放課後エクスペンダブルズByデッドプー太郎

映画界の最底辺ブロガー。

ハリウッドのアホほど金かかってるけどさっぱりストーリーのない超大作が大好き。

「往年の日曜洋画劇場」のおもしろさをブログで再現!!
を目指しているけど映画ブログの中でも屈指の偏差値の低さを記録中。

淀川長治さん、ごめんなさい。


テーマ:
B級映画風のタイトルにしたら「バトルフューチャー 殺戮の鉄人兵団」になるんかな?


ターミネーター4



この映画のいいところは、完全にファンのために作っているとこ!!笑。

ちょっと狙い過ぎやろーとか「I'll Be Back」の使い方が微妙とか主演がクリスチャン・ベイルでジョン・コナー毎回変わりすぎとかありますが、客層をターミネーターファンに絞った潔い映画です。

T-800の前身モデルのT-600やT-700がT-800に比べて大型で人型やけど変装しきれていないっていう設定もターミネータ3でT-1とかいうできそこないのガンタンクみたいなやつを見せられたトラウマを忘れることができる秀逸さでした。


ただ、1や2を差し置いて最初に本作を紹介した真意はこのターミネーター4が持つ一瞬のインパクトにあります


夏の花火、地平線に太陽が沈む瞬間、パンチラ…一瞬の輝きが心の中で永遠に輝く。
映画の中でも一生忘れることのない名シーンはたくさんありますが、間違いなく瞬間最大筋力が一番なのはこれです。


終盤・・・自分の父となる運命のカイル・リースを助けるために単身スカイネットに乗り込んだバットマン、ジョン・コナー。研究室のようなところで突然目の前の扉が勢いよく開き吹き飛ばされる・・・目の前にいたのは!!




terminator4



この瞬間をわては、わては18年間待ってたんや!!(泣)




思えば18年、幼稚園の時にはじめてターミネーター2を観て、1も観たいと両親にビデオを借りるようにせがんで自分で修理するシーンで怖くて目をつむった。

小学生の時に自転車に乗る時は傘をくるっと回す練習、風呂やプールでは潜り切る前にサムズアップ、

受験前の高校3年生、ターミネータ3の出来に納得いかないけど、これでよかった、新作が見れただけよかったと自分に言い聞かし、男だけで観に行ったUSJのターミネーター3D、ときめくような思い出は作れなかったけど、帰りの土産売り場でT-800の等身大模型の前で写真とれたからよかった。

思わず再放送は全部観てしまうけど、我慢できずDVDも買ってもた。もっと我慢できなくて
ターミネーター2018っていう映画をレンタルしてしばらく何もやる気が起きなくなった、


社会人になってターミネーター2でシュワちゃんが持ってたショットガンのガスガンをボーナスで買ったけど、想像以上に長い上に重くて指で回そうとしたら指ちぎれそうになって自己嫌悪になった。



でもあの1シーンが今までの私の18年間を肯定してくれた、本当に戻ってきてくれた。6歳の私も12歳の私も18歳の私も22歳の私も嬉しかった。興奮が頂点になって体の奥底からぞくぞくぞくっとこみ上げるものがありました。



あーよかったな、あなたがいて♪
あーよかったな、ローランド・キッキンガーがいて


roland

※ローランド・キッキンガーとは本作でCGで甦った若き日のシュワちゃんの「体」を担当したボディビルダーです。
ターミネーター4 コレクターズ・エディション [DVD]/ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
¥1,480
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

デッドプー太郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。