先日、ブログ開設9周年を迎えました。
 
「キラキラ美人サロン」というタイトルで、2008年のバレンタインデーからスタート。
「キラキラ」という言葉は、キラキラ女子・キラキラネームという言葉が注目される以前から使用していたことになります。
 
 
 
 
ブログを始める際に、「タイトルは?」と色々考えた時に。
日本語の音で考えると、カ行は力強くイメージ的にも明るいことから、ブログをご覧いただいた方が「キラキラとした美しい人」になる後押しができたら、という意味でのネーミング。
 
その後、「キラキラ美人」を発展、成熟させたキーワード「美エイジング」を考案し、特許庁にて登録商標も行いました。
もしかしたら、キラキラ美人も同じように申請すればよかったかもしれませんが、今となっては過去の自分、懐かしい想いばかりです。
 
 
 
ブログを始めた40代、現在は50代。
その過程で、加齢とは40歳以上の女性が自分らしく過ごす時期のことだと身をもって感じています。
アンチエイジングでは、加齢に対して抗う・ノーという意識が感じられます。
けれど、美エイジング®では、加齢を成熟の過程のひとつとして捉えるので、女性にとって心身ともに無理がありません。
 
無理がないということは、継続できること。
心穏やかに過ごすことができれば、心にも体にも良い影響がみられます。
慢性的な持病であるバセドウ病と共に生きながら、実感しています。
 
今年は美エイジング®アカデミー、美エイジング®協会について、より多くの方々に知っていただけるように邁進します。
 
 
 
 
 
“美しいひと”になる' アラフォー・アラフィフ女性の健康・美容・心理
テーマ: 健康・メンタルヘルス、美しいエイジング、色彩心理、アートセラピー
 

ノーツマルシェ桜井まどか色彩心理学


ミズライフカラーへのお問い合わせ/お仕事依頼フォーム

にほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へ


 にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ

 

 
 
 
コストコホールセール川崎倉庫店でロスティバリューパック3個入りを購入。
 
スイス色たっぷりのプロモーションはコストコらしさがあり、楽しい雰囲気
は売り場コーナーで目立っていました。
 
 
 
 
ロスティはスイスの郷土料理。お味は野菜のブイヨンが美味しく効いていて味付けは不要です。
 
焼くだけの簡単に出来るスイスの郷土料理は常備食として、我が家のキッチンにはいつもスタンバイ。
常温で1年以上保存出来るので、お買い得の時にまとめ買いしています。
 
 
 
 
 
(許可を得て写真撮らせていただきました)
 
コストコホールセール川崎倉庫店でのフォトジェニックなプロモーションは、スイスデリス ブランドの赤を基調に品良く目立っていました。
 
期間限定で2月12日(日)の今日までの開催だそうです。
 
 
スイスデリス・ロスティ・バリューパック
 
 
 
 
ロスティはカルディでも1個から購入可能ですが、コストコでは3個入りバリューパックが登場。
そのお得さに、まとめ買いの方がたくさん集まっていましたよ。
 
コストコで買えるロスティ
 
コストコで売ってるロスティ
 
 
写真の通り、男性にも簡単に美味しく作ることができて、ビールやワイン片手に焼きながら‥というシーンも絵になりそうですね。
 
いまジャガイモがお高いのですが、こうしたオシャレで楽しく美味しいロスティを活用したいです。
 
 
 
 
アラフォーアラフィフ女性はお仕事にプライベートにと毎日が忙しいですが、ロスティのようなアイデア次第でアレンジできる1品が手元にあると助かります。
 
お弁当のおかずやおつまみ、急なホームパーティにも対応できます。
 
食も時間も、美しくクリエイト。
 
日常の精神的な充足、余裕は美しいエイジングにつながります。
 
 
 
 
 

にほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へ


 にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ

 

 

 
 
 
Salon de Misa(サロン・ド・ミサ)主宰 フラワーデザイナー河島美佐子さんからお花をいただきました。
 
先週2月3日に18歳で虹の橋を渡った飼い猫・みゅうみゅうのお話をフェイスブックでご覧くださり、お供えのお花として。
またインテリアフラワーとしてのお顔もあり、心が和みます。
 
小さなみゅうみゅうのイメージに寄せて、可愛らしいイメージのフラワーアレンジメントをありがとうございます。
 
 
背景をお供えのお花としてパープルの布(私のオーガンジーのストール)に変えてみると、また印象も変わります。
 
 
みゅうみゅうのイメージは淡い黄色、ベージュ、ゴールド、明るい茶色。
毛並みの色の印象が強く、現在は光に包まれていると感じるからです。
 
日々の関わりの中では、元気な時は活動的なイメージの赤だったり、庭で保護した時は自由にのびのび駆け回っていた姿からグリーン。
 
 
 
みゅうみゅうの動き方や姿に、私が受けた印象が色と結びついています。
それは客観的な分析ではなく、私が主体として感じたもの。
色彩によって、その時々の昔のみゅうみゅうの様子と私の感情や環境も同時に思い出すことができます。
 
色彩心理カウンセラーとして、姿の見えないみゅうみゅうを側に感じるのはこうした色、モチーフです。にゃんこがもたらしてくれる新たな感性・感覚と共に暮らしを楽しみます。
 
 
 
 
関連ブログ
 
 
 
 
“美しいひと”になる' アラフォー・アラフィフ女性の健康・美容・心理
テーマ: 健康・メンタルヘルス、美しいエイジング、色彩心理、アートセラピー
美エイジングのコラム

ノーツマルシェ桜井まどか色彩心理学

桜井まどか【インタビュ-掲載】 
桜井まどかインタビュー☆美しいエイジング50代

ミズライフカラーへのお問い合わせ/お仕事依頼フォーム

にほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へ


 にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