座学と経験のバランス

テーマ:

こんにちは。

 

先週末はスケスケの網タンクトップをまとい、右肩にはタテゥーシール、準備したカツラは結局使わず金曜の夜から前ノリで1000名ロック@群馬に参加してきました。

 

こんな感じ(真ん中のタンクトップが私w)

 

えっと、話それましたが

今、会社の規模感的に10数名なんですが今の事業体で組織拡大という選択はナンセンスだと思ってます。

 

事実、分社化当時と今を比較すると

 

●スタッフ:16名中9名離脱。約56%減

●月次平均粗利:約164%増

※現在は役員・社員・アルバイト含め12名+産休1名

 

「人が辞めたけど、事業は伸びた。」のか

「事業は伸びてるけど、人が辞める。」のか

分かりませんが、結果的に経営は安定してます。

 

それを踏まえて

人を増やすよりも各々のビジネススキルを上げる事。


今は俄然、ここに投資含め注力すべきかと。

 

仕事で経験を積むことは勿論大切ですが、

ビジネスを座学から体系的に学ぶことも重要かと思ってます。

 

という事で、各々のスキルを上げ事業成長させる為に

制度以下、制度を導入しました。

 

1)「仮)教育援助金制度。」

年間10万円を上限に教育援助金として助成します。

(Webスクール、ビジネススクール、英会話教室など)

 

2)「仮)教科書援助制度」

年間6万円を上限に事業に関わる教本購入を認めてます。

 

助成金と同じで、どんなに有効な制度も活用しない意味がないし、まずは浸透させたいボードメンバーからという事で、私含め役員3名でグロービスのビジネススクールに7月から通う事にしました。

 

我々が受講を終えたあとは管理職メンバーから全員受講してもらいたいと考えてます。(勿論、希望者のみ)


各々のスキルを上げ、提供サービスの質を向上して参りたいと思います。

 

引き続き、Idealinkを宜しくお願いします。

P.S
月夜は飲みにいけませーん。お誘いは月曜以外でお願いします!

AD

腹が減っては戦はできぬ

テーマ:

こんにちは。

 

もう、夏ですね。

あまりに暑いのでタンクトップで出社してやりましたよ。

みんなドン引きしてましたけどねw

 

そう言えば、

先月導入した社食制度があまりにも

満足度が高いので自慢したいと思います。

曜日毎に担当が違うので毎日が楽しみだし、

栄養士の方もいて健康的だし、

お財布にやさしいし、

何より、めっちゃ美味しい!

 

福利厚生の一環で導入した制度ですが

自分が一番満足してますw


作って頂いてる皆様>
本当に有難うございます!

美味しくて、毎日の昼時が楽しみです^^
名称も「 lunch de link」と命名しました。
ランチでリンク!

本日のガパオライスも最高でした。ご馳走様!


実際の写真はこんな感じ。
腹が減っては戦はできぬ!

 

AD

やっぱ社員旅行ってええわ

テーマ:

こんにちは。

今日から5月ですね。
当社も本日から第2Qに突入しました。

 

第2期の第1Q(2月~4月)は

組織改革、事業開発、人の出入り、社員旅行。

正にてんこ盛りでした。


最近、ビジョナリーカンパニー2を読み返して

「誰をどの席に座らせて会社を伸ばすのか。」

 

ここを凄く考えます。


1月に組織改革を行った結果。
取締役の丹野は退職の道を選択し、起業という新しいステージでチャレンジする事になりました。

先日、挨拶にきてくれて少し老けた感じでしたが、笑 新しいステージで頑張ってほしいと思います。

また、新責任者の盛が引き継いだ事業を牽引し、ポジもネガも共有スキルが長けており、経営と現場の意思疎通が圧倒的に改善したなと。ブラックボックス化されてた事業が徐々にスケルトンになってきました。

ジャンプする前って、しゃがむじゃないですか。
成長期って成長痛ってあるじゃないですか。
改善って、現状を正しく把握できないと打ち手きめれないじゃないですか。

今は、正にそんな感じですが、はたから見える成長って達成した結果に対して感じる場合が多いけど、試行錯誤してトライしたりピンチを逃げずに解決し、それを乗り越えたときに感じる成長は自信にもかわるわけなので、今重要な時期なんです。

