民主党の蓮舫参院議員は14日午後、都内の日本外国特派員協会で講演し、23日からの独立行政法人や公益法人を対象にした「事業仕分け第2弾」について、「今回は(予算を)切る、(事業を)廃止するだけではない。どうしたら制度としてもっと使いやすい国の組織が成り立つのか。(組織の)再構築が次の目標だ」と述べ、仕分けを制度改革につなげる考えを強調した。
 蓮舫氏は事業仕分けの「仕分け人」の一人。仕分けによる内閣や民主党の支持率への影響について質問を受けると、「民主党への期待が高まるかどうかは(仕分けの)後から付いてくること」と答えるにとどめた。 

【関連ニュース】
政府・民主党、支持率続落に広がる危機感=首相「踏ん張りどころ」
職業大学校、4年制廃止へ=敷地売却、付属校に移転
民主新人が仕分け報告=枝野氏「期待以上」
大学入試センター、民営化を検討=研究開発独法は整理統合
「仕分け人」に働き掛けないで=行政刷新相

「エコ通勤」義務化を検討=CO2大量排出事業者に-京都市(時事通信)
大阪市の虐待通報、前年度比の1・5倍に 児相の人手不足深刻(産経新聞)
患者拘束死、理事長らカルテ改竄 「病院守るため」隠蔽、書類送検(産経新聞)
青海地震で緊急支援=政府(時事通信)
ブルトレで九州一周!“贅沢”な旅、完売間近(産経新聞)
AD