とっ散らかった毎日にうんざりした人のスマイルヒント 東京 メンタルオーガナイズ・骨格診断

心の整理メンタルオーガナイズと、似合う服がわかる骨格診断 ファッションアドバイスと、自分にあった楽ちん片づけ術&インテリアをメインに、
女性がもっと楽に楽しく暮らすヒントをお伝えしています。
ライフオーガナイザー 美吉野みみ


テーマ:


以前に比べると、
だいぶ弱くなったなと思いますが、

ワタクシ、
焼酎でもウィスキーでもワインでもカクテルでも
酒なら何でも飲めますのよ(笑)


抱えこみすぎない暮らしをサポートします!
広島のライフオーガナイザー美吉野みみです。




まあ、甘いほうが好きなので、
自由にオーダーできるなら、
カクテルとか、梅酒とか、
ワインとかを選びますけどね。

うっすいお酒だと全然酔わないので(笑)
アルコール度数高めのお酒が好きです( ̄▽ ̄)


私の場合、お酒は、
ご褒美かヤケ酒かおつきあいにしているので(^_^;)
毎日は飲みませんが、

講座の日、片づけサポートにうかがった日の夜は、
ほぼ、飲んでますね(;´∀`)
おかげさまで最近酒量が増えております…


今日もまだ明るいうちからひとり酒(;´∀`)


