放課後エクスペンダブルズByデッドプー太郎

映画界の最底辺ブロガー。

ハリウッドのアホほど金かかってるけどさっぱりストーリーのない超大作が大好き。

「往年の日曜洋画劇場」のおもしろさをブログで再現!!
を目指しているけど映画ブログの中でも屈指の偏差値の低さを記録中。

淀川長治さん、ごめんなさい。


テーマ:

インドネシアと言えば何を思い浮かべますか?

私はタランチュラ、スズメバチよりも強いコオロギ「リオック(お化けコオロギ 」を思い浮かべます。

出てきました。映画界のリオックが!!

「ザ・レイド」


ザ・レイド [Blu-ray]/角川書店
¥4,935
Amazon.co.jp

今観終わったところなんですが、ハッキリ言って圧倒されました。

予告編で「アクション映画に新たな歴史が刻まれる」と出ていましたが、本当にこれはすごい!!良いアクション映画という言葉で片付けてはいけない、銃弾と拳、そして死体で彩られたアートです。

もし黒澤明やヒッチコックが生きてたらこういうでしょう。
「インドネシアすごいわー」って。

ストーリーは麻薬王が占拠するビルに特殊部隊が突入するというカール・アーバン版「ジャッジ・ドレッド」と9割は同じストーリーですが、話なんて求めたらダメです。

顔面に何十発も撃ち込む弾丸、冷蔵庫にプロパンガスと手榴弾を詰め込んで30人以上を爆破、そして本作の一番の見所というべき東南アジアの伝統武術「シラット」をベースにしたCGに頼らずマトリックスを完全再現した格闘シーン!!ソファーに寝転びながら観ていましたが、気づけばきちんとした姿勢で観ていました(笑)あまりのスゴさに「今後のグローバル社会、経済の中心地はインドネシアかもしれない」とわけのわからないことまで考えてしまいましたよ!!どう考えてもこの映画の撮影中に13人くらいは本当に死んでますよね?監督さん?


格闘を知りつくした人間たちが集まって作った。エンターテイメントです。まだアクション映画にこんな作り方があったとは・・・・。


登場人物の中でもイチオシは敵の麻薬王の側近の一人である「強烈な蹴りと拳を持つイカレタ男」ことマッドドッグですね!!

当初、その異様な佇まいから、物凄く残忍なキ●ガイを想像していたのですが、戦いへの高貴な姿勢はまさに「武士」です。日本人が忘れていた何かを思い出させてくれます。映画を観ながら「本気でこいつならチャック・ノリスを殺れるんじゃないか」とすら思いました。


まさか、日曜日の昼下がりにこんな衝撃を受けるとは・・・・A級・・・いやS級のアクション映画やな。

最後に予告をアップしておきます。


10代のうちに観ておきたかったなー・・・。

放課後エクスペンダブルズ激烈お勧め作品です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

デッドプー太郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。