• 31 Mar
    • 桜並木

      今日は休みですが早起きです(^-^)恵比寿近辺で桜並木を見ることができました。朝からなんとなくいい気分。素敵な一日になるといいですね\(^-^)/

      2
      テーマ:
  • 29 Mar
    • 同期にオススメされた本

      先日、前職の百貨店時代の先輩と同期と食事。 同期の二人とも、 ともにマネージャーになっていて 現場の舵取りをしていたり 業務改善運動を指揮していたり。 ご一緒させていただいた先輩いわく、 私たちの同期には優秀な人材が多いとのこと。 同期が活躍していて、 そういわれると素直にうれしいです。 「最近、どういう本を読んでる?」 という話で教えてもらったものをいくつか。 不動心/松井 秀喜 ¥714 Amazon.co.jp Gファイル―長嶋茂雄と黒衣の参謀/武田 頼政 ¥2,000 Amazon.co.jp 不動心は以前から気にしていましたが、 Gファイルは特に面白そう。 巨人軍の中で長島さんが どのように巨人を動かしたのか。 酒の席で聞いた話で記憶があいまいですが、 長島さんはもともと巨人の監督だった際に 巨人軍の取締役として経営にも参画したとのこと。 巨人を強くしたいなら、 巨人の監督だけではだめで 巨人の経営に入るべきだ、 という話になったとのことなのです。 目次を見るだけでワクワクします。 ほかに話題にあがったものをいくつか。 ネクストイレブン 森本容子 ゼイヴェル いろんな話をしましたが、 アパレル関連のものはともあれ 「ネクストイレブン」など時事ネタは 店舗でお客さまからよく話題にあがるとのこと。 そういう話をするお客さまもいらっしゃるんですね。 情報の波をつかむことの大切さを こんなところからも感じました。 外のアンテナを広げるのはいいですね。 同期の活躍に、 純粋に私もがんばらねばと 気持ちが引き締まりました。

      2
      テーマ:
  • 27 Mar
    • 雑誌を共有する

      ここは、私の目の前の机です。 私や他のメンバーが読んでいる 新聞や雑誌を置いています。 情報の波をつかむことは、 本社機能(管理部門)の人事本部としては とても重要。 以前本社機能のリーダーの勉強会を きっかけに、あいているテーブルを活用し 情報源を共有する場を作りました。 このテーブルは比較的人の流れが多い場所なので 人事本部のメンバーだけでなく、 財務経理やコーポレートIT(情報システム)の メンバーなども立ち止まって読んだり、 休憩がてらにもっていったりしてくれています。 これもふまえて、 人事本部では毎週の定例ミーティングで 「雑誌レビュー」というものをはじめました。 1週間に3~4人が その週に気になった雑誌の記事を ピックアップして、どう感じたかを 伝えるというもの。 先日同席した場でも、 この雑誌レビューはよかったです。 これまでは書籍を中心に 「読書レビュー」をしていました。 これで本を読むクセはついたと思います。 著書の次は、雑誌でトレンドをつかむ。 みんなで感度を鍛えたいと思います! 

      2
      テーマ:
  • 26 Mar
    • ほめる技術

      ほめる技術。 ほめることが苦手というヒトもいますが、 「ほめること」はものすごく組織成果の 拡大に貢献してくれます。 私は以前、 超「ツメ」の厳しい営業マネージャーでした。 自分で思い出してもコワいくらいです (^▽^;) 先日、本社機能(管理部門)の リーダーと「ほめる技術」について 勉強会を行いました。 以前ツメツメマネージャーだった私が 進行役を勤めました (*^▽^*) (1)「ほめること」の概念をチームで共有。 (2)チームごとにできるアクションを共有。 ほめる概念を共有したあとに、 どんな「行動」をとると効果的なのかを リストアップ。 それをみんなで動いて、他のチームが どんな考えをもっているか 見てもらっているシーンです。 (3)メンバーについて考える。 (4)自分のチームでできる「ほめ方」を考える。 などのステップで行いました。 担当役員の中山 とも話をして この勉強会には臨んだのですが、 一番覚えておいてほしいと メンバーのみんなと共有したのは 「ほめる」とは、 「認める」こととセットだ。 ということ。 仕事や考えや存在を認めることから、 すべてがはじまるということですね。 それがないと、 いきなりほめても なんとなく空回りしたり、 響かなかったりします。 対話の量を増やす。 仕事を見てやる。 承認してあげる。 一緒に仕事をする。 考えを尊重する。 上記のようにやり方はたくさんありますが、 とにかくその人を認めるための 材料を増やすことは上司の仕事だと 思います。 私自身がやるべきこととしても、 とっても大事ですし楽しみなことです。 ちなみに以前人事本部で ともに仕事をしたNさん にオススメされた本がこれ。 「ほめる」技術/鈴木 義幸 この本はいいですよ。 なるほど、こういうヒトには こうやってほめると喜んでもらえるんだと、 人との違いを認めることから ほめることは始まるのだ、とよーく 理解できた本です。 どれだけメンバーを認められるか、 引き続き材料を増やしたいと思います!

