葛西紀明ギネス5冠を達成!

テーマ:
ジャンプ界のレジェンドが“ギネス5冠”を達成した。ノルディックスキー・ジャンプ男子の葛西紀明(43)が持つ2つの記録が「ギネス世界記録」に認定されることが28日、分かった。所属先の土屋ホームが発表したもので、今回認められるのは488試合(6日時点)を数える「W杯個人最多出場」と、12度(15年2月28日時点)を誇る「ノルディックスキー世界選手権ジャンプ部門最多出場」だ。メダルメダルメダルメダルメダル

葛西は14年3月に「W杯最年長優勝」「冬季五輪7大会連続最多出場」「冬季五輪スキージャンプ最年長メダリスト」の3つがギネスに認定されており、個人で合計5つの「世界記録」を持つことになる。サッカーでは中山雅史(JFL沼津)が2部門、野球ではヤンキース・田中将大が3部門で認定されているが、一人で5部門も認定されるのは、まさにレジェンド級だ。

年齢を重ねてもパフォーマンスは衰えるどころか進化している。昨年末のW杯エンゲルベルク大会(スイス)では3位に入り、自身の持つW杯最年長表彰台記録を43歳6か月に更新した。15日のフライング世界選手権(オーストリア・バートミッテルンドルフ)では1回目で日本歴代最長不倒に並ぶ240・5メートルをマークするなど圧巻の飛距離で存在感を示し続けている。贈呈式は31日のW杯札幌大会終了後、大倉山ジャンプ競技場で行われる。13日に死去した妹の前川久美子さん(享年38)にも、うれしい報告ができそうだ。

◆日本スポーツ界の主なギネス記録

▽中山雅史(サッカー) 「4試合連続ハットトリック」「試合開始3分15秒で最短ハットトリック(00年2月16日アジア杯予選ブルネイ戦)」の2部門。

▽内村航平(体操) 世界選手権と五輪の体操男子個人総合で6度の世界一。

▽吉田沙保里(レスリング) 世界大会15連覇。

▽田中将大(野球) 「開幕24連勝」「連続シーズン28連勝」「ポストシーズンを含めた30連勝」の3部門。

▽イチロー(同) 「年間最多安打262本」「10シーズン連続200安打」「米球宴史上初ランニングホームラン」など。

▽石川遼(ゴルフ) 「2010年中日クラウンズで男子ツアー史上最少スコアの58」「15歳245日で男子プロツアー最年少優勝」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160128-00000142-sph-spo

さすがレジェンド葛西!葛西紀明ギネス5冠達成!!
AD