放課後エクスペンダブルズByデッドプー太郎

映画界の最底辺ブロガー。

ハリウッドのアホほど金かかってるけどさっぱりストーリーのない超大作が大好き。

「往年の日曜洋画劇場」のおもしろさをブログで再現!!
を目指しているけど映画ブログの中でも屈指の偏差値の低さを記録中。

淀川長治さん、ごめんなさい。


テーマ:
こんばんは、デッドプー太郎です。

ここしばらくは11月1日公開の「エクスペンダブルズ3」の事で頭がいっぱいの中、追い打ちをかけるように発売された映画秘宝2014年12月号(僕に子供が出来たら毎晩読み聞かせたい)を貪るように読んでいたら「イコライザー」の記事がありました。

映画秘宝 2014年 12月号 [雑誌]/洋泉社
¥1,080
Amazon.co.jp
デンゼル・ワシントン、クロエ・グレース・モレッツ共演の映画だなというくらいの認識しかなかったのですが、ギンティ小林さんが「「ナメてた相手が、実は殺人マシンでした」ムービー最高傑作!!」と激推し!!

鑑賞後、感動のあまり半日仕事にならなかったという杉作J太郎さんに至っては「イコライザー」のコーナーだけで紹介が収まらず、自分の連載しているコラムで続きを書くほど!!

読んでみると1ページの中で「ジャスティス」という言葉が
乱立!!
「ジャスティスとはてんびん座の事で僕はてんびん座の生まれなんです」
・・・・映画の話じゃねー!!(笑)

という事で「ジャスティス」の真意を探ろうと映画館に向かいました。

映画館に着くと女子高生がたくさん!!
「おっと、みんな映画秘宝を読んで来たんだな、今夜の映画館はいい匂いがしそうだ

と期待しているとその場にいた全女子高生が「近キョリ恋愛」のスクリーンにIN!!
 
「おい!!「イコライザー」にはクロエちゃんが出るし、近キョリでの格闘という点では確実にデンゼル・ワシントンの方が感動するぞ!!と女子高生達に言いたい気持ちを胸にそっと秘めておじいちゃん多めの場末感ハンパないスクリーンに腰を降ろした。

2時間経過・・・・・・・
 
特盛りハードボイルド(ジャスティス・バイオレンス増し増し!!)
 
アメリカ人ならHoly Shitと言ったであろう傑作映画だ!!
 
あらすじはこんな感じ。
 
ホームセンターで働くデンゼル学級委員長は職場でも人望の厚い男。
夜中にいきつけのダイナーで亡き妻が読んでいた本を読むのが日課。
そんな時、ダイナーで知り合いになっていた歌手志望の売春婦クロエちゃんが雇い主のロシアンマフィアに仕事の不手際でボコられ病院送りに。
 
ロシアンマフィアの元に9,800ドルを持参して「この金で彼女に仕事を辞めさせてやって欲しい」と頼む委員長、ロシアンマフィアはそんな委員長を嘲笑い相手にしない。

「これは交渉にならない」ととぼとぼと帰ろうとしたその時、デンゼル委員長の中で隠し続けていたものが目を覚ます!!

次の瞬間・・・・・
 
部屋にあった灰皿で撲殺、ナイフで喉をぱっくり、コルクスクリューでめった刺し、首を撃ち抜き口から血を吐いているマフィアのボスに対しては
様子からしておまえは30秒後に肉体の機能が停止し窒息死する
と淡々とした口調で余命宣告!!

19秒で5人殺害害!!
 
一人の男の日常を描いたヒューマンドラマから一転、ハードボイルド起動!!
ジャスティスフィーバー発動!!

ジャスティスフィーバーは一度で終わらない、委員長は同僚のおかんが経営する店を嫌がらせで放火した悪徳警官を夜間に二人まとめてボコり金を返させる、

お店の金のみならず同僚のおばちゃんの母の形見の指輪も奪った強盗に対しては、
その場では穏便に済ますため、おばちゃんに金と指輪を渡すようした委員長だが、、その日の晩にお店のハンマーをこっそり持ち帰り・・・・。

翌朝出社したおばちゃんがレジを見ると奪われたはずの指輪が!!
時を同じくして血のついたハンマーをきれいに拭いて店に戻す委員長

 

その姿はまさにハードコア夜回り先生!!

