ふて寝後の感想

テーマ:
期待値が高すぎただけに、余計に消化不良な試合に感じた。

第一に最後のジャンプ失敗して、スピンこけてその後に笑っている羽生選手の顔など見たくない得意げ

それはソチ後ベテランになってからの楽しみにとって置きたかった。
「まあまあ。コレくらいのミスでも余裕で一位だし・・今日はこれでも上出来音譜

って思うのはファンだけいい。

今はまだ、最後まで魂燃やして自分のミスを悔しがる羽生でいて欲しいメラメラ

(イチファンとしての勝手な意見だけど、そんな羽生選手が大好きだったからねニコニコ

DタカハシのSPに関して、採点が変とかいろいろ意見はあるとは思うけど、

自分の中でのDタカハシの楽しみ方は、点数や結果とはまた別の所にある。
今回の演技でやっと自分のリピート回数が上がってきた。

ニコ動画のコメントにもあったけど、まるで銭形警部に追いかけられながら華麗に逃げまどう
ルパンを見ているようで本当に楽しいプログラム。ルパン

まだまだこれが完成形ではないだろうし、例年のように試合ごとに微妙に違った味を楽しめそうで、久々にDタカハシを見るワクワク感が戻ってきた。

フリーはねええ・・
出来不出来関係なく、中盤のステップ全部変えて欲しい。
あのステップ時の音楽は軽快なようでいて重いってのもステップでの表現を難しくさせているような気もするけど、ステップがとにかくイヤだ。

じゃ、誰が変えるの? モロゾフ・・あああもっとイヤだ。

SPもフリーも中国杯前にモロゾフに手を加えられ、恐ろしくつまらないプログラムに
なり、それがやりにくいからってまた元に戻して流石にナイス判断なD1SK陣営で安心した。

流石に、ここまできたらモロゾフ置いて置く意味などどこにも無いってことに薄々気が付いているとは思う。
(あるとすれば、練習場所の確保要因ってとこか・・)

なのになぜかキスクラでは、オレがオレがのモロゾフにムカついてムカついてどうしようも
ないパンチ!
しょうがないのだけどね。決めたのはDタカハシだし。。

マオ・アサダの件に関して・・

あれだけ、このルールの欠陥に苦しめられたきたマオ・アサダが自ら、
完璧に欠陥ルールを暴いてしまったことの皮肉さ。

言ってみれば、欠陥ルールへの仕返しくらいに思えた。

4回転や3Aを回転不足で回るよりか、難易度落として3回転で完璧に回った方がお特よルール。
これが3回転→2回転でも通用してしまった叫び

そんな事言いながらも、昨日の自分は落ち込みすぎて布団かぶってすぐに寝てしまうくらいでしたけどね。

まさかここまでメンタルが弱っていたとは・・てことが何よりもショックすぎて。

去年のワールドのときもそうだったのではないかと思うのだけど、
地に足が付いてないような感覚、まさに自分がそこで演技しているのに心がそこから離れて宙に
浮いているような感覚なのでは?

こういう感覚は、長時間戦うスポーツではあまり経験出来ないと思うが、
わずか数分で終わる中に、いろいろとアクロバティックな技をこなさなければならないスポーツ
特有の物なんだろうな。

そしてこういうタイプはB型に多いような気もする。
着実性を重んじて一つの事でも気を確かに持てるA型と、
一度リズムが狂いだすと、気ばかり焦って結局何も出来ないで終わってしまうB型の違い。

B型人間にとって一番大事なのは、根拠の無い自信。!
一度調子に乗れば、どこまででも突き抜ける強さとが表裏一体だ。

(まあ、血液型関係無く誰でもそういうとこあるけどね。B型っていうのは特にそういうとこ弱い。)

それをNHK杯を足がかりにして、取り戻して欲しいと思っていたのだけど
また「ふりだし」に戻ってしまった。

それだけマオ・アサダが今までに失った自信の根っこは深かったのだろうなあ。


フィギュアスケート ブログランキングへ
AD

コメント(22)