終わりは次のステージへの通過点

マヤ暦って知っていますか?
私は昨年のちょうど今頃に知りました

詳しいわけでもなく
研究しているわけでもなく
使っているわけでもないのですが

あ、この出来事はそうなのかな?と
昨年、自分の身に起きたことと一致したのでした。


そしてまた、この時期にマヤ暦のことを目にします。

なぜか?を解説しますね。

マヤ暦は1年364日で1日余るそうです。
(詳細は省きます)

7月24日がマヤ暦の大晦日
7月26日がマヤ暦の新年

あれ?7月25日はどうするの?
というと、7月25日は余った1日、
時間を外した日として神に祈りを捧げる日なのだそうです。


つまり、一つのサイクルが終わり
次の新しいサイクルが始まる前の
内なるデトックスという感じでしょうかね。


さて、私自身、マヤ暦の新年と言われている
7月26日は終わりのようななスタートでした

大切な方が天国へ逝ってしまい
そのお見送りをしてきたのです。

こいうのって、スピリチュアルな例えかもしれないんだけど
でも、言われてみれば納得出来る話ってこともたまにあるものです。
不思議なことに。

信じる、信じないというよりも
そんな観点で読み続けてみてくださいね。


人の死って、肉体という姿カタチがなくなるだけで
魂はずっと巡り巡っているのだと、私は思います。

なぜなら、目を閉じて耳をすませば
他界した多くの人の声が聞こえませんか?
あの、同じ声、同じトーン、同じ話し方。

そして、表情も見えませんか?
温もりも感じませんか?

私はハッキリ聞こえます
見えます、感じます。

姿も形もないのに、ですよ。


つまり、肉体が終わっても
生きているのだと思うのです。

そう、あなたの内側に。
そう、外側がなくなっただけなのです。


>>ここからがキモですよ<<

執着を捨てられない人は
この外側ばかりを見ています

人の生死のことだけでなく
物や仕事や人間関係などにもいえます

自分の内側に深く深く向き合ってみると

実は、必要なものは全て揃っています。

足りないのは、決意と行動だけです。
決めて行動していけば、必要なものは現れてくるのです。


出来ない理由を並べ、
誰かにそれを証明したところで、
自分の人生は変わることはありません。


終わりは終わりでなく
外側の執着を手放し、次のステージへの通過点なのです。

手放すとうことは、終わりではなく通過点。
潔く手放した次のステージに立っている自分は
大切なものを内側にしっかりと蓄えて
パワーアップしています。

自分の中心が強くなりブレなくなります。


通過点の儀式に大粒の涙が必要な時もありますけどね・・



しかし、頭ではわかっていても
人は未知への恐怖を抱いていて
なかなか進めないのが事実。

だからこそ、小さな一歩、一歩が無理なら半歩でもいいから
前絵進めるように、その真理を知ってほしいなぁと
このメルマガを書き続けています

未知への恐怖は、慣れへの別れの恐怖です。
ね?
立ち止まっているあなたなは、どちらにしても恐怖を感じているだけなのです。


怖がらずに執着を手放し新しい自分サイクルへ入りましょう!

あなたがそうすることによって、
外側を失った人やモノでも
あなたの内側に永遠に生き続けます。

あなたの一歩を後押しする
メルマガ毎日配信しています! 登録はコチラ→


Dear My Moment!

{D6F7C805-105D-48B8-861C-7DC0B23DF5E9}


AD

あなたが居る場所の意味

テーマ:

【あなたが居る場所の意味】

今日もあなたはどこかに居ますね

会社かもしれない
自宅かもしれない
富士山かもしれない
電車の中かもしれない


それはどんな場所でしょうか?

実は、【場所】そのものには
あまり大きな意味はなくて

もっと視野を広げて見て欲しいのです

あなたの周りには誰がいますか?


今、ここに居なくても
この場所に関わった人は誰ですか?