      1
      テーマ:
  • 25 Mar
    • 英語漬け

      英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け このソフト、人気みたいですね。 私の周りで持っているヒトが結構多いです。 ただ残念ながら私は 持っていません。  今日は久しぶりに余裕のある日曜日。 「英語漬け」を実践するために 渋谷のマンツーマン英会話、 GABA に行きました。 イメージはこんな感じ です。 TOEICなどの勉強もあり ずいぶんGABAはサボってるなあと思いつつ 行ってみたら、半年振りとのこと  サボりすぎ!(´Д`;) 最近当社のメンバーでも 英会話を学んでいるメンバーが増えているようです。 この秋くらいから、 貪欲にいろいろやろう!と TOEICやTOEFLの塾のほかにも いくつか習い事や勉強を始めました。 しかし。 ちょっと土日のスケジュールを 詰め込みすぎました。。。 A=´、`=)ゞ いろいろやりたいことはあるものの、 分散しすぎても効果が感じられない。 絞ろう!!! ということでできるかぎり 「英語漬け」で行くことに決めました。 自分自身に挑戦したいと思います。

      1
      テーマ:
  • 24 Mar
    • 金メダル!

      フィギュアの世界選手権に ついつい見入ってしまいました。 http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/sports/figure_skating/?1174738367 思わず、 安藤美姫選手のスコア発表のときの 涙に感動しました (iДi) 思わずもらい泣き。 浅田真央選手もすごい。 安藤選手は いろんな苦労やプレッシャーが あった中で、それを乗り越えたことは 本当にすばらしいですね。 自分の限界を決めるのは、自分。 やれるとおもってやりきるか 途中でやめるかは自分次第。 常にやりきる人であるべく、 がんばるぞ!

      1
      テーマ:
    • 食卓の情景

      食卓の情景/池波 正太郎 いろいろamazonで見ていたときに ふと購入した本です。 簡単に言うとグルメ本です。 日本のいろんな食事が、 食材で語られたり お店の名前で語られたりしています。 面白かったのは 巻末の解説。 この解説者は この本を100回は読んでいるとのこと。 自分の成長につれて この本の意味がかわっているらしい。 私にもバイブルになるといいな (*^ー^)ノ たしかに、 今読んでもわからないことが たくさんありました。 食材もそうですし、 お店もそうですし。 それでも、 いくつか耳にしたお店も出てきました。 ■渋谷のカレー屋「ムルギー」 http://ameblo.jp/shibuya/entry-10024556822.html ■目黒のとんかつ「とんき」 http://ameblo.jp/tokyo-otokujyoho/entry-10027239503.html どちらも行ったことがないので 近々行ってみたい!!!!! と強烈に思いました。 行ってみます (*^▽^*) あと、アメブロのアフィリエイトランキング 。 先週全体9位だったのが、 今週は8位にアップ! こういうランキング、燃えますね。  γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ

