放課後エクスペンダブルズByデッドプー太郎

映画界の最底辺ブロガー。

ハリウッドのアホほど金かかってるけどさっぱりストーリーのない超大作が大好き。

「往年の日曜洋画劇場」のおもしろさをブログで再現!!
を目指しているけど映画ブログの中でも屈指の偏差値の低さを記録中。

淀川長治さん、ごめんなさい。


テーマ:

号泣必須!!
出血量の多いハートフルムービーは永遠!!
みんなでアドニス・クリードを応援だ!!

こんばんは、デッドプー太郎です。

公開初日(12月23日)に散々ツイートした通り「クリード」が最高過ぎた。

 

~あらすじ~

映画史上最も出血量の多いハートフルムービーとして有名な「ロッキー」の新シリーズという位置づけの作品でロッキーのライバルであるアポロ・クリードが生前、愛人に産ませた隠し子アドニスがいた。
アポロについて詳しい話は"DIE"sukeさんのこの記事を読んで!!

明日から真似したくなる黒人~アポロ・クリード伝説~

生みの母も死に、荒んだ生活を送っていたアドニスはアポロの本妻であるメアリー・アン・クリードに少年院から引き取られエリートコースを歩んでいたが、胸に秘める「ファイティング・アポロ・スピリッツ」が抑えれず、父のライバルであったロッキーの元を訪れてボクシングを学ぶ・・・。


「ロッキーの新作?もう7作目でしょ?それが傑作?」首をかしげる人もいるだろう。

どれだけ最高だったかというと

今まで映画を観てほろりと涙が出た事はあったが、思わす嗚咽が出た程だった。

実際、映画館のグッズ売り場で買った「クリード」タオルが涙でグチャグチャになった。

クリードタオル。涙を拭くという点でパンフレットより重要。

俺に限らず最初はガヤガヤしていた劇場内も後半に進むにつれてすすり泣く声が聞こえた。
Twitterで検索しても否定的な意見は皆無で誰もが「泣いた」「感動した」と絶賛していた。

観賞を終えた今、「クリード」を作るために「ロッキー」シリーズがあったのではないかと思える程だ。

自分は相当熱心なロッキーファンだが、これからはロッキー・バルボアが主人公の新作ではなく、「アドニス・クリードの新作が観たいな」と言えるほど心をカツアゲ&涙腺を崩壊させられている。

という事で未だにパンフレットを読むだけで思い出し泣きしてしまう心が不安定な状況
ロッキーマニアの俺が「クリード」のどこが傑作なのか解説してみようと思う!!
(ここ数日キャラに合わない熱量多めのツイートで申し訳ない。)

①「ロッキー」シリーズを観なくても名作!!

「ロッキーと言えば生卵飲んで走る」というイメージしかない人にでも
「クリード」は映画として素晴らしいので十分楽しめるし、熱い涙を流させてくれる。

ただし、「ロッキー」を復習した上で観れば・・・

生涯忘れられない1本になるぞ!!


②過去作の株まで上がる

一般的に「ロッキー」シリーズは「1」と「ファイナル」が傑作で2~5の評価は低い。
とりわけ娯楽色が強かった「ロッキー3」「ロッキー4」はネタにされることが多い。
しかし、「クリード」を観賞した後では・・・・

「~3」のアポロとロッキーのホットパンツで砂浜爆走も、
 

波打ち際で抱き合う二人も、
 

「~4」でのアポロのJBと共に現れる入場シーンも
 

アポロが死んだ後、アポロの勝負パンツを履いてでドラコとの戦いに挑むロッキーの姿も
 

全て泣けてくる。

特に気をつけて欲しいのは星条旗パンツ!!
言葉にすると自分でも信じられないが「クリード」ではパンツで号泣するぞ。

 

パンツを見て声を出して泣いたのは人生最初で最後だと思う。


③アドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン)はチャンピオンだ!!

見事にロッキーから主人公の座を引き継いだ彼を一言で済ませてしまうと
「とんでもなく良い奴」

アポロ譲りのブラザー精神、年老いたロッキーをいたわるバリアフリー力、そして生まれる前に亡くなった父親への愛。

あくまでアドニスは愛人との間にできた隠し子である・・・

それを踏まえた上で、ラストの試合でボロボロになりながらロッキーに言う言葉・・・

だめだ、文章にしたら涙が出る・・・。

「ロッキー」シリーズは名言が多いが、今回のアドニスの名言は1作目の「エイドリアーン!!」よりも涙腺を破壊したのは紛れもない事実だ。

「息子にしたい芸能人」1位は福士蒼汰らしいが間違いなくアドニス・クリードを演じた
マイケル・Bジョーダンだろう!!

④やっぱりロッキーは俺たちのヒーロー!!

昨年の「エクスペンダブルズ3」でも「男のリトマス試験紙ぶり」を発揮していたスタローン。
齢70を目前にしても未だにギラついているが、今回のスライは違う。
見事なマイケル・B・ジョーダンにスターのバトンを譲った!!

本作のロッキーは孤独な老人。
かって生卵をがぶ飲みしてフィラデルフィアであろうがソ連の雪山であろうが激走していた面影はない。

あくまでアドニスのサポートに徹する枯れたロッキーに感動と同時に
「もしスタローンが死んだら俺は生きていけるのか?」と全然本作と関係ないところでも
涙が出てくる。

っていうか冷静に考えたらスタローンは十分高齢者だ!!

毎回映画が発表される度に無茶することを期待してきたが、これからは労わろう!!

長生きしてね!!少なくとも俺たちの心のアカデミー助演男優賞はスライだ!!

⑤信頼できる人間の定義

Facebookの友達の数やTwitterのフォロワーの数ではなく、「ランニング中に一緒に走ってくれる人が何人いるか説」
を提唱していきたい。

 
「いいね」の数2000万

 
リツイート数3000万
 
このランニングシーンでもバイクに乗ったDQNの一言でまた涙腺がダウンを奪われる!!


⑥本作の一番素晴らしいところ

アドニスがロッキーからボクシングを「教わる」だけなら普通の名作、
クリードのすごいところはロッキーもアドニスから「闘う」勇気を与えられるところ・・・

これは若干29歳(俺より年下!!)のライアン・クーグラー監督のすごさと同時にスタローンの年老いても頑固にならずいつまでも学ぶ姿勢を忘れない心の広さ・・・・・って

スタローン頼むから長生きしてくれ!!(泣)
 
 


最近の人気シリーズの新作の傾向として過去作を連想させるシーンを連発して古くからのファンを喜ばせる「最初から100点ではなく80点満点を狙った映画」、もしくは過去を帳消しにしてリブートすることが多い。

しかし、過去の作品を反映させた上で、傑作を作るのがシリーズへの一番の敬意なんだなと「クリード」を見て教えられた。

映画というか奇跡を見せてもらえた気分だ。これだけの人気シリーズが1作目に匹敵する傑作を世に送り出したのだから。


ロッキーファン改めてクリードファンとしてクリードがロシアでドラコの息子と殴り合う続編が製作されることを願う。

ありがとう。
スタローン
マイケル・B・ジョーダン
ライアン・クーグラー監督

そして、アポロ・クリード(カール・ウェザース)!!

 

 
 

放課後エクスペンダブルズ別館 →ホットトイズ、フィギュア、トイガン等の映画関連のグッズ紹介はこちらです。 早い話がおっさんのおもちゃいじりです。

デッドプー太郎Twitter →@deadpootarouです。アカウント乗っ取らないでね。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

デッドプー太郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。