挫折や障害を乗り越えた的なやつ。

あ。今回のお題は社員旅行でしたね。失礼w

4月末に念願の社員旅行にプーケットに行ってきました。

余裕ぶっこいて行ける状況でもないし、大小問題はあるし、てか問題だらけだし。


でも、行ってきました。

「問題を寄生させながらも楽しむ。」

ってやつですね。

社員旅行の詳細はこのブログにあるので割愛しますが、結果的に行って良かったです。

という事で、第2Qも全力で頑張ります!
Idealinkを宜しくお願いします。
 

AD

最近、当社の戦略顧問のTOMと話してて、

島袋:
「うちみたいなコングロマリット的に事業を伸ばすのってどうなんですかね?」

TOM:
「よくコングロマリットディスカウントって言われるじゃないですか。でも最近のIPOマーケットでみたら単一サービスで上がったとしても、そんなに成長してる会社が出ていないので、コングロマリット企業が決してネガではないですよ。逆にIdealink社は次々に事業を創出して、軌道にのせてる。これは凄いことで準備会社の入り口に全然はいってますよ。」

島袋:

「株価を意識した場合にコングロマリット企業だと、何の会社か分かりにくいから株価がつかないだけで、あくまでもIPO時の評価の問題。(←あくまで個人的な意見)サイバーエージェントだってビビるぐらいコングロマリット企業だし、その分散投資が結果的に業界をリードしてるわけだし。だからコングロマリットだからダメだとか、単一サービスだからいいと、全く関係ないよね。てか、全然ほめてくれないTOMに褒められる事が嬉しいんだけど。笑」

 

「僕の中では、そんな事よりも、優秀な人材がその会社で成長できるのか?の方が重要だとおもうんだよね。専門性・マネジメント・事業創出・経営。色々な経験が出来る環境を整備する事が企業成長のカギなのかと。その辺りを幹部メンバーを中心に築いていきたいなと。」

 

と、現時点でのコングロマリットディスカウントに対する、私なりの回答を一応書いときました。

あと、今日は給料日だし、ポエマーにぴったりの天気で気分がいいのでポエっときます。

出会いと別れの春ですね。
出会った時点でいつか別れがくる
だからこそ、この出会いを大切に。
また、別れた先でもいい出会いがありますように。


ぶくろ

 

御社の強みは何ですか?

テーマ:

こんにちは。
 

東京カレンダー面白いですね。

毎日、浴槽につかりながら愛読してます。

 

個人的にはよく西麻布で見かける

港区おじさんがお気に入りですかね。

 

当社の阿部のおきには無難戦隊MARCHマンらしく、

登場する中央大学卒、阿部ユキオの動向が気になってるらしいです。

※ちなみに当社の阿部も中央大卒w

 

えっと、だいぶ話それましたが

 

よく

「御社の強みは何ですか?」
と聞かれる事があります。

うーん。
事業推進力です。
営業力です。

開発力です。

 

とか色々あるかと思いますが

 

当社の場合、

「人材開発力」

になります。

と言いたいのですが、
これから人材開発力が強みと言える組織をつくっていこうと思います。

 

人材開発力を強みにする理由として

 

・時代の先読みが難しい。

・今提供してるサービスに固執しない。

 

この2点が背景にあります。

 

色んなWebサービスが存在し、去年の流行りが

今年は通用しない、まるでR‐1で優勝した一発屋の芸人みないな

スピード感で物事が進んでいる気がしてて

過去の実績の延長戦で未来を創ることが難しい時代になったなと。

なので、今の仕事に固執する事が危険だと思ってます。

人物像的にも
スペシャリストの集団よりも、マルチ集団。

スペシャリストは外注、マルチは内製って感じですかね。

この考えが根底にあるが故に
「社内転職」を定期的に実施していきたいと考えてます。

当社は準備事業を含めると8つの事業があります。

1)フランチャイズ比較サイト
2)クレジットカード比較サイト
3)不動産会社比較サイト
4)育毛メディア事業
5)リラクゼーション事業
6)育児向けYoutuber事業
7)ネット通販事業
8)広告代理業
 

