女性起業家育成レッスン!起業や独立開業のノウハウが学べる講座

女性の起業、経営を支援している女性起業家コンサルタント辻朋子のブログです。女性が起業で、自由な働き方と経済的自立を手に入れる方法をお伝えしています。


テーマ:

 【9月9日開催】起業の夢を1年後に実現するためのスケジュールの立て方と準備の仕方

 

こんにちは。辻朋子です。

 

起業の準備を確実に効率的に行う方法があります。

 

それは、開業日を先に決めて、逆算してスケジュールを立てることです。

 

そうすれば、モチベーションを維持しながら、集中して準備に取り組むことができます。

 

 

起業の準備期間を1年と決めて、取り組み、開業を果たした方からのメッセージをご紹介します。

 

開業の届けを提出してきました。

これで私も胸を張って起業家です、と名乗れます。

先生からのご指導のもと開業日を先に決めて良かったです。

準備期間を1年として取り組んできて本当に良かったと思っています。

もしそれよりも短ければ準備不足のままビジネスを始めてしまったと思いますし、長ければ逆にモチベーションが保てずに途中で挫折してしまったかもしれません。

1年という期間は先生が仰せの通りちょうど良かったと強く感じています。

それが正しかったかどうかはこれからのビジネスの行方次第ですがでも私自身は満足です。

最初にゴールを決めてそこに向かってプロセスを考えながら計画を立てるという発想はこれからのビジネスにも必要な事だと思っています。

先生はそのことも私に教えたかったに違いないと捉えています。

これからが本番です。

でも私には自信みたいなものもあります。

1年間しっかり準備をしてきたからです。

起業を実現できたことは先生のおかげです。

本当に本当にありがとうございます。

あとは悔いの無いようビジネスをやるだけです。感謝

 

やっと起業が実現できて友人に対する面目も立ちました。

私は前に一度起業にトライしようと思った時期がありました。

家族や友人にも宣言をして意気揚々としていたのですが…

そこで立ち止まってしまい何を準備することもなく私の起業の夢は立ち消えになりました。

同僚から「いつ退職するの?」と言われたときには恥ずかしくやるせない気持ちでした。

あれだけ宣言してまったく前に進まない自分に嫌気も覚えました。

それから数年が経ち、年齢的にも最後のチャンスだと考え先生にコンサルをお願いすることにしました。

先生に「開業日はいつにする?2年以上先にするのはやめようね」と言われその理由を聞き納得しました。

2年も気持ちを持たすことは厳しいと私自身も感じましたし、その間に両親の健康状態も変化すると思ったからです。

準備期間の1年間はあっという間でした。

でも先生に助言をいただきながらスケジュールを組み、常に見直しながらやるべきことをやったので「私にもやれる」という自信みたいなものが芽生えました。

これからが本番です。

でもこうしてスタートラインに立てたのは準備期間を先に決めてしまったからです。

先生にはお礼を言っても言い尽くせません。

本当にありがとうございます。

 

 

起業の夢が叶いました。

自分らしく生涯現役で働くという目標に向けて大きく一歩踏み出せました。

会社勤めをしながら起業の準備は正直きびしかったです。

週末に頑張ろうと思っても家族のこともあったりしてなかなか集中できず思うように進められずにいました。

先生と出会ったのをきっかけに考え方を一変しました。

起業する日を1年後と決めてから、何をすればいいのか?それをいつまでに終わらせなければならないのかが明確になり集中できて効率よく進めることができました。

それまでは仕事が忙しいと疲れてしまい身動きが取れませんでしたが「あと何日」の文字を見る度に疲れも忘れてしまい気合いが入りました。

これからも続けようと思っているのは常にゴールを決めてしまってそこに向けてスケジュールを立てることです。

そうすればモチベーションが維持出来て頑張れることがわかったからです。

これから頑張ります。

 

起業をして、ビジネスをスタートするには、事前の準備が必要です。

 

しかし、起業の準備に「準備万端」はありません。

 

だから、やみくもに準備をするのではなく、きちんと期間を決めて取り組んだ方が、無駄なく、効率的に、起業が確実に実現できます。

 

