■広島大の彦坂教授ら 結晶化率ほぼ100%に成功

 鉄鋼の2~5倍の強度を持ち、加工やリサイクルが容易な新たなプラスチックの開発に、広島大の彦坂正道特任教授らが成功した。透明でガラスの代わりにもなり、既存のプラスチックとほぼ同じ方式で大量生産ができる。

 プラスチックの一種であるポリプロピレンなどの既存の高分子材料は、軽量で安価といった長所がある一方、強度や耐熱性などが金属に比べて劣っていた。

 研究チームは、それらの欠点の原因である高分子材料の結晶化率の低さに着目。ポリプロピレンの液体温度を融点よりも低い150度に下げてから、1ミリ以下の厚さに圧縮して引き延ばすまでの作業を、一瞬で行った。

 その結果、結晶化率がほぼ100%のプラスチックを作り出すことに成功。新たなプラスチックは結晶の向きがそろっていることから「ナノ配向結晶体(NOC)」とも呼ばれ、鉄鋼やガラスなどの代替ができる。乗用車の素材として用いた場合、車体重量が現在の約半分になるという。耐熱性はポリプロピレンに比べて50度以上も高く、176度に達した。研究チームは今後も強度などの向上を目指すとしている。

【関連記事】
ごみ排出量減少→ごみ発電も減少 景気低迷と分別徹底が要因 
【サブカルちゃんねる】エコキャラ「セバタン」、蝶野とタッグ
山梨発「流通革命」 主要スーパーが標準クレート導入で物流効率と省資源化に効果
【住まう】リサイクルショップ「PASS THE BATON」 「使う」「思い」次へ伝える
ケータイで省エネチェック ドコモのエコライフ
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

友人母に女児刺される 大阪で逮捕「いきなりやられた」(産経新聞)
育毛剤 毎日新聞記者が体験…生える場所は選べず(毎日新聞)
消費税率「いずれ上げる必要」=経産相(時事通信)
ヤフーと中国最大手 ネット通販を一体化(産経新聞)
「職場のうつ病」GW明けは自殺者が多い?(産経新聞)
AD