと/ケビン D.ワンこちらの著者のケビンさんと一緒に人事コンサルタントをされています。講演の場所は、東京駅そばの新丸ビルとなりの日本工業倶楽部のビル。内装も由緒ただしいビルでした。講演のテーマは下記のもの。サイバーエージェント流の人づくり~いかに若い優秀な人材を 惹きつけ、伸ばし、活力を引き出すか~1998年に会社を設立してから2000年のITバブル崩壊後から2004年の黒字化、そして現在まで、どのような人事制度の変遷があったのか。どんなことを背景に、どのような活性化の施策が行われたのか。先日「働きがいのある会社」として表彰された内容を中心にプレゼンさせていただきました。デキタン:「働きがいのある会社!」http://ameblo.jp/dekitan/entry-10026039724.htmlプレゼンでは新卒3年目で事業責任者となっているメンバーにも自分の体験談を語ってもらいました。最近講演では、現場メンバーに同席してもらうことも多いです。今回、大変貴重な機会をいただきました。参加者のみなさまとは講演終了後も懇親会でお話させていただきましたが、みなさま経営者の方々ばかりでとにかく情報を自ら取ろうという姿勢がものすごく強かったです。自分自身で動き、自分自身で結果を出す。そういう姿勢を見て、私自身とても勉強になりました。お話の中でとてもうれしかったのは「サイバーエージェントは、昔のホンダや松下みたいだ」といっていただいたこと。尊敬すべき先輩としての会社と比べていただけたことだけでも素直にうれしい。本日、メールでも激励をいただきました。何よりもみなさんが生き生きとご自分の仕事に誇りを持ち、高い志を共有して働いていらっしゃる姿に感動しました。また問題を真正面から捉えた率直な応答と、飾らないお人柄にも深く心を動かされました。様々な工夫もさることながら、やはり人間を動かすものは暖かい人格と高潔な精神か、とも思いました。本当にうれしいです。ひとつひとつ謙虚にがんばっていきます。そして必ず、21世紀を代表する会社を創る心に誓いました。

      テーマ:
  • 13 Jun
    • 読んだ本をどう活かすか

      先日、ブログのコメントで質問をいただきました。相談なのですが、いわゆるビジネス書のハウトゥ本などをたくさん読んでいくうちに、本に書いてある方法論を実践しようという意識が強すぎるせいか、方法論に振り回されてしまう事があって悩んでいます。例えば、絶対に達成したい目標などがある場合に、Aという方法論で目標に向かってやっているうちに、途中で気が変わりBという方法論になってしまい、ともするとCという方法論にも目が行ってしまい結局目標が達成できなかったという事がよくあります。もし何か個人的に意識していることがあればアドバイスを頂けないでしょか?よろしくお願い致します。(一部割愛)なるほど・・・。こういうこと、私もよくあります。 本をよく読まれる、デキるビジネスマンなら一度は通る道ではないかと。真面目に自分と向き合っている方ならなおさらこういうことを考えられると思います。でも、こうやってなんとかしようと考えること自体すばらしいです!(のっちさん、ありがとうございます)私自身の経験も含めた、デキる人のポイントはいくつかあります。■目標からの逆算を繰り返す。いろんな方法論があるとその方法論から積み上げようとしてしまいがちですが、目標から逆算してどれが有効かを考えることが重要だと思います。それを踏まえて逆算できる!と決めたらあとはやりきるだけですね。やりきらないと自分の決断に対して裏切ることになってしまいます。■相談役・コーチをつける。もし上司やコーチのような存在がいるならそのゴールを握ってサポートしてもらうのもいいと思います。上司によってはゴールさえやってくれればよいという人もいると思いますが、のっちさんはA/B/Cのような選択肢もどれが効果的かをその相談役と握ったほうがいいかもしれませんね。あとは逆転の発想かもしれませんが、■本を読んだことですぐ効果がでるとは思わないということも重要です。本に書いてある「いいこと」は確かにとても効果的なものもありますが、その「いいこと」の裏には今の自分とはまったく異なる背景や環境があることも多いので、今の自分がマネをしても効果があるかどうかがわかりません。それでも「これはいい!」と感動する本に出会うことがあります。良い本に出会ったときに私がするアクションは、「明日使えるもの」と「いつか使うかもしれないもの」に分けるというところからはじめています。<明日使えるもの>■ひとつだけ、すぐに実行する。翌日にでも実行して、よければ定着化させて、効果がなければ忘れるくらいの気持ちで。ちなみにすぐ実行できたもののひとつはTQ―心の安らぎを発見する時間管理の探究/ハイラム・W. スミス¥1,801Amazon.co.jpこの中のTODO管理法はすぐにマネして、私のビジネススタイルは大幅に改善しました。人間改造はそんなに簡単にできないので、ひとつだけ実行することがポイントだと思います。<いつか使うかも知れないもの>■気づいたことをブログに書く。気になったポイント、使えそうなポイントをブログに書いておく。私自身、新たな悩みが出たら、ブログの過去の記事をたどって自分が読んだ本を探すことはよくしています。ブログはビジネス備忘録としての機能もありますからね。たとえば少し前の記事ですがこのようなものです。デキタン:「新訳 経営者の条件」http://ameblo.jp/dekitan/entry-10008935071.html■周りの人にオススメする自分の口でオススメすることで、本の内容を疑似体験できます。私たちは毎週人事本部の定例ミーティングでオススメ本を共有しています。以上です。いくつかのポイントは書きましたが、文章に書くと一般論になりがちですね。 私もブログのおかげでいろんな勉強会に呼んでいただいたりしてメリットを享受しているので少しでも読者のみなさんにメリットある情報を提供できればうれしいです。私も勉強になりますし 