そこで私は起業に向けて準備をスタートするメンバーさんに、準備期間を1年に設定しましょう、とお話しをします。

 

もちろん、起業ネタが決まっていることが前提です。

 

期間を1年と決めてしまうことで、準備に集中できて、忙しい中にも時間をつくって頑張ることが出来るからです。

 

期間が長すぎると、途中でモチベーションが下がってしまったり、「私、本当に起業できるのかな?」と不安になってしまうこともありますからね。

 

また、女性の起業に大きく影響するのが、周りを取り巻く環境の変化です。

 

例えば、年齢による体力、家族の状況の変化など。

 

そういうことも想定した上で、起業のタイミングを選ぶことが大切です。

 

開業日を1年後と決めて、起業の準備に取り組んでいる方からのメッセージです。

 

お世話になります。

今回こそは開業までこぎつける自信が出てきました。

これまでにも過去起業を夢見て奮闘した時期がありました。

でも仕事の忙しさと家庭の両立をしながらの準備が私には無理でした。

でもこのまま諦めて人生に悔いを残すのはいやだと思い先生にご指導いただこうと決意しました。

最初先生から、1年後の今日を開業日に決めるのはいかがですか?と言われ一瞬ビックリしました。

でも理由を聞いて、私が起業を実現するにはこれしかない、と確信が持てました。

最初にスケジュールを組むことからスタートして途中、今も何度も軌道修正しながら進めています。

確実にぐんぐんと前に進んでいるのがわかります。

このままモチベーションを維持した状態で開業日を迎えられそうです。

この手法で私も夢が叶えられそうです。

先生よろしくお願いします。

 

仕事の合間をぬって起業の準備は大変だなとつくづく感じています。

出社前の時間や週末を使って進めていますが、これもお尻(起業日)が決まっているからできることだと思います。

もしもゴールが決まっていなかったら、精神的に持ちませんし、体力にも自信がありません。

先生が目標設定が明確になれば、自分でモチベーションをコントロール出来るようになるよ、と言ってくださったことを実感しています。

本当にそうです。

自分らしく生涯現役で働くために、私は起業をします。

その目標に向かって、あと8ヶ月弱頑張ります。

 

起業をしようと思って3年が過ぎました。

いつまで経っても起業できない自分に嫌気が指してきました。

そんなときです。

先生のメルマガでコンサルを募集していたので飛び乗りました。

先生とのメールのやりとりで気付いたのは起業する日をはっきりと決めないからいつまでも起業が実現できないんだとわかりました。

先生の話では、準備期間があまり長いと気持ちが持たないとわかりました。

そしてやっと起業日を決め、そこに向けて計画を立てて1つずつ取り組んでいます。

先生にスケジュールをアドバイスいただきながら組んだので無理なく進めています。

ゴールが見えているのでやっていても楽しいです。

これで本当に起業できそうです。

 

 

先生から教えて頂いた「畳の上の水練」という言葉が私にはとても印象的でした。

どれだけ畳の上で泳ぎの練習をしても泳げるようにはならないこと。

泳ぎの練習は畳ではなく水の中でするものだと。

ハッとしました。

目が覚めた思いです。

これまで起業の準備とは名ばかりのことをして時間だけが過ぎました。

ここで奮起しようと思いました。

開業日を来年の4月1日に確定しました。

そこに向けてスケジュールの作成方法を具体的にご指導頂き今取り組んでいます。

途中の感想は確実に開業日に近づいているなということです。

それは日にちもそうですが準備、そして何よりも気持ちがです。

起業家になるという気持ちも少しずつ整いつつあるように思います。

これもゴールがあるからですね。先生。

先生の「勝負は、起業したあとだからね」と言って頂いたこともやる気の源になっています。

これからの私が楽しみです。

早く自分のビジネスをスタートさせたいです。

 