それなりの実績を残したタイミングで
次の事業にチャレンジし、新しい知識と経験を積んでもらいます。

その為にも事業の横軸展開は大事だと考えてます。

選択と集中って言葉がありますが
今の当社は選択よりも選択肢の方が重要という事。

その為には、利益を稼ぐ必要があり
得た利益で事業をつくり、社内転職を繰り返す事により
どこでも活躍できる人材を開発していきます。


という事で、御社の強みは?
聞かれたら「人材開発力です。」
とお答えしますので宜しくお願いします。

 

【2年分やる】

テーマ:
こんにちは。

改めて、Idealinkも
無事、2期目を迎える事ができました。


取引先、加盟店・関係者の皆様
本当に有難うございました。


先日、総会を実施し
下期(8~1月)の振り返り、2期の事業計画とテーマを発表しました。

年末から今日までの道のりは長く、そして濃く。

10月に実施したIFEで全力疾走し、
ぬけがら症候群になってた期末に
傾斜マックスな成長目標を設定した第2期の予算。
 
そして、
 
今期のテーマは、ずばり

【2年分やる】
 
でございます。

あ!、ブラック企業のニオイがプンプンするこのテーマ。

一応、意味がありまして


パワープレイで2年分やるのではなく

2年分の成果がでるビジネスにチャレンジしようぜっ。

という意味です。

あと、
最近、引継ぎで遅いメンバーも居ますが
基本的にみんな定時の18時30分で退社してます。

今期も基本定時退社で、
どんなに遅くても20時にはオフィスを出てもらいたいと考えてます。


限られた時間の中で
「2年分やる」をチャレンジする事に意味があるのかと。

また、社内の組織も新体制で挑みます。

1)役員の就任
阿部俊介
執行役員 → 取締役 

昨年、7月に参画した阿部ですが
人材育成力や、事業収益化の貢献もあり

更に当社を成長させるエンジンとして取締役に就任しました。


2)異動
■取締役 丹野博貴 
フランチャイズ事業部 責任者 → リラクゼーション事業部 責任者

分社化前も含めると約5年。フランチャイズ事業を大きく飛躍させた立役者。
主に営業面で約7割の顧客は彼が担当しており、
今回の異動は会社にとって大きな決断でもあります。

ですが、長期的な会社の成長を考えると
後任にポストを譲り、新しいフィールドで挑戦する事により組織が強くなると思ってます。

次のフィールドはリラクゼーション事業部で運営してるストレッチアップ
現在6店舗でようやく、本格的にフランチャイズ展開ができる準備が整いました。
今期20店舗、来期40店舗を必達してもらいます。いやします。

■執行役員 尾上AKIRA
経営管理部 → 経営管理部 兼 営業推進

会社の要、管理部門の責任者で、今回異動という訳ではないのですが
全事業を横断する営業サポート的な営業推進業務も担ってもらいます。

※豆まき でアフロの司会が彼です。
■盛ふみ代
フランチャイズ事業部 チーフ

フランチャイズ事業部 マネージャー 兼 2代目広報部長

チーフからマネージャーに飛級の昇格です。
この2月から丹野の後任として、フランチャイズ事業部の責任者として担ってもらいます。

昨年末に導入した、評価制度での定量・定性評価でも社内でNO.1で、
前期の通年MVPも彼女になります。

ネット広告の営業からWebサイトのディレクターと経験を重ね。
当社の基幹事業でもあるフランチャイズ事業部の責任者としてチャレンジしてもらいます。

※あと、ちゃんこ という名前で広報ブログを書いてるのも彼女。


という事で、第2期も【2年分やる】というテーマのもとベストを尽くします。

引き続き、Idealinkを宜しくお願いします。

(あ、書き忘れましたが、下期のMVPは鈴木 峻太でした。)
 
こんにちは。

最近、めっぽう寒いですね。
健康診断でギリギリのC判定で、おなかもポチャっとしてきたので
そろそろ、身体を絞ろうと思ってます。
 
昨晩も、仕事を終え、トレーニングをしに
GYMに向かう途中、から揚げBARに寄り道してやりました。

カロリーを消費するつもりが、摂取するという
思考と行動が一致してないやつ。
理想と現実ってやつですね。

話は本題になりますが
Idealinkも来週から第2期に突入します。
年末ぐらいから、方針、人事、予算。ミッションなど色々考えて
各所からもヒアリングし、顧問にも相談し、
役員会議でもんで。さらにもんで。

