22日午後2時半ごろ、北海道むかわ町穂別仁和の山林で、男性が血を流して死亡しているのを近所の人が見つけた。近くに住む無職の男性(73)とみられ、右肩から胸にかけ、大きなつめでえぐられたような深い傷があることから、道警苫小牧署はヒグマに襲われたとみている。
 同署によると、死亡したとみられる男性は同日午前9時ごろ、山菜採りに行くと家族に言い残して外出。普段は1時間程度で戻っていたが、この日は午後になっても帰宅しないため、近所の数人が周囲を捜索、最寄りの民家から約500メートルの山林で遺体を見つけた。 

【関連ニュース】
死亡女性、DV被害を相談=元夫から聴取
佐用町水害で不明男児捜索=下流域でランドセル発見
従業員ら4人逮捕=一家3人不明、死体遺棄容疑
不明3人か、遺体発見=愛知の資材置き場
両腕遺体は女性会社員=競艇場に流れ着く?

<小沢幹事長>青木氏長男擁立に「厳しくなった」(毎日新聞)
首相、23日に沖縄再訪=対話集会は見送り―普天間(時事通信)
DEEP、6月にシンフォニックコンサートツアーを開催
小2女児刺した女は元看護師、父は「えらいことしてくれた」(産経新聞)
ツイッター野球拳
AD