今、ここに居なくても
この道路を作ってくれた人が居ます

今、ここに居なくても
お父さんの向こう側に祖父母が居ます

今、ここに居なくても
恋人の胸の向こうに、ご両親が居ます

今、ここに居なくても
子どもの未来に、果てしない人が居ます

今、ここに居なくても
苦労して会社を創業した人が居ます

今、ここに居なくても
特攻隊になって命を懸けて日本を守ろうとした人が居ます

今、ここに居なくても
この食材を作ってくれた人が居ます

それらを食べてあなたの身体はできています
そして未来へ繋がっていくのです

【場所】よりも【居場所】


居場所を知ると、自分が愛おしくなりますよ
自分の有限な時間をどう使おうかと考えるでしょう。


そんな事を知ってしまうと

出会う人、一人一人に意味が生まれる
出会う食材、一つ一つにもね


この瞬間の居場所を見てみよう
時間の消費者ではなく、時間の当事者になります

@写真は父親が作ったジャガイモ!
{3232F064-C85F-47FE-92C6-24709920267F}


そのジャガイモで作ったポテトサラダ!
お父さんの汗と想いが見えるよ
お父さんありがとう♪

{C0276F51-FDEB-4A0D-B8DB-5AFB4719F070}

{F2B99490-5D18-4DBA-BB56-D42D767B2992}




AD

またまたイベント立ち上げ遅くなりました!

お待たせしました
レストランでリアルに楽しく学ぶシリーズ

イベント詳細はコチラ→

今回は
牛込柳町の喰らってみやがれな三宅シェフです

平日の夜に開催してください!
というリクエストに応えました。

今年の夏も暑さが長引きそうですよ〜

夏はちょっとダルいよね
猛暑となると動けなくなる
食欲もないしちょっと痩せちゃうかも
毎年こうだから、仕方ないよね・・・
夏はスルーして食欲の秋を待とうぜ!



・・・って、ちょっと待ったーーーー
そんなそんな、スルーなんて夏が可哀想。


実は、夏こそ過ごし方次第で
食欲と体力向上できるのです!

しかも、食べて飲んで運動ナシ。
オマケに美容もついてきちゃう♪


そもそも、体力向上って何でしょうか?
ジムで頑張るの?
水泳で苦しむの?
食べ物を制限するの?
水分を取ればいいの?
クーラーつけて眠ればいいの?


その方法しかないでしょ・・・と思う人は
どうぞ過去の延長線上の夏をお過ごし下さい


食欲の秋を楽しもうと思ったら
夏の過ごし方がキモなのです!


仕事も遊びも食事も美味しく楽しく過ごすには
氣力だけでは限界がある!
体力という基本があって氣力が乗ってくるのです。


それに加えて毎年重なる年齢は正直。
しかし!年齢のハンデは体力で補えるのですよ!
今年こそは・・来年は・・・
と言っていたらだんだん手遅れになります。


食事面・メンタル面・身体面から
体力向上のメカニズムをレクチャーします。


あなたが学んで、ご家族みなさんで実践してもいいですよね!


秋までバテない体力向上基本のキ
東京・牛込柳町のレストランMで
喰らってみやがれな料理を食べながら
美味しく楽しくリアルに学びましょう


イベント詳細はコチラから→

店主の三宅シェフが作る
体力向上イベント特別メニューです♪

参加の方はfacebookのイベントページ→

または、info☆suekikumiko.com
までメールを送ってくださいね。(☆を@に変換して送ってください)


<日程・会場・会費>

日時:7月27日(水)

時間:19:00〜21:00頃予定

会費:7,000円(税込・飲料別)

参加者でイベントシェアをしてくれた方は6,500円

レストラン:レストランM(エム)

東京都新宿区市谷柳町41−2
エスバレー2F

都営大江戸線牛込柳町駅より徒歩2分

東口を出て、市谷柳町交差点を右折。
20m進んだ右側のビル2階です。


AD

音がするので寄ってみたら
東京都心で盆踊り(≧∇≦)
なんだかホッとする。


盆踊りが好きなんじゃなくて・・・
私が盆踊りに足を運んだ理由はね


盆踊りには父や母、
帰省していれば祖父母が一緒に行ってくれた。
そんな記憶が盆踊りに足を運ばせる


子どもの頃、踊りの輪に入って踊っていたら
日本手拭いをもらったっけ

それを祖父にあげたら綿菓子を買ってくれた
だから私は綿菓子が好きなんだ



えっ?
末木さん、そんな食べ物が好きなの?