という作業をずーと、繰り返した結果
ようやく、方針が固まりました。

もちろん、社内もソワソワしてます。
ですが、これもあと数日で終わりです。
 
2/1からは
会社の方向性と全員の役割を浸透させ
実行するのみ、チャレンジするのみ。
 
詳しくは、また書きますが
来期予算は、今期のほぼ倍で設定してます。

だだ
 
「お金を稼ぐ為だけに仕事はしない。」
 
理想の組織、環境を追及しつづける為に
お金というツールをとことん刈り取りに行くだけ。
 
事業計画の中で
から揚げBarに寄り道しないように
思考と行動を一致させる事に注力したいと思う。
 
ラスト4日、第1期の終了のホイッスルが鳴るまで
気を抜かないように、準備する。
 
引き続き、Idealinkを宜しくお願いします。
 

今年の抱負。

テーマ:

新年明けましておめでとうございます。

皆さま、本年も何卒宜しくお願いします。
 
この時期は新年度の目標設定と同じぐらい
大切にしてる事があり
 
昨年度の年始に立てた目標をクリア出来たのか?
ちゃんと毎年成長してるのか?
言い訳してないか?
 
そう、昨年の答え合わせを自問自答し、凹む時期でもあります。笑
 
うちは公開企業でもなんでもないので、公表しますが昨年度はこんな感じでした。
 
・分社化を成立させる。
・IFEを失敗させない。
・新会社を軌道にのせる。
 
社内でもテーマは「死なない事」と
グロッキーであり、会社のテーマとしては如何なものかと思われつつも、メンバーに伝えてました。
 
そういう意味で言えば、2016年は上手くいった年だったのかと振り返ってみて思います。
 
上手くいったという意味は同じ目標に対して、皆んなが同じ理解をし行動に移し成果を得た事かと。
 
何事もやらないで後悔するよりも、いや、今やらない、やれない理由を挙げて愚痴るよりも、やる理由、方法を探して行動した方が何倍も楽しいし、成長出来て学べると思う。
 
なので、今年も行動ありきの1年にしたいと思う。
 
今年の目標は
①「次世代のリーダー育成・抜擢」
②「既存事業の収益ポイントの見直し、改革」
③「拡大出来る事業は迷わず伸ばす」
④「2016新規事業の大幅な利益貢献」
⑤「役員を筆頭に新規事業の創出」
⑥「仕事と成長を楽しむ^ ^」
 
という事で、2017年もどうぞ宜しくお願いします。

お祭り

テーマ:

こんばんは。

 

 

えーと。と言いますか

やっと。と言いますか。

ほっと。とも言えますね。

 

 

 

おかげ様で10/18・19に開催した

International Franchise Expo Japan2016

(フランチャイズEXPO)を無事終える事ができました。

 

 

 

まず、国内・海外ともにご出展頂いた企業様

スポンサード頂いた企業様、心からお礼申し上げます。

 

 

 

有難うございました。

 

 

 

次に、日本フランチャイズチェーン協会ならびに米国大使館 商務部はじめ、運営サポートいただいた様々な企業様にも心より感謝申し上げます。

 

 

イベント終了後は、経験したことのない、達成感や疲労感。


そして、少しの喪失感を感じつつ、少しずつ平常心を取り戻しつつあります。

 

 

今回、我々は


「インターナショナルなフランチャイズ展示会を日本で初めて実施します!」

 

と業界では前例のないイベントを宣言しました。

 

海外企業を複数呼び、多数出展させるということです。

 

 

ん?どうした?

 

夢?

 

と思った方、リアルに多かったと思います。

 

 

まさに、言うは易く行うは難しで、最初は誰も相手にしてくれず、信じてさえくれませんでした。

もちろん、出展なんてもっての他。

 

 

それもそのはず、業界最大手の

日本経済新聞社が33年かけても実施できなかったことだし。

無謀すぎる挑戦というか、バカというか。笑

 

 

理想なき経済に意味があるのか、とは言うものの

経済なき理想はただの寝言なわけ。

 

 

そんな、状況下でいろんな問題がありました。

(沢山ありすぎるので、箇条書きで失礼w)

 


・分社化でイベントどころじゃない。

・人員の離脱。

・スケジュールが決まらない。

・ぜんぜんブースが売れない。
・てか、海外なんてもっと売れない。
・そもそも、本当に海外から来るの疑惑。

・あっ英語喋れなかった。
・着地予算も大幅マイナス。

 