      2
      テーマ:
  • 22 Mar
    • 日本の選択

      日本の選択/ビル・エモット これからの日本に突きつけられる 選択肢を、考えることができます。 グローバルな観点で、 日本はどう見えているのか。 残念ながら、 すべての観点を理解できたわけではありません。 多くの事象が、 複雑にからみあってくるんだなあと 感じます。 この本で二人の評論家から 指摘されているのは、 「保守的な日本のままでよいのか」 という課題。 「教育」も大事だが、 「意欲と野心と熱意」を 若者に持たせるべきだと提言しています。 グローバルで戦うためには グローバルで戦うという覚悟が必要だと。 すぐではないかもしれませんが、 数十年たてば必ずグローバルで戦うことが 求められると思います。 コトバの力もそうですが、 それ以上に「覚悟力」も大事だと思っています。 その覚悟力を、 日本一強い会社にできれば きっと世界でも戦えるはず。 覚悟力が強い。 そういう人材を輩出できる 会社づくりも意識したいと思います。

      2
      テーマ:
  • 21 Mar
    • 雑誌「Forbes (フォーブス) 」に掲載

      社員が定着するしくみづくり。 このテーマで、 サイバーエージェントが 雑誌フォーブスがとりあげられました! Forbes (フォーブス) 日本版 2007年 05月号 ソニーやリンガーハットなどと並び 「先進企業」としてとりあげていただけました。 純粋にうれしいです!!! 最近行っている新卒採用の面接でも、 しばしば学生のみなさんから聞く話があります。 「セミナーに行くと、 人材を大事にするという会社ばかり。 たくさんありすぎてわからない」 私のアドバイスとしては、 「比較すべきポイントを明確にしたらよいのでは?」 というところでしょうか。 当社では、制度づくりのときには 「わかりやすさ」が大事にするようにしています。 たとえば、こちら に制度を列挙してあります。 今後もメンバーにわかりやすく、 喜んでもらえるような制度を生み出して いきたいと思います。 さてさて。 下記は本屋で思わず手にとった本です。 人脈の教科書~図解フジマキ流シビれる人生をつくる~/藤巻 幸夫 人脈が大事、とはよく言われますよね。 以前は私も 「曽山君、お客さんと仲良くないでしょ」と 上司に言われてヘコんだり、 「飲みに来たのに仕事に帰っちゃダメだよ!」と クライアントさまに怒られたりしました (;´▽`A`` 相変わらずお酒を飲むと強烈に 眠くなってしまうのですが、 こういうご指摘には、 今では大感謝です (*゜▽゜ノノ゛☆ ここ数年、 仕事のための人脈もそうですが 視野を広げる人脈の大切さを感じます。 この本は伊勢丹出身で活躍されている 藤巻さんの本。 チームリーダーの教科書―図解 フジマキ流 アツイチームをつくる/藤巻 幸夫 この本が新任マネージャーには とてもオススメで、 その流れからこの本も購入しました。 最近意識していることは 「できるかぎり多くの方と食事に行くこと」。 まったく考えていない点を 気づかせていただけることも多く 刺激になります。 この本でも、 人気のある店、話題の映画や美術展など、 時代の最前線の空気に直接自分の肌で触れること。 名刺を見て、気になる人には即電話。 など、参考になるアクションが書かれていました。 「外へのアンテナ」は引き続き広げていきたいと思います。 ('-^*)/

      2
      テーマ:
  • 20 Mar
    • いろいろ本を読む

      読書。 ここ数週間で 出張などもあり、 たくさんの本を読みました。 というか見ました。 (熟読というよりも速読派です) まともバカ―目は脳の出店/養老 孟司 最近英語の塾で知り合った 大学2年生からのオススメ。 自分の視点とは 違う切り口をつきつけられた感じです。 なるほど、そう見るかー。 科学の視点からですが、 普段とは違う視点を 持つことを実感できます。 鈍感力/渡辺 淳一 これは鍛えたい力です。  私はついついストレートにうけとめがち。 ぐにゃっとうけとめる力をもっと鍛えたいと 思うときがあります。 たしかにたしかに。 なるほどー。という本です。 バルタザール・グラシアンの 賢人の知恵/バルタザール・グラシアン ニーチェ、森鴎外、ショーペンハウエルが 賞賛した処世訓とのこと。 1ページごとに 大きなテーマと説明があるので、 大きなテーマで共感するものを中心に読みました。 私に一番響いたのは、 どんなときでも立派に戦う というコトバ。 ずるいことをするのではなく、 正々堂々と戦おうということ。 戦い自体はそんなにきれいなもの ばかりではないので 時には耐えぬく胆力も必要だと思います。 それでもどうせやるなら、 おもいっきり戦いたいですよね。 そんな思いを確認できた本です。

