DEN
LIVE SCHEDULE
---------------------------------------------------
-test-No.-


『CHAIN the ROCK Festival 2017』
高田馬場 CLUB PHASE
★2017.08.12(土)test-No.(ワンマン)
★2017.08.13(日)
川崎CLUB CITTA'
★2017.08.25(金)
★2017.08.26(土)
★2017.08.27(日)

★2017.09.07(木)高田馬場 CLUB PHASE
★2017.09.19(火)渋谷club asia
---------------------------------------------------
月野 恵梨香
★2017.08.19(土)新宿FNV
サポートベーシストとして参加

---------------------------------------------------
-ZIGZO-

ZIGZO オフィシャルホームページ
http://zigzo.net/

---------------------------------------------------
-Other-

test-No.008が下記の各サイトにて
ダウンロード販売開始!

■iTunes 2014/09/01リリース
https://itunes.apple.com/jp/album/id910577523

■music.jp 2014/09/01リリース
http://store.music.jp/

■オリコンミュージックストア 2014/09/10リリース
http://music.oricon.co.jp/

■mora 2014/09/01リリース
http://mora.jp/
■レコチョク 2014/09/24リリース
■Amazon.mp3 2014/09/24リリース
Amazon.mp3
iTunes以外の各社はリリース後にURL確定となります。
各サイトでリリース後にご確認下さい。

test-No.サイトでは
2014年09月10から

CD
test-No.007.7

test-No.008
を発売中です
購入をご希望の方は
PC
--------------------------
下記のサイトで
携帯電話の着メロダウンロード配信中
■BY-SEX『ago』
着うた→2011/08/18(木)~
着うたフル→2011/08/25(木)~
■test-No.『test-No.007』
着うた・着うたフル→2011/09/01(木)~
インディーズ公式サウンド(着うた)
http://indies.artistofficial.com/ (ケータイからアクセス)
インディーズ公式サウンドフル(着うたフル)
http://fullindies.artistofficial.com/ (ケータイからアクセス)
※スマートフォンは現在、未対応です。
$test-No.(テストナンバー)DENオフィシャルブログ「DEN MARK XXX」by Ameba
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年07月26日(水) 07時00分00秒

レコーディングの話5

テーマ:ブログ
本日は
レコーディングの話
第五話目
『まとめ』です
ここまでの四回
なるべく
端的に書いてきたつもりですが
僕の文才の無さで
読み辛かったらごめんなさい
さてさて
今日は最終話と言う事で
さらに端的にまとめると
レコーディングした
音は最初は『原石』であり
mix作業はそれを
いかに『磨く』か
と言う事ではないかと
僕は思います
どんなに磨いても
原石に輝く物が
含まれていなければ
光りません
でも、少しでも
輝く成分が含まれていれば
磨き方によっては
とても面白い光り方をします
逆に
輝く成分が
沢山含まれた原石でも
磨き過ぎたり
その原石に
合わない磨き方をすると
カッコ良くは光りません
今の僕の結論は
『下手くそでもカッコイイ演奏』
『mix作業は焦らず
時間をかけて原石を丁寧に磨く』
そして
『磨き方にはこだわらない』
です
まあ、これからも
mix作業をする度に
発見があるので
今後は真逆な事を
言い出すかもしれませんが…
f(^_^;
そんなこんなで
長々と五回分も
読んで下さいまして
ありがとうございました!
また、なにか
気がついたり
楽しい発見があったら
今回のような方法でも
書いてみますね
(^^)v





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017年07月25日(火) 07時00分00秒

レコーディングの話4

テーマ:ブログ
本日は
レコーディングの話
第四話目
自力mix作業を
続けていて
『気がついた事です』
最初の頃は
とにかく細かく
各楽器のフレーズや
1つ1つの音色に
こだわって
色々なソフトを
多用して
ベースの一回の録音にしても
同時に色んな種類の音を
何本も用意して録音したり
ドラムや
ギターの音色に関しても
かなり細かく
作り込んでいました
でも
最近は
なるべく録った最初の音を
時間をかけて
微調整する方向に
変わってきました
なぜそうなってきたかと言うと
僕の主観ですが
良かれと思って
音を弄れば弄るほど
バンド全体で聞いた時に
なんだか
『曲全体がボケる』からです
そして
最近の僕は
mix作業の現場では
定番とされているソフト達も
あまり使わなくなりました
なぜなら
定番と言う事は
『みんなが使っている』
と言う事で
なんだか
どこかで聞いた事のある
似たような
音になってしまうからです
決してカッコの悪い音ではなく
むしろカッコ良く聞こえる音
なのですが
自分を表現する
立場の人間としては
『う~ん退屈だなぁ』と
思ってしまい
邪道でも間違っていても
ついつい
面白い音や新しい表現を
求めてしまうからでしょう
そんな訳で
僕は新しいソフトが出ると
それがプロ用であっても
アマチュア用であっても
試してカッコよければ
即採用してしまいます
かなり
デタラメな方法
かもしれませんが
カッコよければ
イイんです!
まあ、演奏がダメだと
なんともならないのですが…
(^_^;)
さて、本日はここまで
明日はいよいよ
最終話で~す





いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2017年07月24日(月) 07時00分00秒

レコーディングの話3

テーマ:ブログ
さてさて
本日は
レコーディングの話の
第三話目
自力で音源の
mix作業をしようと
思いたった僕が
特に困る事なく
すぐに実行できたのは
やはり、進化した
レコーディング環境が
大きな要因だと思います
昔のような
アナログ機材を
使う訳でもなく
テープに録音する必要もない
パソコンとソフトと
少しの機材があれば
かなりイイ感じに音源を
仕上げられる状態を
実際のレコーディング現場で
プロのエンジニアさん達が
行っているのを見ていて
とても興味が湧いてきて
自分で表現出来る事が
さらに広がった気がしました
今でもそうなのですが
僕のmixは
『僕がその時に出したい音』であり
『僕がその時に聞きたい音』なので
プロのエンジニアさんからすると
かなり邪道だったり
間違っていたりするかもしれません
でも、僕の持論ですが
本来、ミュージシャンは
皆さんに音源を
聞いて頂く直前まで
自分で作品を仕上げられれば
ダイレクトに
気持ちを伝えられて
とても幸せな状態であると
思っています
その為に
試行錯誤する事には
全く苦労を感じないし
とても
楽しくて仕方がない状態で
気がつくと
何時間も作業しています。
そんなmix作業ですが
かれこれ8年程続けてきて
色々と気がついた事が
あったりします
明日からは
その辺りを
書いてみようと思います
ではでは
また明日!







いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース