正直なとこ、全然足りない。
もっと、ちゃんと、愛されてるっていう実感がほしい。

女々しいよね、俺…。
こんな俺だって、ときには凹む。
けど、ほしいものは やっぱりほしいからさ。

おとなしく『聞き分けのいい子』を演じてたって、たぶんこっちの気持ちに全然気づいてくんないし、この人。

あ~あ。今夜はまだお酒もそれほど進んでないのに…
ソファを背もたれにして、床にあぐらをかく猫背のあなたは、いつにも増して目蓋が重たそう。

今おねだりしても、よい効果は期待できそうにないけど。いつだって果敢に(無謀に?)トライだけはしてみる。

こんな健気な俺を、たまには褒めてほしいよ。


「ねぇ…好き?」

酔いに任せてこんなふうに『ありきたりな言葉』をせがむ俺。あなたの目にはどう映ってるんだろう。

「ん…?好きだよ」

まるで機械仕掛け。
たいした抑揚のないオウム返し。
得られるのは、いつもどおりの穏やかな頬笑みだけ。

「それだけ?」
拗ねてみたところで何かが変わる訳じゃない。
一瞬、困った顔で鼻の頭を掻いてから、俺の髪をワシャワシャと撫で始める。

「…俺、ワンコじゃねぇっつうの」

そう文句を溢しつつ、ワンコに徹するのも悪くないか、とも思い直す。膝にゴロンと頭を預けて、整った顎ラインを見上げるのが結構気に入ってる。


この人は、ほんと、優しい。
苦手なことでも一生懸命考えて、なんとか俺をなだめようと頑張ってくれる。

「あ~!?また俺のこと、"うぜぇな"って思ってない??」

「ばか、うざいなんて思うわけないだろ」

ちょっとマジな顔で反論してくれるとこが、好き。

少しうなだれてから、
「ん~、よくわかんねぇんだよなぁ…」
と、ぼそっと呟く声も。

「なんかいっつも申し訳ないとは思うんだけど…。どうやったら、ちゃんと伝えられるんだろな」


ははっ。こっちこそ、ごめんね。
ちゃんと、伝わってるって。

俺のことを真剣に考えてくれてるのが、すごく嬉しい。
そんな表情を見せるから、もうちょっとだけ、困らせてみたくなるんだ。

"こんなこと言ったら嫌われるかも…"
なぁんていう躊躇や危機感は、とっくにどこかに置き忘れてきちゃったよ。

俺を甘やかし続ける、あなたの責任だからね?


俺はあなたを、信じてる。
あなたは俺を、決して裏切らない。
俺が一番、俺らしく居られる場所。
あなたが与えてくれた、俺の帰る場所。
この居心地のよさを知っちゃうと、もうダメだよね。後戻りはできませんっ!

だから…

もっと、もっと、ちょうだい?


「なぁ…潤」

「なぁに?」

「…俺の…さぁ、愛情って
??」

=====