乗り物が大好きな安田昌夫の旅行ブログは鉄道に乗る事が多いですが、今回私が紹介したいのは格安航空会社を使った遠方への旅行です。

格安航空会社は、成田・関西・那覇といった空港を拠点にしている格安で搭乗する事が出来る航空会社として人気が高まっており、近年では主要空港同士の便だけではなくて主要空港と地方空港を結ぶ路線が増えているのが特徴です。今回、安田昌夫は成田から九州のグルメを満喫したいと感じたので、平日に休みが取れた事から行きの早朝便と帰りの夜間便を予約して福岡県内の飲食店を巡りました。

早朝便は東京都心からアクセスバスを使った方が良いとの情報を得ていましたが、途中の渋滞はほとんどなくて快適かつ乗継がなくてとても便利な印象を受けました。とんこつラーメン・鉄鍋餃子・新鮮な魚介類・もつ鍋といった博多っ子が大好きなメニューを提供する飲食店を初日から数店舗訪れたところ、どの店もおいしいのはもちろんの事、活気があってリーズナブルな価格であった事が印象的でした。2日目も朝からラーメンを食べましたが、思ったよりも胃にもたれなかったので朝ラーメンが癖になりそうです。

今回の旅行は航空券とホテルを別々に予約してみましたが、福岡市内のホテルと往復航空便を含めても2万円弱という信じられない格安で旅行が出来たのは驚きでした(繁忙期や搭乗便によっては2万円台や3万円台になります)。機内は大手よりもわずかに窮屈に感じられる程度でしたので、大柄な方以外には満足できる乗り心地になると思います。

AD