デキルコのWCCFプレイ日記&雑記

WCCFに関連した内容となります。
プレイでの連携や使用感、雑記を掲載していきます。


テーマ:

こんにちは。

去る62日~12日に開催されたサッカーマガジン_スペシャルトロフィーで得た商品とユニホームは以下。

ゴールドバンドを得ても、もったいなくて使用できませんが( ̄▽ ̄;)。

フルコンプの店長さん(大のリバプールファン)も間違いなくゲットして喜んでいることでしょう。

 
 

さて、去る6 日に記載したマンチェスター・シティーを組んだ目的の一つがプルバック重視の使用感を見る為でした。
プルバック重視の特徴は「敵陣深くに進入してややマイナス気味のクロスを供給する」
実際の使用感を以下に記載します。
他のKPに比べ、ゴールライン間際まで深く進入する場合があることを確認、若干のカットインを見せてからクロスを供給することもある。
■ダイレクトプレイ設定時のクロス供給位置(イングランド縛り~スターリング)
 
■プルバック設定時のクロス供給位置(マンC縛り~スターリング)
 
ボールの保持時間が長いことから相手DFにプレスを掛けられボールを失うことも有り。ボールを獲られないようDFをかわしている間に寄ってきた味方にパスしてしまう場合も見られるが、この時の蹴りがクロスのために蹴ったのかと見間違えてしまい、シュートボタンのタイミングに戸惑ってしまうこともあった。
クロスの質は比較的グラウンダー気味に供給されてくるが、中にはバウンドしてくるものも有り。バウンド有無に関してはフィニッシャーとの位置関係も影響有り(フィニッシャーとの位置関係が通常より近くなることからシュートボタンのタイミングが慣れるまでは苦労するかもしれない)。クロッサーのpower値にも依存するかは未確認。クロスの質がグラウンダー気味になっても相手DFに足元でカットされることがある。これは通常のクロスをヘッドで弾くのと同様。相手DFにカットされやすいのは相手DFの足元の技術(テク値?!)が影響しているかは判らない。
フィニッシャーとクロッサーとの位置次第でマイナスクロス気味になるので、GKが出てきても得点に結びつくことが多く感じる。

サバレタの特殊KP「ニアゾーンの支配者」発動でクロスに合わせやすくなったように感じる。軌道はバウンドなく直線気味、またシュート判定の許容が広くなったせいもある??

プルバック重視を使用するよりは他のKPを用いたクロス供給の方が得点の効率が高く感じた。
 

クロス対応で長身のジェコを選択していたが、グラウンダーであればアグエロでも良かったかと後悔させられた。デ・ブライネのスルーパスもあるし、相応のスピードと抜け出しの上手さを持っているフィニッシャーの方が良いのだろう。ただ、ジェコはジェコなりの頑張りも見られてはいた。勢いよく走り込んではシュートを放ち、反動で転がる。懸命さは見せてもらった。

ミルナーのクロス重視発動時は存在感が見られてはいた。
 

では、またヽ(^o^)丿。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。