2015-09-11 23:40:47

魔法少女まどか☆マギカ

テーマ:映画・TV
『認識の相違から生じた判断ミスを後悔する時、何故か人間は、他者を憎悪するんだよね。』

昔と違って、漫画やアニメにアンテナが向かなくなっている私ですが、今頃になって『魔法少女まどか☆マギカ』にハマりました。

呑み屋やスナックでの話題のネタ作りのためによく映画やDVDを観る。というわけでアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』を観ました。

前回、『PSYCHO-PASS サイコパス』の話しをしましたが、この原案&脚本を手がけたのが虚淵玄という人で、この人が以前に書いた脚本のアニメが『魔法少女まどか☆マギカ』というわけで、今頃になって見てみたわけです。

いやね、この作品何となく気になっていたんですよ。

ただね、いくら評判になっていて評価が高いと言われていても、このタイトルとこの絵はオッサンにはキツイじゃないですか?

photo
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語【通常版】 [DVD]
アニプレックス 2013-07-24
売り上げランキング : 15737
評価

by G-Tools , 2015/09/13



「セーラームーン」とか「プリキュア」を今頃見せられてもなぁ・・・と思ってたんです。

ところが違ったんですね。神アニメです。アニメ史上に残るとんでもない世界を見てしまいましたよ。不覚にも後半には目頭を熱くしてしまいました。

ネタばれしない程度にちょっと序盤のあらすじを説明すると

ある日、デパートの改装中のフロアから「ボクを助けて!」という声を聞いた鹿目まどかはキュウべえという謎の生物と魔女と戦う魔法少女の巴マミと出会う。「ボクと契約して魔法少女になってよ!どんな願いでもひとつ叶えてあげるよ!」と。但し、魔法少女になると代償として魔女と戦う宿命を背負う。魔女は呪いから発生するもので絶望をもたらす存在で、過剰な怒りや憎しみや不安や猜疑心などの災いの種を人間の世界に撒き散らしている。理由のはっきりしない自殺や殺人はほとんど魔女の干渉があるという。「キミなら最高の魔法少女になれるよ!」とまどかを勧誘するキュウベエだが、もう一人の魔法少女である転校生の暁美ほむらは「そいつとかかわりあいをもってはならない」「魔法少女になっては絶対ダメ!」と警告を発するのであった。

まあ、ここまではありがちな美少女戦隊モノっぽい。みんなで協力して魔女を倒そうよ!みたいな・・・。ところが3話目くらいから、とんでもない鬱展開になるんですよ。

キュウべえはいったい何者なのか?なぜ魔法少女は魔女と戦わなくてはならないのか?なぜ、暁美ほむらはまどかに魔法少女になってはいけないと警告するのか?その事実が明らかになったときに「ぎょえー!」ってなります。

話しの内容のスケールとタイトルと絵が全然一致しなくて騙されます。最後にはまあなんといいますか、神の起源や宇宙の法則みたいな話にまでいっちゃって、「俺はいったい何を見せられたんだ・・・」と茫然自失。

正直、飲み屋やスナックでオネーチャンに「こんな面白いアニメがあって・・・」とすべてのあらすじを説明したとして、「後半、何言ってるか全然わかんないんだけど?」と100%思われるでしょう。

そんなわけで俺の中のアニメNo.1作品が決定してしまいましたよ。アニメを見て泣いたのは「火垂るの墓」以来です。

「うる星やつら ビューティフルドリーマー」や漫画「デビルマン」、クリストファー・ノーランの「インセプション」や「インターステラー」が好きな人ならツボにはまると思います。正直、俺の中でこれを越えるアニメは15年くらいは出てこないような気がします。

どの動画を参考にしたらいいか結構悩んだんだけど、この2本を見れば見る気になると思います。





オススメはまずTV版のダイジェスト再編集「劇場版 前編 始まりの物語」「劇場版 後編 永遠の物語」計4時間を見てから、TV版全12話をじっくりと見る。そして大団円を迎えたあのラストの続きが出来るとは思えない「劇場版 新章 叛逆の物語」での大どんでん返しに「エーーーーーーー!」と驚いてください。

【無料キャンペーン中】DVD&CDレンタルならDMMがお得!

AD
 |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。