      テーマ:
  • 19 Mar
    • 設立記念日

      きのう3月18日は サイバーエージェントの 設立記念日です。 いろいろ諸説ありますが、 3と18をかけて「さいばーの日」でよいと思います (o^-')b 設立は、1998年3月18日。 私はその10日後の1999年4月1日に 大学を卒業し、百貨店に入りました。 このときには、 私はベンチャーに入社するという概念を まったく持っていませんでした。 百貨店で通信販売のサイトの立ち上げを 手伝える一方で、自分の成長に対する 歯がゆさを感じて悶々としていた1年でした。 同じ年の秋。 たまたま見た転職系の雑誌で、 社長の藤田が起業して ネットの広告会社を立ち上げたという記事を見て 「1歳上で、こんな人がいるんだなあ」 と感心していました。 そして冬に、決めました。 インターネットという伸びる市場で働こうと。 そこでやっぱり雑誌をチェック。 そのときは人材紹介会社も 残念ながら(汗)まったく相手してもらえませんでした。 ネットの求人情報もまだまだでした。 そこでたまたま見つけたのが 「サイバーエージェント」という会社。 知らないうちに、 ホームページのアドレスを打っていました。 「第二新卒募集!」 このコトバが、 強烈に私の目に入ってきたのを 今でも覚えています。 「これは、オレのためのコトバだ!」と f^_^; これがそのころのWEBサイト 。 私はちょうど設立2年目からの参加で いろんなことが起きていますが、 これらはまだ序章。 もっと大きな、 もっとエキサイティングな、 もっと社会性のある、 そんな会社を創りあげる。 せっかくの人生、 おもいっきり楽しみたいと思います。 自分のハートに、 正直にかっこよくありたい。 21世紀を代表する会社を、 必ず創り上げたいと思います!

      1
      テーマ:
  • 18 Mar
    • 「シンクロ会議」完成!

      シンクロ会議。 必要な仕事とムダな仕事を見極めて チームの意思統一(意思のシンクロ)を高め、 業績貢献に集中するチームを作る。 そんな思いで作った会議体ですが、 いい感じでパッケージができあがりました。 どの部署でも、横展開が可能です。 先日、広告代理店部門の管理職研修で 先行して実施をさせてもらった3チームの マネージャーにその成果を聞きました。 むやみやたらに仕事をすてるのではなく、 「やるべきことをやる」 ということにチーム全体で意識をあわせることができます。 すでに効果が表れているチームもあるようで、 やるべき業務にフォーカスできたおかげで チームが達成できました!といってくれた マネージャーもいました。 この会議は5つのステップからなっています。 (1)「世界最高のチームとは?」のシンクロ (2)「現在の業務」のシンクロ (3)「効果」のシンクロ (4)「すてること」のシンクロ (5)「進め方」のシンクロ 各項目ごとに。 (1)「世界最高のチームとは?」のシンクロ チームメンバー全員で、 チームが世界最高の状態になっているとしたら どのような状態かを共有します。 書き出すとたいていバラバラですが、 無理にひとつにまとめるのではなく その中で議論をすることで チームが目指すべき方向が握れます。 (2)「現在の業務」のシンクロ みんなで今やっている業務を共有します。 大きな業務から、小さな業務まですべて書き出します。 「クライアントへの訪問」や「データ入力」など。 当社の営業チームだとざっくり100個くらいの業務が出ました。 (3)「効果」のシンクロ 上記の業務を 縦軸を「効果が高い」、 横軸を「(基礎として)重要」 としてマッピングします。 (1)でやった「世界最高のチーム」に近いものを 「効果が高い」として考えます。 横軸のマッピングが実は重要で、 効果順に並べると「必要かつ重要な基礎的業務」を ないがしろにしがちです。 単純な優先順位付けが 納得しきれないときにはたいていこのワナに ひっかかっていることが多いです。 (4)「すてること」のシンクロ このステップが一番重要です。 捨てるといっても、 そう簡単にやめることができるわけではありませんよね。 すてる=やり方がそれでよいか考える こちらのほうが適切です。 ・精神的に負担になっているもの ・時間がかかっているもの を聞き出して、 どんなやり方をしているのかを聞きます。 そのやり方が適切なのかどうかを、 チームで話してもらいます。 そうすると、 「えー、そんなやり方があったんだ」とか 「うわ、それ便利!」とか などのやりとりがチームで生まれます。 普段提案活動における情報共有はしていても、 業務改善における情報共有がされることが 少ない場合、特にこのステップが有効です。 (5)「進め方」のシンクロ 「やりっぱなし」という 自己満足をなくすためのステップです。 次以降、どうするかを決めます。 もう一回、ミーティングをするのか、 定期的にウォッチするのか。 これさえ決めておけば、 仮に(4)までで決めたステップが ダメでも改善することができます。 流れは以上です。 どのチームでも、活用が可能です。 現在この会議を進行できるのは 私と人事の田口さん ですが パッケージ化したので 他の部門でも活用できそうです。 幸いにもウワサをかぎつけて 数部署ほどからリクエストが ありました。 組織業績貢献できる人事、 引き続きがんばります!

