鹿耳ずきん

アントラーズの勝利が観たくって、スタジアムに通う日々。Like a Rolling Ball. 


テーマ:

●第21節 神戸vs鹿島 1−2

 得点:夢生2

 

ダゾーン観戦。

おや、ダゾーン画質がちょっと良くなった?と思いながら見始めたらカクカクがいつもより頻繁でしかもココ!ってところで画像が止まって3秒後の世界に飛ぶのほんとやめて欲しい。心臓止まるわ。勝ったからいいもののこれで勝ってなかったら鹿耳絶対キレてるんダゾーン。

 

それにしても前半はきつかったですなあ。がまん我慢ガマン。よく耐えたよ。ソガもよくがんばった。こういう試合は後半にペースを握れるのが最近のアントラーズだと思うんだけど、後半開始早々にコーナーキックから失点。ぐぬう。ソガが前に出ていたのに触れなくて無人のゴールに叩き込まれてしまった。マークは植田かな? 

 

そこで優磨の投入だ。57分とちょっと早めの投入だった理由は、連戦の聖真の疲労と先制されたのと両方だったのかな。そして、夢生が倒されてもらったFK。レオが前方の優磨にグラウンダーのボールを出す。優磨が一人はずして縦に持ち込み中へマイナスのクロス→充孝がダイレクトで落としたスペースに走り込んだ夢生の見事なシュート。流れるようなコンビプレー。くゎー! たまんねー!同点。

 

同点になって神戸が勢いを増してくるかなと思ったらそうでもなく、逆にアントラーズが押し込む時間が長くなって、同時に徐々に神戸の足が止まっていきました。そこへ、安部。くぅーっ! 大岩監督、いけずやわー(相手にとってな)。今日も良かったですなあ安部。しかし2点目はレアンドロからでした。レアンドロ、前半の警告もらったシーンはヤバかった(ファウルそのものより、その後の頭突きっぽいのは赤でも文句は言えないでしょ。あれは反省せんとあかんよ)けど、あのスルーパスは見事でした。股抜きでスルーパスってw しかも夢生のギリギリの抜け出し!

 

この試合、夢生は何度も何度もギリギリでオフサイドになって、それでも諦めずに裏を狙ってスプリントし続けた結果のあのオンサイドですよ。あとは1対1のGKをしっかりかわしてゴールに流し込む。夏の夜の快感ですなあ…!

 

一体いくら積んだのか知らんが、夢生に揺さぶりをかけてきたお金持ちクラブに、夢生が「俺はこのクラブでしかできないことをやります」って言ってくれたようで、嬉しかったです。いや全くの想像ですけど。

 

たくましい逆転勝ち。これで好調鬼木川崎に立ち向かう。首位には立ったけど、チャレンジャーのつもりで戦って欲しい。もう5敗しちゃってるもんで、今季は1つも負けられんのです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

鹿耳さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。