しおりの妄想小説 ~嵐~

大好きな嵐さんの妄想小説を書いています。

NEW !
テーマ:






雅紀以外の人とするのは初めてだった。
ただ、触れるだけの優しいキスだったけれど…






〔ごめん…ズルイよな…〕






先輩に謝らせてしまった私。






こんなはずじゃなかった。






「あ…あの…私も…ごめんなさい…」






その場にいられなくて、つい私は…






「か、帰りますあせる






ガチャ…






バンっ!!






車から降り、勢い良くドアを閉め、自宅へと向かって走ったの。






最低…






こんな自分なんか大嫌い。






玄関のドアを開けると、そのまま自分の部屋へドタバタと階段を上った。






帰って来たの?ご飯は?って…珍しく私より先に帰って来ていたママが言ってくれたけど…






「いらないあせる






そう告げて自室に閉じこもる。






「っ…グスン…」






こんなはずじゃなかった。






もっとこう…






恋って…
楽しくて嬉しくて…
甘酸っぱくて…






両想いって…そういうことだって思ってた。






全然違うじゃん…






なんなら…片想いよりも全然苦しくて…






自分の弱さを思い知らされる。






雅紀…






私…






先輩とキスしちゃったよ…






こんな私…もう好きじゃない…?
嫌われちゃうかな…






「グスン…ひっく…」






前みたいに、何でもない会話で笑いたい。
バカみたいに何度も超好きって言ってもらいたい。






手を繋いで放課後はデートして…
私の部屋に入るなり急に抱き着いてきて…
ダメって言うのに雅紀の手は止まらなくて…
そういうイチャイチャも…






全部無くなったら…






嫌だよ…グスン






♪~♪~♪~♪






♪~♪~♪~♪






♪~♪~♪~♪






気が付くと、バックの中の携帯が鳴っていた。






今は泣きすぎて声もおかしいから…電話になんか出たくない。






♪~♪~♪~♪






♪~♪~♪~♪






誰とも話したくないのに…






♪~♪~♪~♪






♪~♪~♪~♪






♪~♪~♪~♪






鳴りやまない着信音に…一体誰…?って思って…
画面を見ると…






知らない番号。






嫌な予感がした。






「はい…」


[あ、もしもし?やだ、なんか酷い声。大丈夫?キャハハ]


「どちら様ですか?」


[あ、ごめんごめん、私♪すみれ♪]


「はっ?」






このタイミングで何故すみれ先輩が私に電話を?






[ねぇねぇ、なんかね、すみれ面白いもの見ちゃって♪]


「あの…ごめんなさい…今は先輩の話しにお付き合い出来る気分じゃなくて…」


[へぇ~そうなんだぁ。何で?何かあったの?]


「…」


[拓海先輩とチューしちゃったから?くす(笑)]


「えっ…あせる






何で…?






サーっと血の気が引いていくのがわかる。
全身に鳥肌が立った。






[そっか、そういうことかぁ~なんてね♪拓海先輩やるぅ♪あ、別にすみれが仕組んだわけじゃないからね?すみれ、拓海先輩に嫌われてるみたいだし。
偶然、たまたま見ちゃっただけだから~♪]


「あの…何が言いたいんですか?」


[ん?言いたいこと?そんなの決まってるじゃん?
雅紀ととっとと別れなさいよ!他の男とそういうことしておいていいわけないよね?]


「…」


[このことは雅紀も知ってるから。さっき写メ送ったし。じゃあ、そういうことで。]






プーッ…プーッ…プーッ…






一方的に切られた電話。






雅紀に写メって…






はぁ…






消えてなくなりたいよ…








AD
いいね!した人  |  コメント(27)

テーマ:






〔あいつら…そのあと手つないで消えたけどな…〕






その言葉を聞いてドキンと胸が大きく鳴った。
一瞬身体が固まる私。






「そ、そうですか…」






嫌だな、何で焦っているんだろう?
雅紀の言葉しか信じない。
他人の言葉を鵜呑みにしたって、いいことないのはわかっている。






ただ、今は…






色んなことが不安で…






やっぱり神様に試されているんだ。






「あ、あはは…あせるまぁ、きっと何か理由があると思うし…あせるねぇあせる






上手く笑えなくて…






手が震える。






〔すみれ、いい噂聞かないよな…〕


「…」


〔理由はわかんねーけど、相葉が乗り気ではないことは…あの様子見てりゃ俺でもわかるよ?〕


「…」


〔でもさ、やっぱ自分の彼女傷付けてまで…すみれなんかと付き合うの…俺には理解出来ない。〕


「…」


〔本気で好きなら、傷付けたらダメだろ?〕


「…」


〔俺なら…おまえを泣かせたりしねーのに…〕






ああ…






神様に試されているのはわかるのに…






今、優しい言葉をかけられたら…寄り掛かってしまいそうだよ…






「あはは…先輩、そんな深刻な顔しないでくださいあせる
全然、私大丈夫なんであせる
じゃあ、私行きますねあせる






車を降りようと助手席のドアに手をかけた次の瞬間…






ぐいっと肩を引き寄せられて…






「えっ…?先輩…?」






戸惑う私を力強く抱きしめる先輩。






ああ…






こんなはずじゃなかったのに…






〔俺じゃ…ダメ…?〕






って…






「あ…あの…ダメとかそういうんじゃ…あせる






うん、ダメとかそういうんじゃ全然なくて…
先輩はみんなの憧れだし、頭も良くて、スポーツ万能で、優しくて…
たぶん雅紀なんかより全然大人で…






だから、ダメとかじゃなくて…






「先輩には…迷惑かけられませんから…」






やばい…泣きそうだ…






〔迷惑…かけてよ…〕


「…グスン」


〔俺を…都合よく使えよ…〕


「…グスン」


〔泣きたい時は…胸貸すから…アイツの代わりでもいいからさ…〕






私は弱い…






神様から試されるのはわかっているのにね。






目の前の優しい言葉に…






ずっと我慢してきたことが…






ボロボロと剥がれ落ちる。






「うぅ…グスン…ひっく…」






止められない涙。






先輩は黙って背中をさすってくれた。






誰にも相談出来ずにいたから…






だから…






私の呼吸が少し落ち着いた頃…






私を抱きしめていた先輩の腕が解かれて…






「す、すみません…グスン」






先輩の右手が私の頬に触れる。






それから…






ゆっくりと…まるでスローモーションみたいに顔が近付いて来るのがわかって…






ああ…






キスされるんだぁ…って…






案外冷静に受け止められる私がいて…






だから…






その…






「せんぱ…っ…ン!」






私は先輩とキスをしたんだ…








AD
いいね!した人  |  コメント(31)

テーマ:






こんな時ほど…きっと神様から試されるに違いない。






「あ…」






いつも通りに講習を終え、塾から自宅へ帰ろうと…
塾の目の前には見慣れた人がいて…
きっと誰かと待ち合わせでもしているんだろうと、会釈だけして通り過ぎようとしたの。






でもね…






〔お~い♪ちょっと待ってよ!フフ〕






予想外に呼び止められて…






「えっ?あせる


〔スルーして行くとかナシでしょう?フフ〕


「だってあせる先輩、何か別の用事でここに来たんだと思ったしあせる


〔あなたに会いに来たんでしょうが。フフ〕


「そうなんですか…?あせる


〔そうなんです。フフ〕


「何で…?あせる






塾の目の前で私を待っていたという拓海先輩。






私に用事って…どんな?






「何ですか?」


〔ん?いや、ちょっと顔見たいなぁって。あ、ほら、あの海以来だったしね。フフ〕






私にとって、拓海先輩は単なる先輩で…だからこうしてばったり会って話をするくらい何でもないけど…






〔ちょっとそろそろさ、いいタイミングなんじゃないかなぁと思って。フフ〕


「…?」






頭に‘?’を浮かべたまま、結局のところ…






〔じゃあ、とりあえずどっか行こっか?フフ〕


「えっ、あっ!あせる


〔いいから♪ほら♪フフ〕






掴まれた腕をぐいぐい引かれて、断る余裕なんてなかった。
よくわからないけど、先輩だから、大丈夫って変な自信もあったし…






〔俺さぁ、車買ったんだよね。〕


「そうなんだ…」


〔だから、ちょっと付き合ってよ?ドライブ。家まで送るからさ。フフ〕


「はぁ。」






あんまり遅くならないようにと一応先輩には伝えたけど…






〔どうぞ♪〕


「あ、ありがとうございます…」






助手席のドアを開けてくれてエスコート。
車内は真新しい匂いがした。






〔助手席に女の子乗せたの初めて。フフ〕






少し遠回りしながら自宅まで送ってもらう車中。
先輩の大学での近況とか色々、それなりに話をした。






〔大学は?そのまま上がるの?〕


「まだ迷ってます。」


〔そっか。〕






何でもない会話をしているうちに自宅付近へとたどり着く。






「あ、この辺で…」






自宅近くの大通り。
車を路肩に停めてもらう。






「ありがとうございました。」


〔うん。こちらこそ、ドライブ付き合ってくれてありがと。〕


「じゃあ、また…」


〔うん。〕






私は助手席のドアに手をかけ車を降りようと…






〔あのさ…〕


「…?」


〔相葉とは…〕


「…?」


〔上手くいってる…?〕






突然聞かれて驚いた。






〔いや、あの海の日さ…俺、相葉とすみれが一緒にいるの見ちゃってさ…〕


「あ、それは…雅紀、バイトだったんですあせるすみれ先輩のおばあさんのペンションのお手伝いのバイトを…あせる






何で私が焦っているんだろう…?
何で私が雅紀の弁解をしているんだろう…?






〔昨日も…一緒にいたよ?〕


「昨日…?」


〔駅前で、バスケ部の仲間とみんなで一緒にいたの見かけたんだ…〕






みんなで…






部活のみんなもその場にいたんだ…
無意識に胸を撫で下ろし、ほっとしてる私がいた。






〔あいつら…そのあと手つないで消えたけどな…〕








*****


おはよー♪

あ、元気です私(^_^;)

色々あるけどね(笑)

ブログの記念日おめでとうをありがとうございましたm(__)m

お返事はまたいずれに。

やっぱり声をかけてくれたり、気にかけてくれるのは有り難いし嬉しい。

仲良しのお友だちにも忘れられてるからね(笑)

ホント、ありがとうございましたm(__)m

今日は前々から有給を取っていたのです。

ハードスケジュールからの解放と&精神的な休息が欲しくて、久々の平日休み。

今から一人で近距離恋愛観てきますドキドキ

キュンキュンしてくる!

色んなことをしばし忘れます(笑)


AD
いいね!した人  |  コメント(33)

[PR]気になるキーワード