放課後エクスペンダブルズByデッドプー太郎

映画界の最底辺ブロガー。

ハリウッドのアホほど金かかってるけどさっぱりストーリーのない超大作が大好き。

「往年の日曜洋画劇場」のおもしろさをブログで再現!!
を目指しているけど映画ブログの中でも屈指の偏差値の低さを記録中。

淀川長治さん、ごめんなさい。


テーマ:
テンションうなぎ昇り!!究極の二次会開始!!
めんどくさいメンヘラロボは店から追い出せ!!


こんばんは、デッドプー太郎です。

俺をはじめ「生きててよかった」とボンクラ全員の心をカツアゲした「アベンジャーズ」から3年、奴らがアッパーな気分を更に上げてスクリーンに帰ってきたぞ!!


3年前。観賞を終えて大人気なくパネルの前でポーズ。


俺自身、この日をどれだけ待ったことか・・・・思えば長かった。
他の国から2カ月も遅れて公開したせいで、ネットでは異常なまでにネタバレに対して神経質になっており、「アイアンマンの正体はトニー・スターク」とツイートしても叩かれそうな緊張感があった。

更にウォルトディズニー・ジャパンの勘違いプロモーションや、自分の私生活の雑さを棚にあげて、記者会見にやって来ては見当違いの言動を繰り返す女優が火に油を注ぎ次々とアメコミ好き少年・少女がハルク化していった。それまでアメコミの事をたくさんツイートしていた青年がおかしくなってアイドルオタクに転生した瞬間も目にした。

そしてついに7月4日がやってきた。
俺はいてもたってもいられずレッドブルを一缶飲み干した。

どれだけの超大作でも多くて6割くらいしか入っているところしか観た事がない神戸の映画館ですらレイトショーで満員という盛況ぶりだ。

焦らされ続けてきた観客はマーベルゾンビーズそのものだった。

これは「映画」ではない。「お祭り」だ!!


そして劇場は暗転した。


2時間半後…。

「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン(以下AOU)」をついに観た。


究極の二次会ムービーだった。


混乱するのもわかる。しかしだ!!こ

れは確かに二次会だった。それも地球最大規模の!!


前作「アベンジャーズ」で自己主張が激し過ぎて集まって5分でケンカをおっ始めていたろくでなしツッパリヒーロー達。しかし職場の気のいいオッサン(コールソン)が死んだ事がきっかけで心が一つになり地球の危機を救った。

それからは部内恋愛をする輩が発生するという事故案件はあるものの、なんだかんだで地球の平和を守ってきたアベンジャーズ。

ヒドラも壊滅させた!!よし、飲もう!!トニーの金で!!という事でアベンジャーズ飲み会(アベ飲み)を開催。


部内恋愛まっしぐらのハルクとブラック・ウィドウに童貞戦士キャプテン・アメリカが恋愛アドバイスという無謀過ぎるおせっかい、借りパク軍人のローディ(ドン・チードル)のジョークに凍死寸前という後々の飲み会でも語り継がれそうな伝説が乱発するアベ飲みに突然ボロボロのロボットが乱入!!

ロボットの正体はウルトロン。隣の部屋でアイアンマンのミートくんことJ.A.R.V.I.Sとサマーウォーズしてフルボッコした野郎だ。

アベンジャーズに会うなり

「おまえらのノリ無理…っていうか人間のノリが無理」

メンヘラ特有のリア充への異様な敵意をむき出しにするウルトロン。

見た目的からしてウルトロンはリストカットどころか体中ズタズタでかなり病んでいる‼︎

そんなメンヘラウルトロンが大暴れして飲み会は強制終了。

「誰だよ‼︎あんなめんどくさい奴を呼んだのは⁉︎

トニーが作った⁉︎おまえこの前アーマー全部爆破したよな‼︎

「繭を破り生まれ変わった。私がアイアンマンだ」とか言ってたよな⁉︎

おまえは「やめるやめる」と言っているくせに新しいフィギュアが発売されたら結局予約してるホットトイズコレクターか⁉︎」と烈火のごとくキレるキャップ‼︎

部内恋愛だけは目を瞑っていたアベンジャーズだが、ここに来てソーまで「俺達は何事もオープンだけど、こいつは本心を隠すから気にくわない」と彼女が出来た報告をしない友達にキレる中学生のようにトニーをディスり始めた。

案の定スネるトニー‼︎

「だって…世の中怖い人いっぱいいるんだもん…」

まぁ、いい。まずはあのメンヘラを捕まえてボコろう、そしてアベ飲みの飲み代を払わせよう!!と人間関係最悪のままアッセンブルしたアベンジャーズだったが、メンヘラに双子の兄妹、クイックシルバーとスカーレット・ウィッチが合流。

この二人、トニースタークが作った兵器で家族が死んだから復讐で自ら人体実験に志願したという仮面ライダーの誰かみたいな理由で改造人間になっている。

兄のクイックシルバーは3倍どころか300倍速い青い彗星、妹のスカーレット・ウィッチはもっと悪質で念力とマインドコントロールというラスボス的な強さのオーナー!!