フォアグラとかキャビアじゃないの?
と言われそう^_^



意外に思われる私の好きな食べ物は
幼少の頃の家族との想い出にある。



それが一般的な味覚として
美味しいのかどうかは分からない。


でも、家族がバラバラだった私の記憶には
一緒に食べる嬉しさ=美味しいとインプットされている。



だから綿菓子を食べていると
買ってくれたおじいさん
手をつないで歩いてくれたお父さん
そんなシーンが記憶に蘇ってくる、いつも。



私の田舎は8月がお盆。
今年も帰省したいなぁ・・15日がネックなんだよね
今年こそ迎え火か送り火、どちらかはしたいな。


{B00CF511-AE24-4250-B55F-ED93E617CE1F}


第38回Win-Win FOOD&WINEセミナー

テーマ:

7月14日(木)に
当社、マック・フーズで開催された
第38回 Win-Win FOOD&WINEセミナー

{09B3B021-D754-4082-8288-6215EDDA30DC}


そのテーマは・・・
秋までバテない!
バージョンアップな夏の食材


秋までバテないとは・・・?
食べるだけで自動的に身体に効く!

食欲が復活する!
楽しい企画ができる!
カンパイのハードルが下がる泡飲料!

そしてそして・・・
お料理をしたくなる!
そう、食べる側だけでなく
作ってみたい!とアクションを起こす
食材屋目線の料理が目白押し!


そう、飲食店も夏バテしている場合ではありませんよ
秋からスタードダッシュできるかどうかは
この夏の
助走にかかっています!


タイトルは派手ですが
内容は驚くほど地味で真面目で面白い。
ワクワクを発するセミナーですっ


おかげさまで、あれよあれよと超満員!
完全に定員オーバーびっくり
{8271BAD8-2761-4766-9AB6-39B7D2D2C84F}


今回は協力業者さんが応援に。
お陰様で盛り上がりました!

国産オリーブ・オリーブヌーヴォー
国産まっこり・きぬさら
日本のこだわり野菜・夏バージョン

食材の横顔も見ることができて
メニュー作りのヒントになりますね!

そしてそして・・・
N会長のレクチャーは

「えっ?そんな話までするんですかっ!」
と、私。
打ち合わせの時に、思わず唸ってしまいました。


食材を超えた内容です。

そうね食材の説明だけじゃつまらない。

今回は資料にはほとんど書いていません。
その場で繰り出す話に集中してもらうため。
{898F1097-A5BF-4EB7-A5CA-C222F9AC7B80}



私たち食材屋のマック・フーズが何を目指すか?

それは飲食店の皆さんの
360度まるまるまるっと全力サポートです

そうか!それじゃぁ使ってみよう!
そうだよな、よっし挑戦するぞ!
ごもっともだけど、忘れていたよ、
お客さんに喜んでもらう店つくりと料理をするぞ!

って、アクティブになる内容は
流石、N会長です。

N会長の視点は鋭く、いつも勉強になります。
{74DE5D57-063A-4D8B-8F6C-8A7FE58C4B73}



その後の、試食試飲・商談の時間は
温度の暑さではなく、活性化した熱気いっぱい。
異様な熱気でしたよ

料理もしちゃう、食材屋マック・フーズ!

{3702BCF7-E02A-45A0-B065-BF29DA12797B}



N会長の熱意を超越した熱量が感染したのでした!



あ、忘れていました、これを。
セミナー前の社員のお楽しみコーナー
N会長賄いのイベリコ豚カレーは
ううううううう・・・うまい!
ちゃんと夏バージョンになっていました
{86835ADD-02DA-4382-A1DA-338390D11D3E}


{DC1312DD-A7AB-45D0-ABDD-F8545AD58DA4}