      テーマ:
  • 15 Mar
    • TODO管理のワナ

      TODO管理。 よりよい方法を 探されている方は多いと思います。 私も以前は悩んでいました。 (iДi) 今では自分なりにいろいろ試して、 人事メンバーと一緒に勉強会 も行っています。 今日は、 そのTODO管理をする中での はまりやすいワナの話です。 TODO管理で困っている多くの人が このワナにはまっています。 それが、 タスクCのワナ。 たとえば重要度順にA/B/Cなどと わけたあとに、いざ仕事を始めると Cばかりやってしまって 結局1日が終わるというものです。 Aがもっとも重要とすると、 CはやりたいがAに比べれば重要度は低い。 でも、ついついCをやってしまう。 そして、Aにとりかかれず1日が終わる。 これはなぜ起きるのか?  これは「やった感」という、「プチ達成」を 無意識に求めているからだと思います。 無意識なので、タチがわるいですよね。 一方で、 より大きな成果が出せる方は 無意識で大きなゴールを達成することに 向けて行動を進めています。 時折自分の整理のために、 私は下記の意識を持つようにしています。 「やるべきものからやっているか?」 この疑問はシンプルですが なかなか有効です。 細かいTODO管理テクニックよりも、 効果的かもしれません。 o(^▽^)o

      1
      テーマ:
  • 14 Mar
    • アフィリエイトランキング 9位!

      先ほどアメブロをチェックしたところ、 当社取締役の渡辺の記事にある発見が! 「週間アフィリエイトランキング」 http://ameblo.jp/chidoriashi/entry-10027974113.html こちらのサイトで発表 されていますが、 こちらの9位にこのブログが入っていました!!! ベスト10に入ったのは純粋にうれしいです! 本当にありがとうございます。 これからもよいものはどんどんオススメしていきます!! ということで、 オススメ本です。(^▽^;) 商売心得帖/松下 幸之助 ¥500 Amazon.co.jp これは、シンプル&効果的です。 松下幸之助さんの本は初めてでしたが、 他の本も読むべきだと思うくらいいいです。 特に、営業の方。 ぜひ読まれるといいと思います。 一軒のお得意を守りぬくことは、 百件のお得意を増やすことになるのだ。 長所を見ることに(10のうち)、7の力を使う 人の和は、非常に大事。 など。 本質をつく、経験に基づくコトバがしびれます。 私もしびれる言葉を生み出すべく、 経験を重ねたいと思います。

      テーマ:
  • 12 Mar
    • 会社とは何か

      会社とは何か。 会社とは何か ¥1,680 Amazon.co.jp 前から読もう読もうと思っていて ようやく先週末の出張移動中に 読むことができました。 いくつか印象的だったことがありました。 トヨタの買収についての考え。 「一世代かけて同質化すれば 買収は必ず成功する」 ダイハツや日野自動車の子会社化に 30年(\(゜□゜)/!)以上をかけているとのこと。 googleの制度などについて。 「社風はバランスシートにはでないが、 かつてない重みを持つようになってきている」 GEが環境にやさしくない会社の代表格から 環境ビジネスに強い会社に変わったことについて。 優れたリーダーの条件は 一見矛盾する二つの要求を同時に満たすこと。 この本の中で、 当社も何度か取り上げられています。 この本を読むと、 本当にカイシャには いろんな形があるんだなあということを 再認識させられます。 経営によって、 カイシャがかわる。 何が正解ということではなく、 その解に賛同する人が多いかどうか。 顧客、株主、従業員、市場、、、。 多くの人から賛同を 得られる会社づくり。 挑戦し続けたいと思います! (*^ー^)ノ