 
やがて部下を殺された復讐のため本国からやさぐれたムーディー勝山みたいなルックスの元KGBのロシアンマフィアの刺客が!!

右から来たものを左へ受け流さず全て破壊したムーディー勝山

果たしてどうなる学級委員長!!

カッコいいの濃縮還元、ハードボイルド過剰摂取な本作だ。
 
実際、今後「将来どんな人間になりたいですか?」という質問には「「イコライザー」のデンゼル・ワシントンみたいな男です。」と答えるようと思うくらい「男がなりたい/憧れる男」が詰まってる!!
 
というわけで「イコライザー」のデンゼル・ワシントンのそこに「シビれるぅ、あこがれるぅ!!」なポイントをピックアップ!!
①ハードボイルドな男はあえて自分を出さない
今の世の中、twitterやfacebookで自分の仕事での実績やら年収、乗ってる車や付き合っている女のルックス、持ってるホットトイズの数アピる連中で蔓延しているが元CIAのトップエージェントのデンゼルは決してファンタジー過ぎるスペックのオーナーであることをひけらかさず昼間はホームセンターの気のいい従業員でいる。
男はムダにでかく見せようとしたら小さく見えるんだ!!

警備員を目指す同僚への励ましやクロエちゃんとのやり取りから器のデカい男感を自然と漂わすあたりにシビれる!!
 
②ハードボイルドな男には心休まる行きつけのダイナーがある
デンゼルの安らぎの場所は24時間営業のダイナー、それもカフェに動物の絵を描いてくれるようなとこではなくおっさんが一人で経営しているような店だ

座るのは必ず窓際!!(ここ重要!!)

本を読みながらいつも同じメニューを頼む。まさにハードボイルドの流儀!!
世間話が出来る風俗嬢がいればなおさらハードボイルドだ!!

本作のクロエちゃんは「守ってやりたい女ワールドカップ」があれば間違いなく優勝できるかわいらしさだ!!
ウィッグを頻繁に変えるのでいろんなクロエちゃんを見れてペド野郎も楽しめる事間違いなし!!

 
③ハードボイルドな男はホームセンターを制す
自身が務めるホームセンターでマフィアと戦う委員長。
アサルトライフルやサブマシンガンでフル装備のロシアンマフィアに対してデンゼル委員長は

有刺鉄線で首を絞め天井に釣り上げるハードコア版ホームアローンなトラップ

電動ドリルで頭に穴を開ける。

くぎ打ち機で射殺等でレベルが一つ上の暴力でマフィアを壊滅させる!!
決して銃は奪わない、ここに男の器が垣間見える
「シューター」「アイアンマン3」でも証明されている通り
ホームセンターで売っている道具に日曜大工以上の役割を見出した時、男の価値は決まる!!
この映画「ナメてた相手が、実は殺人マシンでした」ムービーと言う事で最近の映画だと「96時間」の1作目にも通じる世界観があるが、ハードボイル度でいうと確実に「イコライザー」の勝ちだ!!
 
冷静に考えたらクロエちゃんのためにロシアンマフィアを壊滅させるというとんでもない内容ではあるが、今日俺の後ろで観ていた推定年齢70歳以上のおじいちゃん三人組が鑑賞後、映画館の外で少年のようにはしゃいでいた。
 
そういう事だ!!わかるだろ?(何がだ!!)
 
「エクスペンダブルズ3」前にすごい映画を観てしまった。俺も黒人になりたい。

④ハードボイルドな男は大爆発にも振り返らない。

放課後エクスペンダブルズ別館
→ホットトイズ、Funko、アメトイ、トイガン等の映画関連のグッズ紹介はこちらです。 新たなクオリティで残念な一人遊びに目覚めよ!!

Twitter
→デッドプー太郎のtwitterアカウントです。140文字で心のドッジボールをしましょう。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

デッドプー太郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。