アゲアゲ↑ここ数年、私が家で飲むのは、
90%ストロングゼロ。

アルコール度数が高くて
糖質ゼロなんですハート




…って、
おめーの酒事情なんて知るかよ!!!って
今、心の中で思っている、

日々いろいろな不調を抱えている皆様

関係あるかもしれませんのよ。




今日、
カウンセリングにうかがったお客様、

実は私、
メールでのやりとりの時点から、

「低血糖症」を疑っていました。



低血糖症とは、
血糖値が下がりすぎて、

体が思うように動かなくなる、
疲れやすくなる
ネガティブな考えばかりにとらわれてしまう、
イライラしたり、攻撃的になる


…という状態になったりするのです。



低血糖症になる理由は、
体質的な問題などいろいろあるのですが、


近年は、
炭水化物(糖質)メインの食事や、
砂糖を多く使った甘いものを沢山とること
で、

急激に血糖値が上がり、

今度はそれを正常値に下げるために、
インスリンが大量に出すぎて、
一気に血糖値が下がって低血糖症になるという
パターンが多くみられるようです。



まだまだ一般的ではありませんし、
お医者様すらそれを知らなかったりするようですが、

低血糖症を頻繁に起こしている方が、
その症状を、
うつ病や発達障害と診断されることもあるそうです。



低血糖って、
「飴なめれば治る」みたいに扱われることも多いけど、
実は結構重大なことなんじゃないかと、
私は思っています。



今日のお客様、
「自分がだらしないから、こうなるんだ(片づけられないんだ)」
ご自分を責める気持ちをお持ちでした。


勿論、片づけの習慣が身についていないことには、
「個人の特性」みたいなことは
影響しているのかもしれません。


でも、
「体がしんどい」とか
「重い」とか感じることには、

「意志の力」だけではないもの
あるのではないかと思うのです。



低血糖症の症状や原因をお見せして、
思い当たることがあるかも…とのことでしたので、

今日のお昼から、
血糖値を乱高下させない食事を
意識していただくようにいたしました。



私は、気になる時には、
お客様に
普段のお食事内容をお聞きします。


私の体感でしかないですが、

家の中が大変なことになっているお宅は、

炭水化物メインの、
低血糖症になりやすい食事を
本当にされているのです。




実は、昨日も、
別のお客様に低血糖症のことを
お伝えしたばかり。


こちらは2年前から
関わらせていただいているお客様で、

低血糖症になりやすそうなお食事が
以前から気がかりで
お伝えしてはいたのですが、


この夏、
ご自身もお子様も調子が悪くて
いつになくよろしくない状態に
なっていらっしゃるとのこと。


こちらも当てはまることが非常に多く、
「食事を気をつけます!」とおっしゃっていました。


私は栄養の専門家ではありませんし、
「その不調の原因は、絶対低血糖だ」と
言いきれるわけでもありません。


それでも私を信じて、
少しでも状況が変わるのなら…と、
素直に試してくださるお客様に感謝です。



夏は特に、
低血糖になりやすい季節だな…と

私は感じています。



夏って暑いから、
火を使うキッチンに
長時間立ちたくないし、

簡単な料理をつくりがち。


日本の風物詩なそうめんとかそばとか、
炭水化物だけドーンびっくりなメニューも増える。


ついついアイスとかも食べちゃうし。


結果、
元々低血糖を起こしやすいタイプの方は、
まんまと低血糖を起こして、

だるーいしんどーい動きたくなーい
やる気にならなーい…


みたいなこと、
すごーーーーーーくあるんじゃないかと思う。


(そういう食事でみんなが低血糖になるわけではありません)



どうしてそんなことを言うかというと、
実際に私が
低血糖を起こしていたからです!!




この夏、

「あああああ~~~~
低血糖の症状が出そうだな~」と

体から感じることが数回。

(本当はそう体から感じている時点で、
低血糖を起こし始めているのですが(^_^;))




そして、
私が汚部屋MAXで暮らしていた頃も、

考えてみれば
低血糖を頻繁に起こしていたと
容易に納得できる状態でした。


ひとり暮らしで
食事はいい加減になりがちだわ、

アルコールは浴びるように飲んでたわ、

生活は不規則で、
14時間ぶりの食事…とかやってるわ。


そもそも片づけの習慣自体がない上に、
低血糖状態で
エネルギー不足して体が動かないんだから、
家なんか片づけられないよね!!!



家がひどく散らかっている、
やりたいと思っててもできない…

そんな方の裏側に、
低血糖症がひそんでないかしら、と思います。




私が初めて異常と感じるほどの
低血糖症の症状が出たのは、

高校2年だか
3年だかの夏休みでした。


その日、
私は朝からベッドで
「僕の地球を守って」全23巻(笑)を読んでいて、

読んでも読んでも終わらないから、
ごはんを食べに起きるタイミングもなく、

空腹感は感じながらも
ずっとベッドにいました。


…ら、そのうち、

手は震え始めるわ、
脂汗はかきはじめるわ、
胃は気持ち悪くなるわで、

体の何かがおかしいと気が付いたのです。



その時は、
低血糖症だなんて知らなかったから

トイレにかけこんでみたり、
水飲んだり、
鎮痛剤飲んだり、
バナナ食べたりして、

結局、
バナナが効いて回復。


そういった明らかな
発作的な症状を起こすことは、
そう多くはありませんでしたが、


その当時のことを、
今振り返ると、

手の震えなどの異常までは出ていなくても、


疲れやすかったり、
やる気がなかったり、
イライラしたりキレやすかったり、

不安定なところがあったんですよ。
(私は元々心の問題を抱えていたので、そのせいだと思ってたけど)


転職したり、結婚したりの環境の変化がある度、
いまだに母から「ブチッとキレないようにね…」と言われます…。
どんだけキレる娘だと思ってんねん!( ゚Д゚)
(いや、実際キレることもありますんですが…はい…(;´∀`))




社会人になっても、
時々そういったあきらかな症状に見舞われることがあり、

経験から、
「ごはんを食べて大人しくしておいたら治る」
と認識していました。



それが「低血糖状態」だと知ったのは、
23歳とか24歳くらいじゃないかなー。


でもその頃は、
低血糖になったら
甘いもの食べろとか、ポカリを飲めみたいな
対処療法しか知らなくて、

私は20代の数年間、
バッグに必ず飴を持ち歩いていました。



低血糖症のメカニズムを理解したのも、
糖質摂取を減らすことで、
血糖値が乱高下しなくなることを知ったのも、

ほんの2年前ほど前。



一時期は
結構厳格に糖質制限をしていましたが、

今は甘いものも食べますし、
ゆるゆると、
糖質に「気を使う」くらい。


チェック(透過)タンパク質できるだけ多め
チェック(透過)野菜多め
チェック(透過)炭水化物控えめ
チェック(透過)砂糖極力控えめ


を心掛けています。


だから家で飲むアルコールも、
糖質オフのストロングゼロか、
まあワインですね。



私の体調は、
ここ数年で、体感できるほど
良くなっています。
(これについてはまた別記事で)



