自民党の大村秀章、保利耕輔両衆院議員は、それぞれ愛知県と佐賀県の農業共済組合連合会会長を辞任する意向を明らかにした。赤松広隆農相が「政治家がトップを務めるのは望ましくない」として交代を求めたことを受けた措置。両氏辞任で国会議員が会長を務める連合会はなくなり、公的団体の政治的中立を求める鳩山政権の考え方が貫かれる。

 農業共済は、農家が加入する公的保険制度。掛け金や事務費の半額を国が負担している。農林水産省は今年1月、議員らによる会長職兼務を解消するよう求める担当局長名の通知を出した。毎日新聞の取材に対し、大村氏は「農業共済連が政治的と見られるのは本意でない」と、保利氏は「地位に固執しない」と話した。【太田圭介】

首相動静(2月23日)(時事通信)
<お手柄中3生>火災の住宅から幼い姉妹ら救出 大津(毎日新聞)
首相動静(2月20日)(時事通信)
警部補を書類送検=妻に個人情報漏らす-静岡県警(時事通信)
<大津波警報>太平洋沿岸に高さ1~3m 気象庁が発令方針(毎日新聞)
AD