      テーマ:
  • 10 Mar
    • リチャードホール

      エンジニア職を除いた 総合職採用のセミナーが終了しました。 これから面接でたくさんの学生に お会いできるのが楽しみです。 さて。 ちょっとリフレッシュということで 帰りに渋谷のツタヤで購入したのがこれ。 リチャードホール くりぃむしちゅーとアンタッチャブルが選ぶベストコント 純情編/TVバラエティ 友人から 「絶対面白いから、見ろ!」って いわれて購入しました。 これは、爆笑! 相当、面白いです! 何も考えず、 腹を抱えて笑えます。 (*゜▽゜ノノ゛☆ ホントこんな感じです。 シリーズがいくつかあるみたいなので、 ほかも見てみたいと思います。 

      テーマ:
  • 09 Mar
    • 福岡営業所

      サイバーエージェントの 福岡営業所に来ました! 昨晩はメンバーとともに食事。 私がサイバーエージェントに入ったときの 人数は20名ほど。 この営業所はそれよりも小さい。 スタッフがすぐそばにいるわけではない。 一人一人が やらなければいけないことも多いですが、 その分責任も裁量も大きいです。 私はもともと営業をしていたこともあり、 「営業として気をつけていたことって何ですか?」 なんていう質問を受けたりしてました。 私が営業のときに意識していたのは プラスアルファ。 メールもらったらメールでなくて電話するとか、 誰よりも早く電話に出るとか、 できることで他の人に勝てるものなら なんでもやろうと思ってやっていました。 根底にある考えは、 自分で入ると決めた インターネットという新しい市場の中で、 自分はどんな価値を創りあげられるか。 このネット市場はまだまだ小さい。 ビジネスとして10歳程度の市場の中では、 チャレンジする人に面白いものが集まるのは 間違いないです。 市場を開拓することはとても大変だと思いますが、 それ以上に得られるものも多いはず。 みんないい顔していました。 o(^-^)o ところで私は、九州初上陸。 前から温泉に行きたいなどと思ってましたが、 なかなか機会がありませんでした。 明太子やお魚がおいしいお店に行ったのですが、 「本当に」おいしい明太子というのをはじめて知りました。 明太子とともに スマイルしているのは 2006年新卒入社のKくん。 メンバーが 「あまりにすごいですよ、この粒!」というものの 「おいしいとは思うけど、まさかそんな言うほど。。」と 思った私がおろかでした。 すごいです! この粒! 感動しました! ちなみに昨晩立ち寄ったお店で 通販で買うことができる明太子といえば? ときいたところ帰ってきた答えは、 「ふくや 」とのこと。 https://www.fukuya.com/shop/web/product.do インターネットは便利ですね (o^-')b Kくんはじめ、福岡メンバーはみんなで ブログ書いてくれるそうです。 (;´▽`A`` 今日はこれから福岡メンバーと面談! いろいろ力になれればと思います!

      4
      テーマ:
  • 07 Mar
    • 新卒社長

      新卒社長。 新卒で入社して、 子会社の責任者や社長になるケースが 当社にはたくさんあります。 その中の一人。 膽畑(いはた )もその1人です。 立っているのが膽畑です。 膽畑はCAH(シーエーエイチ) という サイバーエージェントと博報堂との 合弁でできた広告代理店の社長。 もともとはサイバーエージェントの新卒として 広告代理店チームの1営業メンバーとして 入社しました。 もちろんはじめから「社長」だったわけではなく、 営業としてたくさんの経験を積み重ねていました。 彼がマネージャーになって、 私が傍でいつも見ていたときに いいなあと思ったのは 視点を高く持とうとすること とことんまでやりきること 答えを出すのではなく、本人に考えさせること など。 いろいろ要素はありますが、 社長をはじめ「裁量が大きい仕事をしたい!」と思ったら それができる会社に行くべきだと思います。 当たり前の話ですが、 そういう視点で比べて見ると会社比較も より面白くなりますね。 膽畑の話でも、 大事なのはたとえばこのネット業界のように、 おもいっきり挑戦できる環境に入ったこと。 まだ答えもレールもないこの業界で、 自分たちの手でこの業界のルールや 産業自体を創り上げること自体を「やるぞ!」 と決めることが大事だと思います。 こういうチャンスが、 ネット業界にはたくさんあります。 さて、ブログには独自の世界観 を 持っている膽畑ですが、 (^▽^;) 昨日は人事に関する相談でミーティングをしました。 今後この会社を大きくするヒントを見つけたようで、 会社のメンバーもいい雰囲気でした。 私も、応援しています! 