起業をする日を決めて良かったことがたくさんあります。

特に

・やることがはっきりした

・一つ一つに期限を決めることができた

モチベーションを維持しながら準備できるようになったことも大きいです。

スケジュールを決めたことで、迷うことがなくなりました。

常に自分の立ち位置がわかるのもいいです。

私が選んだビジネスは、起業前に何をしておくことが重要かもスケジューリングの中で明確になりました。

私の起業の動機は、仕事と家庭をそのときどきに応じてバランスを変えながら両立することです。

将来を考えるとそれが必要だと感じています。

起業をしたら一日も早く、それが可能となる環境を作りたいです。

先生が仕組み次第だよ、と言ってくださったので私も挑戦します。

 

自分の年齢を考えたら、いつまでもグズグズしていられないと思いました。

だから先生の1年の起業準備期間には共感しました。

そうやって期限を決めないともしかすると起業できないかもしれないと危機感を抱き始めました。

でもスケジュールを立ててしまったのであとはやるっきゃない、という感じです。

早く事業を始めて、働き方改革をしたいです。

両親のことを考えるとなるべく早く、自由な環境で、自由に仕事ができるように準備をしたいと思っています。

 

起業の準備に「完璧」はありません。

 

完璧かどうかは、ビジネスの結果でしか判断できないものです。

 

いくら起業の準備に時間をかけて満を持しても、成功が保証されるわけではありません。

 

ビジネスは、蓋を開けてみないとわからないことがたくさんありますし…。

 

起業をすることと、起業してビジネスを続けていくことは、全く別物なのですね。

 

だから、準備することよりも、早く実践の場に、つまりビジネスの世界に飛び込んだ方がいいのです。

 

そこからが勝負だから…。

 

とはいっても、パンプスとワンピースで山に登るのはあまりにも無謀すぎます。

 

山に登るにはそれなりの準備が必要です。

 

例えば、最低でも、スニーカーと歩きやすい服装は身につけておきたいですよね。

 

その方が、パンプスとワンピースで登山をするよりも、上手く山道を歩けますからね。

 

あなたも、1年後を開業日と設定して、スケジュールを立てて、起業の準備をスタートさせませんか?

 

1年間、と期限を決めることで、モチベーションが維持出来るので集中して準備が進められます。

 

ゴールがあれば、忙しさの中でも頑張ることができますよね。

 

起業の準備に時間をかけるのではなく、ビジネスそのものに時間をたっぷり使った方が、自分のスタイルがつくりやすくなります。

 

なぜなら、トライ&エラーを繰り返すことで、自分のビジネスの正解がみつかるからです。

 

このセミナーは、1年後の開業を叶えるためのスケジュールの立て方を具体的にお話ししますよ。

 

業種によって、なるべく早めに取り組んでおいた方がいいこともあります。

 

例えば、物品販売業で起業をする場合は、仕入れ先をしっかり確保することが必要です。

 

だから、仕入れ先は一日も早く探し始めた方がいいわけです。

 

それとか、店舗を持つビジネス。

 

例えば、サロンとかカフェなどをする場合は、物件の情報は早めに入手し始めることが必要です。

 

そして、物件をたくさん見ておくこと。

 

そうすれば、不動産を見る目も養えるし、相場もだんだんわかってきますからね。

 

あなたの開業を1年後に叶えるスケジュールの立て方と準備の仕方

 

開業日を設定して、モチベーションを維持しながら、無駄のない起業準備をしませんか?

 

そうすれば、起業を確実に実現できます。

 

開業日というゴールがあれば、そこに向かって、楽しく頑張ることができますよ!

 

・開催日時

9月9日(土)13時~15時

 

・場所

弊社セミナールーム (東銀座駅から徒歩3分)

〒104-0061 東京都中央区銀座2丁目12番12号 深山ビル5階 

 

 

・参加費

21600円(税込)

クレジットカード決済または、銀行振込みで承ります。

 

このセミナーは、8月9日(水)の夜8時のメルマガから募集を開始します。

セミナーの募集開始の情報をいち早く欲しいあなたはメルマガのご登録をオススメします。

ご登録はこちらです!

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

女性の起業や独立開業を支援!女性起業家コンサルタント辻朋子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります