私のホームページ へのリンク ワイン
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-22 07:57:41

Assyrtukoというレストラン ~サントリーニ~

テーマ:■世界のたび

続いてはサントリーニ島での食事です。


その名もアシルティコ。


Assrtiko

こちらもまた素敵なレストランでした。


それに日本人向けにご飯まで用意してくれるところがまた素敵です。


島ですから魚介類が多くなるわけですが、非常にレベルが高いです。


ビールのようなものも見えますが、ワインと合わせます。


Boutariの白を。


人気ランキングのクリックお願いします!1日1回!

ブログランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-07-21 08:06:48

ギリシャの料理

テーマ:■世界のたび

この旅で他に重要なことがあるとすればそれは「食事」。私たちの仕事はその土地の食べ物とワインを文化としても相性としても知っておかなければなりません!っていう建前をもって食事を楽しみます。


まずはアテネ!


この国で何よりも嬉しいのは野菜が豊富なこと。他のヨーロッパは本当に肉ばかりで野菜が出てこないので疲れますけど、食事で疲れないのがギリシャの良いところです。



MENU

まず、今回のミハリスさんのすごさを感じたのがこちら。


全ての訪問する予定のレストランに予め作成したメニューとワインを書き込んだリストを送っているのです。


これだけのこと日本人でもなかなかしませんよね。感動のサーヴィスです。


説明されても忘れてしまうメニューが全て載っています。



アテネでの食事

海外だといつも思うことは「魚がおいしくない」ですが、この国は違いました。


このスズキのセヴィーチェ。素晴らしくおいしいです。さっそくこの国が好きになりました。


そして毎食出てくるのがグリーク・サラダ。かなりの量の野菜が乗っています。


そしてリゾットに見える3皿目はかなり短いショートパスタなのです。


そして名物のレモンパイ。


ちゃんと料理に合わせてワインが供されます。


ここではスパークリングワインと白を頂きました。ランチで飲む、これはこの国では当然です。


日本でも当然になるべき?でしょう!


人気ランキングのクリックお願いします!1日1回!

ブログランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-20 07:32:18

ナウサ

テーマ:■世界のたび

最後のPDOはナウサ。

ここではアミンデオと同様にクシノマヴロが植えられていて、クシノマブロでなければPDOを名乗ることができないのです。



キリ・ヤーニ

キリ・ヤーニの象徴ともいえる塔です。


この地では何十年も前から「クリュ」の概念があり、熟成して素晴らしいワインたちが存在する産地なのです。


ネッビオーロに似た特徴を持つクシノマヴロ。そのポテンシャルの高さはまだそこまで世界に知られていません。


熟成して素晴らしいワインとなるクシノマヴロには目が離せません。



みんなで

ワイン産地を巡る旅はここまでです。


その他についてこの後書きます。


人気ランキングのクリックお願いします!1日1回!

ブログランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-19 07:56:59

アミンデオ

テーマ:■世界のたび

クレタ島から飛行機で次に向かったのはテッサノニキ。

ギリシャ第2の都市です。


そこからバスに乗り向かった産地はアミンデオ。


ここではギリシャを代表する赤ワインのブドウ品種、クシノマヴロが植えられています。



アミンデオン

ここは4つの湖に囲まれた産地です。


ギリシャで最も寒い産地です。標高の低い湖の近くで収穫されるクシノマヴロはロゼになります。

そして多くのスパークリングワインも造られます。


標高の高いところでは赤ワインが造られます。


PDO AMYNTEOを名乗るにはクシノマヴロを使わなければなりません。


ロゼワインが世界的に人気が高まっていてギリシャ国内でも生産が増えています。

(日本ではどうしてもロゼがあまり流行りませんが)


島の美しさとは異なり、夏でも一定の寒さを感じる緑を多く感じる美しさです。



アミンテオ

もちろん、他のブドウも栽培されますが、PDOは名乗れません。


人気ランキングのクリックお願いします!1日1回!

ブログランキング

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-14 07:59:03

クレタ島のワイン

テーマ:■世界のたび

3日目はクレタ島へ。


クレタ島

サントリーニ島とはまた異なる美しさ。

この島はギリシャで最も大きな島であるとともに最南端となるため、かなり気候としては暑いです。


この日はそこまでではありませんでしたが45℃を超えるなんて言ってました。


この島には高い山々が東西を横断していて、アフリカから吹く暑い南風から守るために北側の斜面にブドウ畑があり、標高も高いため、暑いながらも高山性気候の特徴が出ます。



ブータリ

ブータリのワイナリーを訪れ試飲を行いました。


ここではVilana種やVidiano種が白品種として多く、いずれもレモンのような風味を感じます。

南の島らしい味わいでこれだけ暑い産地のワインとなると求められるものはすっきりとした辛口、ということになります。


また、印象的だったのはDafni種でゲヴュルツトラミネールのように独特のスパイス感があり、ローリエの香りが非常に強いブドウでした。


赤ではKotsifali種などアルコールが高く、Mandilari種とよくブレンドされますが、特徴的なものがあります。


白ブドウを70%もブレンドする赤ワインなど、不思議な赤もあります。


他にはボルドーやローヌ品種がたくさん植えられています。



テイスティング風景

この他にもMuscat of Samosなど甘口でも知られます。


非常に興味深い島でした。何と言っても海がきれいです。


人気ランキングのクリックお願いします!1日1回!

ブログランキング

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。