      1
      テーマ:
  • 11 Jun
    • 人に喜ばれる話し方

      先日の人事本部の定例ミーティングでの、メンバーからのオススメ書籍を読みました。人を傷つける話し方、人に喜ばれる話し方/渋谷 昌三¥980Amazon.co.jpHさんからのオススメ本です。言葉遣いは難しくもあり、楽しくもあります。たったひとつの言葉で、傷つけることもあるでしょうし勇気付けられることもあります。私も含め、人事メンバーも言葉遣いにはどんなに気配りしても損はありません。また、上司にあたる人にも大事ですよね。新卒も配属されたタイミングなので、トレーナーになる方にもオススメですよ。私が対話で気をつけていることはできる限り聞く姿勢を大切にするように心がけています。パソコンを打っているときに声をかけられたら極力手を止める。目を見て話を聞く。声をかけられたら、元気に反応する。もちろん例外もありますが、できる限り意識していることです。この本の中に、興味深い項目がありました。■メール依存症の人が陥りやすい「損する話し方」とは?というテーマです。「送って満足」のような一方的な対話が多くなり、途中で軌道修正がしにくくなるというもの。私も最近、できるかぎりメールを減らすようにしています。メールでやりとりすると、時間がかかりすぎる。電話や、直接対話のほうが早い。そしてメールを書くときも、主観や感情をできる限り入れないようにしています。キツいメールは、時に冷たく感じることがありませんか?できるかぎり直接対話を大切にしていきたいと思います。

      1
      1
      テーマ:
  • 10 Jun
    • サイバーエージェント・ダンス部

      サイバーエージェントには「部活動支援制度」という制度があります。一定の人数を集めて役員会で承認されれば、部活動の報告の代わりに一人当たり月に1500円が支給されるというもの。すでにゴルフ部野球部フラワーアレンジメント部タッチフットボール部テニス部などが稼動しています。こうやって部署横断で交流できるといいですよね。そんな部活動支援制度を活用して、ダンス部を発足させました!!全社員に告知をしたところ約30名のメンバーから参加表明が!15名来たらいいなと思っていたので大成功です。そして昨日は初めての練習。3時間、ばっちり踊りました。当社メンバーが講師となってやりましたが気合が入っていたらしく、一応経験者である私でもついていくのがつらかったです その後は懇親会。ダンス後はたくさんいい汗をかいたこともあり、盛り上がりました。マッコルリもたくさん飲みました・・この練習は毎月一回やる予定。初心者も上級者も、一緒になってダンスするのが楽しみです。

      テーマ:
  • 09 Jun
    • 新卒2年目研修

      金曜日は、新卒入社した2年目メンバーの研修でした。朝から晩まで一日中。 写真は人事マネージャー田口さんのブログから。http://ameblo.jp/genngenn/entry-10036120452.html プログラムは下記のようなもの。(1)先輩新卒入社メンバーからのメッセージ(2)シャッフルランチ(3)コーチング研修(4)同期のコミュニケーションセッションこの研修は、2年目のメンバー数名(Oくん、Tくんなど)から同期をもっと盛り上げたい!という相談から始まったものです。先輩社員は、新卒6年目、5年目のメンバー数名に話をしてもらいましたがさまざまな価値観から話をしてもらえたことで何でも他の人と同じ勢いではなく、自分らしく前に進むということを伝えてくれたことが響いていたとアンケートでも多くのメンバーが書いてくれていました。シャッフルランチは2年目で企画をして、約100人の同期で普段行かないメンバーでランチにいってもらうという企画。これも好評でした。そのあと、コーチング研修。当日、一番気合を入れたものです。1つ下のメンバーも入った直後で、対話の仕方をもっと学びたいというリクエストが多かったことと、同時に、同期同士でコーチングして悩みを分かち合ったり、高い次元へ刺激しあってほしかった。コーチングの基礎を共有して何度か基礎ロープレをした上で、同期同士で、同期でしかできない対話をしてもらいました。これが、すごく盛り上がった。すごくうれしかったです。そのときのイメージを少しだけ。 元々の同期力の高さが、改めて一気に開花した感じでした。「同期とたくさん話せてよかったです」一番うれしかった一言。同期という存在が、純粋に良い意味でうらやましいと思いました。 06新卒のみなさん、同期同士。期待しています!!私たち人事も、がんばります!

