放課後エクスペンダブルズByデッドプー太郎

映画界の最底辺ブロガー。

ハリウッドのアホほど金かかってるけどさっぱりストーリーのない超大作が大好き。

「往年の日曜洋画劇場」のおもしろさをブログで再現!!
を目指しているけど映画ブログの中でも屈指の偏差値の低さを記録中。

淀川長治さん、ごめんなさい。


テーマ:

筋肉、火薬、気合をトッピングしたピザでカワバンガ。

※タートルズは2000年代も存在していましたが、個人的にタートルズの思い出は1995年あたりで止まっています。その前提で記事を読んで頂けると幸いです。

こんばんは、デッドプー太郎です。

ミュータント・タートルズ


1980年代生まれの方はかなり思い入れが強いんじゃないかと。

1990年代初頭、実写版がヒットし、アニメ版(1987年)が本国より大幅に遅れて輸入されてこれまたヒット!!当時のガキは水曜6時半になったらテレビの前に座りおもちゃをねだりました。

おもちゃに至ってもアメトイブームの先駆けとも言うべき爆発的人気でおもちゃ屋に限らずスーパーでも売られてましたよね。

日本のおもちゃとは違った作り込みに感激し誕生日にはタートルワゴンをねだった人も多いでしょう。


テレビゲームの方も「キャラ物ゲームは大抵クソゲー」を覆し
2DスクロールのT.M.N.T タートルズインタイム」

 
2D格ゲーの「ミュータント・ウォーリアーズ」

についてはスーファミ屈指の名作でした。

特に前者に至ってはデッドプー太郎の周りで「スーファミでおもしろかったゲームは?」という話題になるとマリオカート、スト2と同時に挙がる熱烈っぷりです。

愛らしいキャラクターのせいか女子にも人気があり、男女問わず人気があったのはそれこそ「ドラえもん」か「タートルズ」なんじゃないかと・・・・。

あれから20年、あの時のガキは大人になった。

「ドラえもん」はフルCGになり「ポンコツ先祖を未来のチート的道具で何とかする」という主題を忘れ泣かせる映画を作った。

果たしてタートルズはどうなのか?

製作総指揮があの「リアルベイマックス」ことマイケル・ベイ!!
監督が「世界侵略:ロサンゼルス決戦」「タイタンの逆襲」のジョナサン・リーベスマン!!


大人になりきれないボンクラ共は狂喜して奴らの帰還を待った!!

そして時が来た!!

クールでゴキゲンはそのままにビッグ・ザ・武道みたいになって帰ってきたぞ!!



ビッグ・ザ・武道(超人強度:5000万パワー)


子供が楽しめる作品には変わらない…しかしだ!!

あの頃のタートルズがチョコレートパフェなら今回のタートルズはグラスに焼肉、生姜焼き、焼き鳥をギューギューに詰めて、生クリームの変わりに唐揚げを乗せたようなボリューム感、

いわば肉パフェだ!!

というわけでカワバンガ!!(あらすじ)

お馴染みのニューヨーク、ジャーナリストとして認められたいのにパッとしない仕事ばかり回ってくるエイプリル・オニール

キャストはミーガン・フォックス。
このルックスの女が会社で雑な扱いを受けるはずがないと思ってしまうのは俺の心が汚れたからだろう。

街ではフット軍団が悪事を重ねており、市民は怯えて暮らすしかない。


カライだ!!

「ミュータントウォリアーズ」に出てきたカライだ!!
ラットキングでもビーバップ&ロックステディでもなくあえてカライだ!!

そんな中、フット軍団を次々と倒す謎の集団が表れる!!
現場に残された「家門」の文字

思い当たる節があるエイプリル!!死んだ親父が研究してた奴だ!!
親父の元上司のサックス(ウィリアム・フィクトナー)に聞くとマジっぽい。
まさか謎の集団はあの時の実験で育てていた亀!?


マジかよ!!






マジだよ!!



リーサルウェポン1作目のメルギブソンばりに荒くれたラファエロ!!

祭り好きのミケランジェロ!!

キテレツ君キャラに磨きがかかったドナテロ!!

そして相変わらず周りが濃すぎて気の毒なリーダーのレオナルド!!


