放課後エクスペンダブルズByデッドプー太郎

映画界の最底辺ブロガー。

ハリウッドのアホほど金かかってるけどさっぱりストーリーのない超大作が大好き。

「往年の日曜洋画劇場」のおもしろさをブログで再現!!
を目指しているけど映画ブログの中でも屈指の偏差値の低さを記録中。

淀川長治さん、ごめんなさい。


テーマ:
スタローンには悪いけど私の心はカール・アーバンに傾きつつあります。

「ジャッジ・ドレッド」

judgedredd

今回も「絶対に一緒に観ような!!」と約束していたものの仕事の都合で観ることができなかったS君に捧げます。
ネット上に公開した一人の男への手紙だと思って読んでください。



S君へ

覚えていますか?昨年の年末。君の家で鍋をごちそうになりながら、スクリーン片手に2013年の話題作を語りあった日を。
ダイ・ハード/ラストデイやらアイアンマン3やらパシフィック・リムやと言いながら2人して

「まぁ一番の目玉はジャッジ・ドレッドやな(笑)」って大笑いしたよね。

それもそのはず、今から18年前、俺達の英雄、シルベスター・スタローンが作った映画だけど、小学生の俺達にはそのちょっと前に公開していた「デモリションマン」との違いがさっぱりわからなかったもんな。

トイレに貝殻があった「デモリションマン」と違い「ジャッジ・ドレッド」は印象に残らない、ひたすら腕相撲してる様子を延々と見せられた「オーバーザトップ」並の黒歴史としてまだ出会っていない小学生の頃の俺たちは「早くランボーかロッキーの続編を作れ!!」と怒っていたはずさ。


今年になって初めて一緒に観に行った96時間リベンジを観た時も「いよいよ2月はダイ・ハード!!・・・よりもジャッジ・ドレッドのリメイクやで(笑)」と笑いあった夜から約1か月俺は一人映画館に向かったわけだ。

あぁ、もちろん、気持ちは最近のドルフ・ラングレンもしくはセガール主演の映画を見るくらいの軽いノリさ。




約2時間後、俺はソファーに座りこみしばらく映画館から出れずにいたんだ。

何故かって?





めちゃくちゃおもしろかったんだ!!



緊急事態だったよ。陳腐な表現だが、本当にハードでヴァイオレンスでスリリングなアクションムービーだったんだ。


まず今回はドレッドがかっこいい。18年前はすぐにヘルメットを脱いでドレッドっていうより「いつものスタローン」だったけど、カール・アーバンは一度もヘルメットを脱がずドレッドであり続けたよ!!パートナーのアンダーソンもかわいい上に強くって映画に華を添えていた。

悪役のママ役のレナ・ヘディもまさに暗黒街の女王と言った佇まいでドレッドに負けない存在感だった。

これで映画自体はしょぼかったらまだよかったんだが、迫力ある映像とスローモーションの絶妙な演出。臨場感のある銃撃戦でまさに3D!!を最大限活用していたんだ。何度観ても途中で寝てしまうアバターに見習って欲しいよ。

目を覆いたくなるようなグロイシーンが多かったんだけど、それもこの作品の世界観にうまくあっていて、あまりグロイのは好きじゃない俺でも楽しめたよ。

そして何よりドレッドの声とセリフが良くてね、観た日以来俺は声を2オクターブ下げていつも口はへの字にしている、おまけに俺も大学は法学部にしとけばよかったとさえ思っている。笑える話さ。

関西ではなんばか京都でしか上映していないからきっとS君はブルーレイでの鑑賞だと思うけど期待して待っていてくれ、きっとS君も観終えた後はしばらく「ジャッジメン・ターイム」とかつぶやくと思うよ。

今度ジャンゴ観に行く時に買っておいたパンフレットを渡すから楽しみにしていてくれ。





本当にこんなおもしろいとは思わなかったです、完全に「期待」を裏切られました(笑)グロイので15歳未満鑑賞禁止ですが、何とか法の目をくぐって劇場に潜入するか、レンタル開始されたら両親なりじいちゃんばあちゃんなりの協力のもと観てください。新しいハードボイルドなドレッドを作り上げたカール・アーバンと映像美には脱帽ものです。先ほど書きましたがアンダーソン役のオリヴィア・サールビーとママ役のレナ・ヘディにも俺が法律いや、俺がアカデミー賞審査員なら最優秀サイドキック賞と最優秀ビッチ賞を与えたいです(笑)音楽もかっこよくて印象的です。

個人的に好きなシーンはドレッドの館内放送での死刑宣告シーンと汚職警官のノドを潰して殺したのと破壊弾を浴びせたシーンですね。「死亡遊戯」から35年ぶりの「建物登って行って各フロアでバトル系ムービー」の金字塔が生まれました。


ドレッドさん、あなたが法律で間違いないです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

デッドプー太郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。