 

何回もハゲルなこれ。と思ったし

とりあえず西麻布でシャンパン飲んでました。

 

 

ただ、イベントが近づくにつれ

会社全体が、徐々に危機感をもちはじめ

 

いつかの全体MTGで

 

 

「今、足りないのは祭り感だと思います!」

 

「日本で初めて実施するのに、当事者の我々が楽しんでない!」

 

 

 

とある、社員が全体会議で発言し

そのタイミングから、みんな変わった気がします。

 

 

 

結果的に過去最大の出展数と集客数。

 

もちろん、海外からもアメリカ・イタリア・台湾から計20ブランド誘致でき。

 

 

収益も赤字にならなくてすみました。

 

 

しきりに「やりきる」と社内で連呼してましたが

 

 

丹野を筆頭に、本当にやりきったメンバーを心から誇りに思います。

 

 

 

今回の経験で得たものは

 

 

後発組は、どこかのタイミングで

同じ事をやらない。

と言うことに確証を持てたこと。

 

 

マーケットの中には、

業界を創出したプレイヤーがいて、

そのプレイヤーを目指して様々な企業が参入します。

要は後発組ってやつです。

 

 

 

我々のフランチャイズ事業もまさに後発組で

競合がやってるから

売上とれるから

など様々な理由でTopプレーヤーと競ってきました。

 

 

ただ、数年やって気づいたこと。

 

 

相手も全力で走って

人員も資金力でも、勝ち目はない。

 

 

あれっ!?

全然、勝てねーなコレ。ってやつ。

 

 

要は、同じことをやってても

前には進むけど、前は抜けない。という事。

 

 

 

 

 

今、やっとスタートラインに立てました。

前進するのか後退するのか、これからが本当の勝負が始まります。

 

 

そして、次に

 

 

定額制のストレッチ専門店「ストレッチアップ」もそう。

今回の「フランチャイズEXPO」もそう。

 

同じことをやらないポリシーで「日本初」を創ってきました。

 

 

今後、不動産メディアも金融メディアも

然るべきタイミングで今回の経験を活かしていきたいと考えてます。

 

 

引き続き、Idealinkを宜しくお願いします。

 

International Franchise Expo JAPAN 2016

テーマ:

みなさん、こんにちは。

 

いよいよ、来月18・19日に差し迫った国際フランチャイズイベント


International Franchise Expo JAPAN 2016」を

東京フォーラムで主催者として開催致します。

 

※国内では「フランチャイズEXPO2016」と表記。

 

海外からフィットネスチェーンやコーヒーチェーン等

日本にまだ上陸していない約20ブランドが来日します。


Japanese people Nice to meet you.!!マイク

 

勿論、コンビニ始め国内の有力フランチャイズ本部さんも

約50社ほど出展いただきます。

詳細はこちら

 

思い返せば、2014年の秋に開催した

フランチャイズのイベントで、とある来場者からの一言。

 

「このイベントって、〇〇(←同業)が主催してるイベントですよね?」

と。

「いえ、違います。」

とお応えすると

 

「なんだ、主催者が違うだけで出展者は同じか。面白くないから帰る。」

 

と。

 

この一言が

 

一番大切な、来場者に目を背けていたことに気づきました。

 

 

イベント終了後、海外の情報をあさり、

コネなし、アポなし、もちろん英語Levelは・・・・。

 

 

という状況でアメリカはLA、NY、シカゴ、サンディエゴ、フェニックス。

アジアはシンガポール、フィリピン。

 

 

約2年間で世界を駆け巡って営業しました。

 


結果的に日本フランチャイズチェーン協会からも

日経FCショー以外での後援は初というサポートもいただき

 

アメリカ大使館 商務部 からの協力もいただき

 

何より、Fujita氏をはじめ素敵なパートナーとも出会い

言葉の壁に躓きながらも、手伝ってくれる仲間もふえ

 

もちろん、当社のスタッフ・関係者で

必死でイベントを成功させる為にラストスパートしてます。

 

いよいよ、あと20日で開演。


随時、情報をアップしていきますので、

皆さん、ぜひご参加ください。

 

よろしくお願いします。