川崎署は19日、偽ブランド品を販売したなどして商標法違反の疑いで、横浜市青葉区しらとり台の無職、小笠原有子容疑者(46)を逮捕した。

 同署の調べによると、小笠原容疑者はグッチのネックレスの偽造品1本をインターネットオークションで1万9000円で販売したほか、偽ブランド品93点を販売目的で所持した疑いが持たれている。

 同署によると、容疑を認めており、「偽ブランド品を売って、裕福な生活をしたかった」と話しているという。

【関連記事】
偽ブランドなど2万点を処分 東京税関、輸入差し止め品
ネット競売で偽ブランド販売、容疑の中国人を逮捕
大阪鶴橋に偽ブランド店街、「ツルメス」販売容疑で逮捕
「なんちゃってコーナー」と称し偽ルイ・ヴィトン
ヴィトンなど偽ブランド、販売目的3万点所持に実刑判決

「教習所行ったが…」20年無免許運転の男逮捕(読売新聞)
知的障害児施設で虐待=不適切な拘束など440件-「自傷行為止めるため」-大阪市(時事通信)
「減税こそが政治の役割」河村市長が熱弁(読売新聞)
<1歳変死>母親の内縁の夫を傷害容疑で逮捕 大阪・堺(毎日新聞)
<天然記念物き損容疑>「シカ売れば金に」 新たに1人逮捕(毎日新聞)
AD