DAYDELIC 3

DELIC RECORDS主宰「EC」忘備録 www.delicrecords.net/

 

テーマ:

FEBRUARY 15, 1986

 

This Week No.1  Colonel Abrams/Colonel Abrams

 

 

プリンスが参加したことでも有名なファンク・バンド、94eastのメンバーだったギタリスト兼ピアニスト、ヴォーカリスト、カーネル・アダムスのデビュー・アルバム『COLONEL ABRAMS』。このアルバムからは5枚のシングルがリリースされた。まずUK~ヨーロッパでヒットし、その後本国アメリカでもヒットを記録。セカンド・シングル「Trapped」は、1987年春までに全世界で500万枚のセールスを記録したと言われる(吉岡正晴氏のソウル・サーチンより)。その結果、12インチ・シングルが中心のダンス・チャートにアルバムがチャート・インした。

 

当時、J.M.シルク「Shadows of Your Love」、「I Can’t Turn Around」のヒットでポップ・ミュージックとして認知されはじめたハウス・ミュージック。そのルーツのひとつと言われるデビュー・シングル「Music Is The Answer」の成功を元にしたアーバンなダンス・チューンを中心にしたアルバムで、12インチ・シングルではディスコDJとして名を馳せていたティミー・レジスフォードをリミキサーとして起用するなど、ディスコ~クラブマーケットを強く意識した仕上がりに。実際、セカンド・シングル「Trapped」はラリー・レヴァンやロン・ハーディーもDJプレイしたディスコ・クラシックとして知られている。サザン~ディープ・ソウル・シンガー、ソングライターとして知られるサム・ディーズと共作したアーバン・メロウ「Never Change」もいい。

 

 

「The Truth~12inch Version」Remixed by Louil Silas, Jr.

 

 

「Trapped~Dance Version」Mix by Timmy Regisford

 

 

 

「Speculation~ Extended Version」Remixed by Timmy Regisford

 
 

 

「Over and Over~Extended Dance Version」Remixed by Louil Silas, Jr.

 
 

「Over and Over~Club Version」Mixed By Larry Patterson, Merle McDonald 

 
 

「I'm Not Gonna Let You~Extended Version」Remixed by Timmy Regisford

 
 

 

※2010年に、UKの再発レーベル〈Vinyl Masterpiece〉よりボーナス・トラックとして12インチ・シングルを収録したCDが再発された。

 

「The Truth」Sampled:Livin' Large

Love Is What We Need (Full on Messin' Mix)

Love Is What We Need Nice 'N' Ripe 1993

 
 
「Trap」Sampled:Fantastic Mr Fox

The Trap / Jackal Youth

Black Acre 2013

 
 
「I'm Not Gonna Let You」Sampled:Mariah Carey
Can't Take That Away (Mariah's Theme) 
(Morales Revival Triumphant Mix)

Can't Take That Away (Mariah's Theme)

Columbia 1999

 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

FEBRUARY 8, 1986

 

This Week No.1 

Jennifer Holliday/No Frills Love (Extended Dance Remix)

 

 

【The extended】で紹介済み。是非チェックして下さい。

 

 

 

トニー賞にも輝いたブロードウェイの歌姫、ジェニファー・ホリデイのパワフルな歌声をたっぷり堪能できるダンサブルなゴスペル調R&B。手掛けるのは巨匠、アーサー・ベイカー。シェップ・ペティボーンがeditorとしてクレジット。当然、edit入り。

 

 
 
1996年には、元ラテン・ラスカルズのトニー・モランによるハウス・リミックスもリリースされた。
 
 
 
 
 
Sampled:Everyday/DJ Pierre   Everyday Italian Style Production 1991
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

FEBRUARY 1, 1986 

 

This Week No.1 Grace Jones/Slave To The Rhythm (Blooded)

 

グレース・ジョーンズをはじめて見たのは映画『007~美しき獲物達』。内容は忘れたけど、男を持ち上げてぶん投げるシーンが忘れられない。ヴィジュアルのインパクトが凄かった。それが本来のグレース・ジョーンズだってことを知るのはずっと後のこと。

 

 

 

 

85年にリリースされた通算7枚目のアルバム『Slave to the Rhythm』は、当時飛ぶ鳥を落とす勢いだったZTTレーベルのトレヴァー・ホーンとバングルスのブルース・ウーリィ他がプロデュースを担当、アート・ディレクションを、夫でありデザイナーのジャン・ポール・グードが担当するという鉄壁の布陣。

 

アルバム全曲が「Slave to the Rhythm」のヴァージョン違いというコンセプト・アルバムで、曲中に関係者や本人へのインタビュー、朗読などの声ネタをエディットし収録するという自伝的な構成。当時の音楽ソフトをレコード・アルバムと言っていたが、その本来の意味(レコード(=記録)・アルバム(=写真帳))をそのまま具現化しようとしたんじゃないか?と思わせる。

 

写真を切って貼り(=edit)、その写真自体を拡張(=extended)してしまうという秀逸なアートワークは、extended mixを作る過程と同じ。つまり、アートと12インチ文化、ポップスを繋いだまさにポップ・アートと言うべき作品だし、もっと言うとedit、sampling、remix文化をも取り込んだ傑作と言える。

 

85年にシングル・カットされたタイトル・ソングは、当時人気だったGo-Goバンド、E.U.のメンバーであるTimothy "Shorty Tim" GloverやWilliam "Ju Ju" Houseらも参加した本格的なGo-Goで、イントロや間奏をたっぷり収録した8分強の12インチ・シングルがリリースされた。恐らくこれがオリジナル・ヴァージョンで、LPに収録されたヴァージョンはRadio Edit的なものではないかと推測する。ちなみに、1986 MTV Video Music Awardsにもノミネートされたジャン・ポール・グードが手掛けたポップなMVも傑作。

 

 
 
 
 
 
 
 
Sampled:A Tribe Called Quest/Bonita Applebum (12" Slave Edit)

Jive 1990

 
 
 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。