      1
      テーマ:
    • 働きがいのある会社表彰式

      日経ビジネスにも掲載されましたが、「働きがいのある会社」ベストカンパニーの1社として表彰を受けました!!! 人事メンバーとともに。世界で30カ国以上で実施されている、名誉ある賞です。情報はこちら。http://www.jmac.co.jp/gptw/index.html当社の場合、表彰されたのは社長の藤田をはじめ経営陣が人材の重要性をといていることが大きいですね。メンバーのための制度の多くも、経営陣からの発案でできたものが大きいです。なのでこの表彰も、経営陣の代わりでの出席であり、その経営陣に日々提言しているメンバー一人ひとりの代わりの出席です。今回の表彰はとてもうれしいです。しかし、まだまだ満足できるレベルではありません。世界イチ人が見えて、世界イチ人が活きる。そういう風に語られる、世界レベルでたたえられる会社を絶対に創り上げたい。サイバーエージェントに入れば、世界レベルで最高の市場価値を得られる。そして、最高の人生を自らの手で創りあげることができる。そういう会社がいいですよね。世界の模範となる会社創りに邁進するぞ!

      テーマ:
  • 08 Jun
    • 活躍するためのヒント

      特に新卒メンバーのヒントになる本がないかと思って読んだ本です。育ちのヒント―有力会社でイキイキ働く3000人を見てわかったこと/ケビン D.ワン¥1,260Amazon.co.jp自分の成長につながる、60個のヒントがあります。私も気づかされたことがあり、新卒ももちろんですがもっと成長したいと考えているメンバーなら誰でも一読してみるといいと思います。たとえば私に響いた言葉。経験したいことをイメージしてみるメッセージは3回繰り返す問題を一人で抱え込まないこういうキーワードに対し、ひとつひとつ実行への説明がついてます。今の自分を改善したいと思った方は、一度読んでみるとヒントがあるかもしれません。改善の努力を、怠らないことが大事ですね!

      2
      テーマ:
    • サイバー社員ブロガー300名

      当社の社員はアメブロを運営しているだけあってブロガーが多いです。社員には公開せずに、自分の趣味や考えなどを書いている人も多いのですが一方で社員に公開しているブロガーもたくさんいます。私にとってはメンバーのブログは本当にありがたくて、その人の人となりを知ったり、今の状況がどうなっているのか話題のきっかけにも使っています。できる限り、見るようにしています。私はブログのタイトルだけではさすがにわからないので、RSSリーダーも使っているのですが、調べてみたら今年の新卒1年目以外で200名弱の登録をしていました。新卒も全員ブログを書いているので(頻度はばらばらですが)プラスで130名強。合計300名のブログが少なくともわかっているということ。 最近全部を見切れないなあ、と思っていたらやっぱり数が強烈に増えてました。何かうまい方法はないものか。。 見れば純粋に面白いんですけどね。地道にチェックを続けます。

      テーマ:

プロフィール

デキタン

性別:
男性
誕生日:
1974年10月1日5時頃
血液型:
A型

読者になる

AD

月別

一覧を見る

■プロフィールはこちら
https://sites.google.com/site/soyama1001/

■著作

サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方 ― 「キャリアのワナ」を抜け出すための6カ条/曽山 哲人(2010年7月16日)




アマゾンにて「ビジネスライフ」1位!(2010年8月24日)

<プレジデントロイターでの連載>
サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方

<この本を紹介してくれた方>
グロービス田久保さん渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)、ネットトレンド研究室須田氏

サイバーエージェント流 成長するしかけ/曽山 哲人(2010年2月)




アマゾンにて「IT」カテゴリ1位!(2010年8月25日)

<この本を紹介してくれた方>
渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)ネットトレンド研究室須田氏、、フィールワークス前川さんドリコム内藤さん百式管理人田口元さん


■資格
TOEIC 825点(2007年10月)

■高校 神奈川県立市ヶ尾高校
ダンス甲子園全国大会第3位(日本テレビ「元気が出るテレビ」@よみうりランド。チーム名は「DorD」。動画はこちら

■大学 上智大学文学部英文学科
体育会男子ラクロス部 主将
学生ラクロス連盟 広報委員長
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。