低血糖になっていた頃、
自分がそんな状態だとは
思いもよりませんでした。



ただ、
「私はイラッとしやすい女だ」
「片づけられない女だ」
「だらしない女だ」
「自制のきかない女だ」と思ってた。



確かに今でも
変な正義感でイラッとすることも多いし、
だらだらコントロールがきかないこともあるけどさ(笑)


あの当時の私の、
「自分自身への評価」が、
きっちり正しいものだったとは思わない。


そして、

低血糖が、
私の汚部屋暮らしの
諸悪の根源だったとは思わないけど、

汚部屋具合に拍車をかけていた、
少なからず影響されていた

認識しています。



家って本当に、
その人の状態が表れるんです。



心身共に健全であれば、
家に悩まされることは
少なくなると思う。



だから、
自分の心を整えることも大事。

そして、
体を整えることも大事なのです。



みんながみんなあてはまるわけじゃないけど、
食事や生活スタイルが元で、
低血糖症になってないか?


それがあなたの人生を、
余計苦しくさせていないか、


鑑みてほしいのです。



低血糖症について、
わかりやすい説明や対策が載っているなと
私が思う記事はこちらサゲサゲ↓



子どもの問題行動も低血糖が引き起こすことも…
大人に当てはめても勿論わかりやすいです!
リンク子どものトラブルの主役 低血糖

リンク長引くうつ病 機能性低血糖
(うつ対策のサイトだけど、実験1の簡単に食べられる食事がわかりやすい)

リンク低血糖症で不足する栄養素



低血糖も厳密には
いろいろな種類があるし、

原因もいろいろなので、
興味がある方は、
一度調べてみてくださいね!


楽になったらラッキー♪


いつも読みに来てくださってありがとうございますハート
ランキングに参加しています。1日1回クリックで10ポイントが入ります。
応援クリックしていただけると嬉しいです!!
サゲサゲ↓

        
にほんブログ村へ  参考に!ブログランキングへ 片づけヒント満載にほんブログ村へ  


とはいえ、「私はきっと、低血糖のせいで片づけられないんだ…」と
言い訳に使うのも、やっぱり違うと思うの。
自分がそうだと思うなら、ちゃんと食事から改善してくださいね。


◆サービスのご案内◆「年末までに片づけきる!おうちまるごと片づけパック」 
新年を整った家で気持ちよく迎えませんか? ★★詳細はこちら★★


◆セミナー・イベントのご案内◆「自宅キッチン収納見学お茶会」 
2015年9月2日(水)10:00~13:00 満席になりました! ★★詳細はこちら★★


「クローゼットをパワースポットに!クローゼットのオーガナイズ講座」 
(全3回)2015年9月16日(水)・
10月14日(水)・11月11日(水)
1回目2回目10:00~15:30 3回目10:00~13:00
 ★★詳細はこちら★★


【暮らしを整える習いごと 広島市・廿日市市近隣 
  スマイルヒント広島オーガナイズレッスン ライフオーガナイザー 美吉野みみ
  ◆お問合せフォーム
  ◆お電話でのお問い合わせ 080-2916-1543 (電話受付9時~18時)
  ◆原則として 日曜日は定休日とさせていただきます。


 

片付け関連記事が沢山集まっています!
サゲサゲ↓ 刺激をもらって頑張りましょうサゲサゲ↓
      
 おうちを片づけたい   収納・片付け

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

毎日をご機嫌に生きるお手伝い☆美吉野みみ☆東京さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります