QでTな漢からの指令

テーマ:


QでTな漢から
“中野坂上にナンを焼けないインド人がやってるカレー居酒屋があるんだ面白そうじゃね?”
って連絡があった


それって様子見て来いって事だよね?
そういうフリだよね??


ってことでこのメールの2時間後私は店に潜入
異常なまでのフットワークの軽さに地球温暖化は加速度を増すばかりさ


外観はこんな感じ


ひとでなしブルース

元は立ち食い蕎麦屋だったんで店内は狭くカウンターのみ6席


酒のメニューはこんな感じ


ひとでなしブルース

カレーを出す店にしては良心的な感じかと


ツマミのメニューは和洋エスニックとあり大体400~500円といった感じ


タンドリー風焼鳥


ひとでなしブルース


カレーをオーダーしようと思ったらライスだけでなくナンもあるじゃねぇか!!

ひとでなしブルース

ナンを焼けないインド人じゃねぇの??って思ったら出てきたのは出来合いのナンだった


ちなみに調べたところナンを焼くスキルがないのではなく
店が狭くて釜が置けずナンが焼けないそうだ…


ナンはほんのり甘い
カレーはマトンベースに挽肉が入ってた
量は少ないがピリッとした辛さ
全く臭みのないマトンがステキ


これだと他のメニューにも期待できそうだ


こういう外国の方がやってる店にあまり行かないのは言語の壁があるからだったんだけど
ココの店主は日本人疑惑をかけたくなるくらい日本語が流暢だった


ランチのカレーが気になり再訪


マトンとキーマのあいがけ大盛をオーダー


ひとでなしブルース

サフランライスと聞いてたのに白米だった
どうも日本人にはサフランライスは口に合わないという意見多数で白米になったとか…

キーマの方は良く言えば食べやすいが
旨味とコクが足りないかな

マトンの方が旨いね

欲を言えばもう米をもう少し固く炊いてあればステキだね


帰り際、店主が見送りに来た
“メニューに無いものでも作るので言ってくださいね~”
と言われ
牛丼と言いたかったのはココだけの話で……








AD

なんでブログ書いてるの?


もしそう聞かれたなら私は
『暇つぶし』
って答えるね


だって実際暇つぶしだし
これで有名になろうとか仲間を増やそうとか
ましてや一儲けしようとか全く考えてねぇし


ブログ書くことを生きがいにしてるような人はどうしちゃったの?



某ブログはスゴイよ
つまらなくて


どの記事も同じなの
きっとテンプレート作ってあって付け足ししてるんだな


グルメブロガーと名乗ってるクセに
味には触れず
誰それと呑んだってことばっかり書いてるブログを見つけたんだけど
彼の今後が気になったね




まぁ、それはさておき

何が言いたいかって言うと……

角打ちってスゲぇな
ほぼ原価じゃん!!
ボウモア12年・マッカラン12年・ラフロイグ10年が250円はステキというか狂気の沙汰
ココはまたイクよ


ひとでなしブルース

AD

スキなフランス語は
conte de fees
どうもボクdeath


『ブログやってんの?』
って聞かれたら
『ヤってないよ』
と即答


だってさこんな世界で2番目にツマらないブログを書いてるのがバレたら恥ずかしいでしょ?
勃起したペニス丸出しでW杯出場位恥ずかしいじゃん……
(ちなみに1番つまらないのは彼のブログね)


だからこのブログの事は言わないでもらいたいワケよ

どのくらいかというと
30過ぎて童貞だったら魔法が使えるって都市伝説を鵜呑みにして未だに童貞
もしくは
10代の頃は実の姉とセックス三昧
っていう墓場まで持ってイク秘密くらいね


ワカッタ?イッちゃダメだよ



それはさておき…


キレイなオナゴは好きです

キレイでドスケベなオナゴはもっとスキばい


キレイでチョッと酔っぱらってキスまではさせてくれるのに
その後はさせないオナゴはヒザ軟骨を鶏軟骨と交換すればイイし


アソコが異臭騒ぎのオナゴは性病科に行ってから法廷で逢いましょう


ナニが言いたいかというと

キレイでかわいくてハーフ顔でドスケベなオナゴはどこにイケば逢えるの?ってこと



それと家系ラーメン食うと5分後には便所にいるってこと


ひとでなしブルース


さて

仕事終わったらパンチパーマあてて

酒場にクリだしましょうかね~






AD