下水道に連れていかれたエイプリル。
するとこれまた、あの時実験で飼っていたネズミのスプリンターが!!

亀連中に対して先輩面のスプリンター曰く「サックスは悪い奴、育ての親父はシュレッダーはもっと悪い奴」とのこと。

逃げのびた下水道の中で投与されていたミュータジェンの影響ででっかくなったスプリンターと亀連中。

スプリンターは思った。

このままじゃ危ない!!フット軍団を倒さないと!!

というわけで下水道に落ちていた忍術の本を読んでまずスプリンターが独学で取得→タートルズに教えたとの事。

多少の設定変更はあるが、この強引な進め方はまさにタートルズだ!!

無理があるスプリンター先生の説明に割と簡単に納得するエイプリル、そしたら下水道にシュレッダーがやってきた!!

「サワキちゃん」て呼んだら即死攻撃を決めてきそうなメガトロン風味満載のシュレッダー

ドニーイェンばりの戦闘力のシュレッダーにスプリンターは倒され、レオナルド・ミケランジェロ・ドナテロは拉致られる!!

1人残ったラファエロがエイプリルと話の本筋に全く関係ないジョークを挟んでくるエイプリルの同僚のおっさんの3人で救出に向かう!!

なんとか3匹を助けたものの、シュレッダーが「街を支配する」とかいう雑な理由でニューヨーク中に毒を巻くとか言い出した!!

あやうしタートルズ!!

ニューヨークを救うまでピザはお預けだ!!

といった内容なのだが、読んでいて改めて認識したと思う。

姿は変われど俺達が知っているティーンエイジミュータントニンジャタートルズだ!!

にも関わらずミーガンフォックスがセクシーに迫り、タートルズ達のトムヤンクン、いやマッハ無限大な殺陣、ネオジオング並の攻撃力を得たシュレッダーのビヨンドザ暴力で一歩間違えれば子供にトラウマを植え付けんばかりの世界がスパークする!!

どうかしてる。

こんなのを待ってたんだ!!

上記の通り、本作はキャラクターそれぞれの特徴をドーピングさせたような設定で特濃なタートルワールドを作り上げているが中でも今回のMVPはラファエロだ!!

短気で熱血を超えて、「サイヤ人のプリンス」と言わんばかりの暑苦しさを放っている。


ベジータっぷりが良い塩梅だった本作のラフ。

チームを抜けてソロ活動をほのめかすなどベジータキャラを突き進んでいたラファエロだが、涙ながらに仲間への想いをぶちまけるシーンがある。

あれで涙を流すか失笑するかで男の価値が決まると言っても過言ではないタフ&ワイルドなシーンだ。


それと個人的に唸ったのが「カワバンガ」の使い方!!いつ言うのかと思いきやここで言うのか!!というシビレル使い方だった!!今回のタートルズは「カワバンガ」の安売りはしない。事実、鳥肌が立った。

製作総指揮のベイ的に爆発が足りなかったのだろうか、ラストシーンで本筋に一切関係のない爆発を見せてくれるのもファンタスティックだ!!(映画に不必要な爆発なんてないからそれでいい)

あまりのチャイルディッシュかつボンバーな内容に賛否両論だろう、

でもタートルズだぞ!!ピザが大好きなカメだぞ!!ストーリーに一切期待はするな!!
20年待ったんだ、これくらいぶっ飛んでくれなくちゃ!!
是非とも頭を小学生にリセットして、出来るもんならあそこの毛も剃った上で観て欲しい!!

いっぱいかきましたが、だいすきなシュレッダーがカッコよくっておもしろかったです。
(頭が小学校3年生に戻ったところでおしまい!!)

ミュータント タートルズ大全 (ShoPro Books)/小学館集英社プロダクション
¥4,212
Amazon.co.jp

誰か買え、俺に!!

放課後エクスペンダブルズ別館→ホットトイズ、Funko、アメトイ、トイガン等の映画関連のグッズ紹介はこちらです。早い話がおっさんのおもちゃいじりです。
デッドプー太郎Twitter→@deadpootarouです。アカウント乗っ取らないでね。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

デッドプー太郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。