できる男になりやがれ!

目的があるとき、
分析・研究が達成への一番の近道。


テーマ:

山本五十六は大日本帝国海軍の軍人。


山本五十六に関しては賛否両論あります。


決して前線に出ていかず、命を惜しむ最低の軍人という声もあれば、実はフリーメーソンで日本をアメリカに渡すために敗戦に追い込んだという説もあります。つまり、真珠湾攻撃も日本を敗戦に追い込むためで、のちの歴史であまり悪い評価がないのも、アメリカに加担していたその恩賞として、というわけです。



そんな見方もありますが、

「任務に忠実、自らに厳しく他人には寛大」

「姿勢が良く、柔軟性があり、一旦決めると考えを変えない。社交にたけ、国際感覚に富んでいた」

「聞き上手で話やすい人。真に度胸のある、正しい素直な人。いつ論じ合っても後味の悪い事がない」

といった人物評もあります。



そんな底知れぬ魅力を持つこの人の、このシンプルな「男の修行」についての言葉は、辛いときに噛みしめていただきたい。


「苦しいこともあるだろう。
云い度いこともあるだろう。
不満なこともあるだろう。
腹の立つこともあるだろう。
泣き度いこともあるだろう。
これらをじつとこらえてゆくのが男の修行である。」


男の修行というのは忍耐ということです。


いま修行しているあなた、常にこの言葉で歯を食いしばってください。



山本五十六の名言です。


・やって見せて、言って聞かせて、やらせて見て、ほめてやらねば、人は動かず。



・これらをじつとこらえてゆくのが男の修行である。



・是非やれといわれれば、初めの半年や一年は、ずいぶん暴れてごらんにいれます。しかし二年、三年となっては、全く確信は持てません。三国同盟ができたのは致し方ないが、かくなった上は、日米戦争の回避に極力ご努力を願いたいと思います。



・実年者は、今どきの若い者などということを絶対に言うな。なぜなら、われわれ実年者が若かった時に同じことを言われたはずだ。今どきの若者は全くしょうがない、年長者に対して礼儀を知らぬ、道で会っても挨拶もしない、いったい日本はどうなるのだ、などと言われたものだ。その若者が、こうして年を取ったまでだ。だから、実年者は若者が何をしたか、などと言うな。何ができるか、とその可能性を発見してやってくれ。



・博打をしないような男はろくなものじゃない。



・人は神ではない。誤りをするというところに人間味がある。



・苦しいこともあるだろう。云い度いこともあるだろう。不満なこともあるだろう。腹の立つこともあるだろう。泣き度いこともあるだろう。


【山本五十六 色紙「男の修行」】
¥850
楽天


山本五十六戦争嫌いの司令長官 [ 森山康平 ]
¥600
楽天


聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実ー【愛蔵版】【初回限定生産版】【Blu...
¥8,316
楽天

PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード