• 29 Jun
    • 上司の力を借りたければ、ゴールを共有しよう。

      営業活動の中で上司を連れて行くというシーンも多いはず。入社したてのメンバーもそうだし、大型案件を決めにいくときなどはベテラン社員でも上司と同行することもあるだろう。そんなときにデキる営業が必ずやっていることがある。アポの前に、上司とその「アポのゴール」を共有することだ。「何ができればそのアポが満点を取れるのか」ということでもよい。私もメンバーと一緒にアポに同行させてもらうこともよくあるが、そのときに聞くのがこれだ。「今日のアポのゴールは何?」しかし特にMGRのみなさんには気をつけてほしいのだが、意外にメンバーが小さいゴールをもっていることがある。上司である自分は流れを聞いているとクロージングできそうなのに、「今日は上司と顔合わせです」という風にゴールを考えているメンバーもいる。これではもったいない。自分にとって一番うれしい状態をアポのゴールに持って来るべきだ。「発注をいただく」とか、「上司に○○さんでお願いするよ」と言っていただくとか。ぜひゴールを共有してほしい。上司とそのゴールが握ったとすると、上司にとって不透明な流れがあればそのシナリオを聞いてくるはずだ。そうすればそのゴールにはどんどん近くなってくるはず。上司とシナリオが共有できているメンバーは、デキるヤツに見える。

      テーマ:
  • 04 Jun
    • デキる人に見られたければ、情報源を少しづつ広げよう。

      よく、どうやって情報を集めてるんですか?といわれる。ありがたいことだ。しかし自分ではまったく満足しておらずもっと「デキる人の情報源を知りたい」と思っている。自分自身についてよくよく振り返ってみると、2年前の新年に日経とMJだけでなくて視野を広げるために日経産業とか日経金融もとってみようと思ったのが大きいかも。この月数千円の小さな判断が大きな効果を生んだ。情報をとにかくクライアントにもメンバーにも提供するようにした。「○○とかご存知ですか?」などのようにだ。そうしたら逆に、情報がたくさん入ってくるようになった。みなさんの情報源もぜひ教えてください。私が活用・定期購読している情報源はざっとこのようなところだろうか。日経新聞日経産業新聞日経MJ日経金融フジサンケイビジネスアイ日経ビジネス東洋経済ハーバードビジネスレビュー宣伝会議販促会議PRIR(プリール)アドバタイムズインターネットマガジンTOPポイント日経新製品レビュー日経テレコンRSSリーダー男性誌・女性誌(これはつどつど)などなど。。。

      2
      テーマ:
  • 03 Jun
    • 「納得してほしい」と思ったら、自分にできることを提案しよう。

      クライアントをリクスペクトしながら営業することについて、代表の藤田も書いているが引用されているおちまさとさんの記事も、とても納得できるもの。デキる営業は、常に謙虚。特に、クライアントのビジネスにえらそうに立ち入ることはしない。クライアントはみなさん必死に、そのビジネス拡大に向けてがんばっている。やってもいないのに、「御社のビジネスモデルは・・・」なんて話をされることほど腹立たしいものはない。あくまで自分たちがやっているビジネスや強みを活かして、自分たちが提案しているもののプロとして話をしている。ぜひ、「自分は何のプロなのか」を再確認してからクライアントと話をしてほしい。「御社は○○すべきです」は自分がプロな時だけ話そう。

      テーマ:
  • 01 Jun
    • メールをもらったら、電話で返事しよう。

      クライアントからメールをもらった際、デキる営業は必ず「まず電話」している。スピード勝負も多い中で、メールをもらってすぐにメールで返事を書く人は「普通」。メールをもらってすぐに電話する人がデキる人だ。もちろんクライアントのご担当者のお好みもあるのでそれを聞いてからというのが前提だが。電話をかけると、・「すぐに反応してくれた」というポジティブな驚きをクライアントに伝えられる (優先で対応していることをきちんと伝えられる)・クライアントの温度感がわかる (依頼事項などの急ぎ度合いや、トラブル時にはその重要度など)などのメリットがある。ぜひ試してみてほしい。さらに、メールをうまく使う人はもうひとつ工夫してやっていることがある。電話で話した直後に、その話した内容をメールで送るということだ。簡単なようだが、これをいつもやっている人は私の知る限りほぼ100%「デキる人」だ。言った言わないも存在しないし、何はともあれきちんと記録に残そうという姿勢自体が「しっかりした人だな」という印象を残せる(実際そうだし)。アナログもうまく使える人は、スピード勝負でも勝てる。

      5
      テーマ:

プロフィール

デキタン

性別:
男性
誕生日:
1974年10月1日5時頃
血液型:
A型

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

月別

一覧を見る

■プロフィールはこちら
https://sites.google.com/site/soyama1001/

■著作

サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方 ― 「キャリアのワナ」を抜け出すための6カ条/曽山 哲人(2010年7月16日)




アマゾンにて「ビジネスライフ」1位!(2010年8月24日)

<プレジデントロイターでの連載>
サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方

<この本を紹介してくれた方>
グロービス田久保さん渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)、ネットトレンド研究室須田氏

サイバーエージェント流 成長するしかけ/曽山 哲人(2010年2月)




アマゾンにて「IT」カテゴリ1位!(2010年8月25日)

<この本を紹介してくれた方>
渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)ネットトレンド研究室須田氏、、フィールワークス前川さんドリコム内藤さん百式管理人田口元さん


■資格
TOEIC 825点(2007年10月)

■高校 神奈川県立市ヶ尾高校
ダンス甲子園全国大会第3位(日本テレビ「元気が出るテレビ」@よみうりランド。チーム名は「DorD」。動画はこちら

■大学 上智大学文学部英文学科
体育会男子ラクロス部 主将
学生ラクロス連盟 広報委員長
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。