白血病などの移植治療に使うため、新生児のへその緒から採取したさい帯血を管理する「日本さい帯血バンクネットワーク」(会長、中林正雄・愛育病院長)の通常総会が27日、東京都内で開かれた。各地のバンクから資金不足を訴える声が相次ぎ、診療報酬の増額など支援を国に働きかける方針を決めた。

 ネットワークは全国11の公的バンクを統括している。事務局によると、さい帯血中の造血幹細胞を適合する患者に移植するには、検査も含め1件あたり約200万円かかるが、現行制度では診療報酬が約17万円しか支払われない。国の補助金を含めても運営は苦しく、「宮城さい帯血バンク」は11年度の事業継続が困難視されている。

 総会では同バンクが「運営が可能な来年度中に将来の事業形態を検討したい」と報告。他バンクの担当者からは「どこも赤字なのが実態」などの意見が出された。中林会長は「費用に見合う収入がなければ運営できない。移植費用を診療報酬でまかなえるようにするなど、国に改善を訴えたい」と話した。【江口一】

【関連ニュース】
さい帯血バンク:宮城のNPO法人が経営危機
歯周病:骨髄液から歯ぐきを再生し治療 広島大で成功
生体肝移植:切り取る肝臓を小さくできる手術法を開発
さい帯血バンク
幹細胞による再生医療

容疑者拘束、日本政府も確認=情報提供要請へ-ギョーザ事件(時事通信)
<傷害容疑>中3長男と口論、殴り重体 38歳父逮捕 愛知(毎日新聞)
「市民に紛れて生活も」=オウム手配容疑者で情報を-警視庁(時事通信)
北教組「校長交渉」の文書入手 「学テ公表するな」「異動は組合尊重」(産経新聞)
山手線トラブル、原因は切れた情報通信ケーブル(読売新聞)
AD