妹の反則待ったなしなマインドコントロールでメンヘラ状態にされるアベンジャーズ‼︎

メンヘラ状態がピークに達したハルクの目を覚めさせるため、トニーはこっそり作っていたハルクバスターを人工衛星から発送。

パーツが壊れても空から次々と予備パーツが飛んでくるというアンパンマンの究極進化のようなハルクバスターでハルクを止めたものの、「また影でこそこそ作ってた」とメンバー内の信頼は皆無に。

どんどん卑屈になるトニー!!


他のメンバーもスカーレット・ウィッチによってこじらせてしまったメンヘラ状態をブラックウィドゥはつらい過去アピール、ソーは露天風呂、キャップは気合で自然治癒‼︎

あのメンヘラ、もう許さねぇ!!

それぞれに対する不信感はさておき、ウルトロンをフルボッコするという目的でアッセンブルしたアベンジャーズ!!

地球の平和は救えるのか!?

果たして飲み代は回収できるのか!?


俺自身、かって嫌な気分になった飲み会を多数経験した。

突然、隣の部屋で女が号泣。理由が全くわからない。
トーンダウンする会場、やがて「◯◯ちゃんずっと我慢してきてんで、あんたらも反省しーや」と何故かキレる女やメンヘラと一緒に泣く女まで出現…

殺意を抱きながらもグッとこらえてきた俺にアベンジャーズは教えてくれた。

「二度と飲み会に来れないように殴れ」と。

実際、劇中のウルトロンはフルボッコされたあげく店から締め出され、介抱用に買ってきたペットボトルのお茶もぶっかけられたような状態になっていた。

お酒が飲めないだけに酒の席では散々嫌な思いを味わい続けた俺にとってこの教えを授かっただけでも救われた気持ちになった。

また敵か味方かわからないヴィジョンを警戒していた割に、単純な理由で突然兄弟のように迎える姿勢も「強そうな奴は大体友達、強そうな奴と大体同じ」というヒップホップ的感覚を貫いていて最高だった。


ヴィジョン「俺はこいつらのそういうノリ好きです。」


他、個人的な感想をネタバレなしでいうと…

アイアンマン→うっかりウルトロンやアーマー密造など本作の「しくじりチャンピオン」だが、安心してくれ、今回もしっかり無茶してくれるぞ‼︎

キャップ→一番頑張っているのに、あのコキの使われ方がかわいそうだから有給取らせてあげて!!

ソー→極限状態でボケる事に定評がある神様だが今回も安定のボケだった。

ホークアイ→アベンジャーズの万年平社員。
以前からキャップ以上に普通過ぎるスペックにネタ扱いされAOUのパンフでも「どんな状況でも絶対に的を外さない弓の名手」の一文で済まされているが、今回のホークアイは最高だった。

地球滅亡の危機の中、テンパるスカーレット・ウィッチにヤケクソ気味に「仕事とは」を熱弁する彼の姿に誰もが勇気を与えられたはず‼︎個人的に一番グッときたシーンだ。

あの不屈のイピカイェー精神を称えアベンジャーズ界のジョン・マクレーンと呼びたい。


実家が質素なのも共感が持てる!!

ウルトロン→「アイアンマン3」のキリアン同様、動機が「小物」なヴィランだが、童貞をこじらせ過ぎた結果、道を踏み外したキリアンと違い、ウルトロンのメンヘラっぷりは「めんどくさい」の一言。
口を開けば誰かの文句ばかり言う姿はかなりイラつく。

Twitterなら確実にブロックするめんどくささだった。

おかげでボコボコにされる様子は気持ちが良かったのでヴィランとしては最高か!!


ウォーマシン→はっきり言って今回のローディは過去最高のカッコよさだった‼︎

空中での締め技からのゼロ距離射撃は本作のハイライトの一つとも言える。


おまけに陽気だけどおもしろくない黒人という新たなキャラも装備!!今までのローディがドン・チードルなら本作は

ドンドドドン・チードルだ。

ニック・フューリー→Keep On サミュエル・L・ジャクソン。

実際、単独の映画としてはこき下ろす人がいても納得出来る内容だ。

過去作の複線を回収していくような内容だし、情報過多な感もある。

しかし、キャプテン・アメリカが「アベンジャーズ‼︎」と叫べば「アッセンブル」と立ち上がって叫びたくなるあの感覚。今年で俺は30歳になったが、いい年したオッサンになった今も夢を見させてくれるアベンジャーズが大好きだ。それだけで十分だ!!

2018年公開予定のアベンジャーズ3作目は「Infinity War」

もちろん三次会も出席だ‼︎


集合写真を欠席したドン・チードル


放課後エクスペンダブルズ別館→ホットトイズ、フィギュア、トイガン等の映画関連のグッズ紹介はこちらです。早い話がおっさんのおもちゃいじりです。

デッドプー太郎Twitter→@deadpootarouです。アカウント乗っ取らないでね。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

デッドプー太郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。