      1
      テーマ:
  • 06 Mar
    • 誕生日ごとに自分がわかる本

      幅広く読書ということで。 先日当社の事業責任者の一人から この本を紹介してもらいました 。 (Iさんありがとうございます) 誕生日事典/ゲイリー ゴールドシュナイダー ¥2,940 Amazon.co.jp この本、著書は海外の方ですが かなり面白いです。 365日、すべてについて その人の特性 長所 短所 アドバイス などがあります。 周囲の予想がどうかわかりませんが (^▽^;) 私は占いなどはあまり信じない性格なのです。 どういう論拠でこの本が作られたかわかりませんが、 この本は面白いです。 簡単に言うと、 私にいいことが書いてあったからです。 (;´▽`A`` ちなみに私は、10月1日。 ■10月1日 生まれながらのリーダー 抱える問題は、主に仕事のこと 困難を通して人間的に成長する とのこと。 ■長所 ユニーク ひたむき 威厳がある ■短所 危険な目に遭いやすい 優柔不断 お高くとまっている ■アドバイス 地道に努力すること。 不安や悩みを、少しは人に打ちあけましょう。 がんばりすぎないこと。 1人で責任を抱え込んではいけません。 するどい。 かなり「ドキッ」としますね。 私の会社の机においておきたいと思います。 o(^▽^)o

      1
      テーマ:
  • 05 Mar
    • 「就職の神様 2007」、本日再放送

      先日放映された 「就職の神様2007 」ですが、 本日再放送されるとのこと。 3月5日(月)  フジテレビ 26時29分~27時20分 私も出ていますので、 お時間あればぜひご覧ください。 なお最近の私のブログに きていただいている検索ワードは こんな感じです。 1 就職の神様 2 サイバーエージェント 3 就職の神様2007 4 ダンス甲子園 5 デキタン 6 働きがいのある会社ランキング 7 2007 8 働きがいのある会社 9 コツ 10 営業 11 日経ビジネス 12 就職の神様2007 13 アメーバスタジオ 14 5w1hとは 15 営業のコツ 16 ランキング 17 「働きがいのある会社」ランキング 18 ホワイトボード 19 DorD 20 曽山

      テーマ:

プロフィール

デキタン

性別:
男性
誕生日:
1974年10月1日5時頃
血液型:
A型

読者になる

AD

月別

一覧を見る

旧ランキング

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ

■プロフィールはこちら
https://sites.google.com/site/soyama1001/

■著作

サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方 ― 「キャリアのワナ」を抜け出すための6カ条/曽山 哲人(2010年7月16日)




アマゾンにて「ビジネスライフ」1位!(2010年8月24日)

<プレジデントロイターでの連載>
サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方

<この本を紹介してくれた方>
グロービス田久保さん渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)、ネットトレンド研究室須田氏

サイバーエージェント流 成長するしかけ/曽山 哲人(2010年2月)




アマゾンにて「IT」カテゴリ1位!(2010年8月25日)

<この本を紹介してくれた方>
渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)ネットトレンド研究室須田氏、、フィールワークス前川さんドリコム内藤さん百式管理人田口元さん


■資格
TOEIC 825点(2007年10月)

■高校 神奈川県立市ヶ尾高校
ダンス甲子園全国大会第3位(日本テレビ「元気が出るテレビ」@よみうりランド。チーム名は「DorD」。動画はこちら

■大学 上智大学文学部英文学科
体育会男子ラクロス部 主将
学生ラクロス連盟 広報委員長
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。