世界のお手本になる政治を目指して。


皆さんは政治に興味がありますか?
僕は以前は全く興味が無かったのですが、
これだけテレビで、日本の借金が約1000兆円だの、
年間約40兆ペースで、

借金が膨らんでいるなどと言われれば、
否が応でも、財政が気になってしまう。
この国本当に大丈夫!?
会社をフォローしている場合か?
と本気で考えてしまう。




1、国会の主な仕事として、

  立法と予算案の審議があるが
  今回は特に国家予算について

  物申したいと思います。


    まず、普通に考えて、毎年少しでも財政黒字を

出せるようにしなければ、

    いずれ国が破綻するのは

間違いないでしょう?


    不透明な財政の歳入歳出を完全に誰でも

インターネットで確認できるようにするべきだ!

    例えば、
       
        平成23年 公共事業関係費 詳細 
   
    とネットで検索すれば、 どこの地方のどの会社に

どういう目的で支払われたか。
    そして、公的資金が投入された会社等には

必ずメールか電話で対応できる人間を

    実名入で載せる。
    もちろん、ちゃんと詳細まで使い道をホームページに

    載せれば、かかってくる電話なんて、

    ほとんどないだろう。


   数年前とちがい、ワードプレス等を使って

    素人がプロ顔負けのブログをつくれる時代だ。
    もちろん、無料で。



次に歳入についてもそうだ。


    どこの会社で従業員何名の会社の消費税、所得税、

    住民税がいくら集まったかをすぐに見れるようにする。

    これが、進むだけでもかなりの膿はでるだろう。



1、次に選挙について。
  
    皆さんは今の選挙1回で税金が

    いくら使われてるかご存知でしょうか?
    45回衆議院選挙(2009年)に

    かかった費用は602億円です。


    
    ヒラの国会議員一人維持するために

    年間6400万円以上の税金が、
    直接費だけで必要とされている。
    この額は基本的に、

    衆議院でも参議院でも同じ。
    現在衆議院議員は480人

   、参議院議員は247人が定数。
    合計727人に、これだけの額が

    支払われているというわけだ。
    6400万円×727人イコール465億円!!
    この額には、国会を維持する為の事務方賃金、

    設備費、さらには大臣、議長等の役職加算、
    役職者に提供される運転手付きの

    車等の費用は一切含まれていない。


  
    
1、いよいよ本題にはいります。
  実はこの、年間1兆以上にもなる無駄な税金も、

  ほとんど使わずにできる政治手法がある。

    
    今の政治では全員が選挙権を持っている。
    これは本当は平等でしょうか?
    なんの知識もなく、会社の命令や宗教的立場から、
    1票を投じる者もすくなくない。
    結果が今の政治を生んでいる。

    
    将来的なベストな形としては

    ”国民が一丸となる政治”です。
    まず、選挙というものは全く必要ない。
    
    例えば、「平成25年 国会テスト」なるものを作り、
    立法と予算について最低限の知識のテストを

    ネット上で行う。
    受かった者がネット国会に出席できる権利を持つ。
    
    (毎年変わる国会テスト作成委員の数名と

     ネットのプログラマーには少しお金を渡してもいいかもしれない。)

    別に本人であれば、何回かテストも受けられるようにしようかな?
    
    そんな感じで何月何日の何時から「平成23年

    公共事業関係費」についての予算案を開催するという感じで、

    参加出来る人で決めればよい。
    常に全体が透明で見えるようにしておくだけで

   、実際出席していなくても、
    監視だけしていれば、より良い政治になってくるのは間違いない。
    そして、誰もが見える透明な政治が作り上げられていく。



1、そうなるための第一歩として・・・
    

    衆議院総選挙はそう遠くないうちに行われるでしょう。
    そこに、無所属の会から僕と一緒に立候補してくれる人間と
    投票してくれる仲間をこの場でつのります。
    そして、狙うは衆議院320議席。


    

    もちろん、320議席に至るまでは

    地道に選挙活動をしなければいけない。
    そして、党員になってくれる人は最初に契約していただく。
    年間6400万もの税金が振込まれる議員としてのお給料の口座は
    党で管理し、個人に行き着くのは600万あれば充分でしょう。
    そして、その後の党の活動費として400万は党が管理する。
    もちろん党員なら誰でも党の資金状況を見れるようにする。
    (そして、一刻も早い320議席を目指し、

     お金のかからない政治に透明な政治を目指す!!)
    残りの5400万円は、やはり、国民の血税なので国民に返す!!
    
    議席が増えるほど、政治の透明感は増し、

    政治にお金もかからなくなる。
    問題は320議席獲得したあとの党員の将来ですね。
    少ない給料ですが、切り崩して貯金して、

    将来に備えるしかないです。
    よろしくお願いします。



    党名は世界一透明な党(仮名)でいこうかな・・・
   
   
    
                                 


    あくまでも、素人意見の段階です。

 

    日本財政が早く黒字になりますように。☆彡



AD