デイブレイクおかもの『なんかなし書いてんもう』

福岡県福岡市博多区中洲に在るbar Day-Breakの店主「おかも」が
お気に入りの酒、音楽、映画、たまに日常の出来事なんかを紹介していきます


テーマ:

ヴァイブレータ ヴァイブレータ('03)


自分の頭の中に氾濫する声に悩まされ、不眠や過食、食べ吐きを繰り返すアルコール依存症の31歳のルポライター、早川玲(寺島しのぶ)
ある雪の夜、コンビニでひとりの若い男(大森南朋)に目を留めた彼女は、「彼を食べたい」と言う直感に従い行きずりの関係を結ぶ
男は岡部希寿と言うフリーの長距離トラック運転手


翌朝、そのまま岡部のトラックに揺られ次の仕事先である新潟へと同行した玲は、彼と言葉や肌を重ねながら徐々に心癒されていくのであった…


監督は「東京ゴミ女」の廣木隆一


毎日寒いですね~
どうも!福岡市博多区中洲に在る
bar Day-Break(バー デイブレイク) の店主『おかも』です(^_^)


現代女性の苦悩と心の再生を描いた赤坂真理による同名小説作品です
ヒロイン役の演技派女優、寺島しのぶが繊細かつ大胆な演技を披露してます
大森南朋の金髪&ピアス姿も新鮮です(^_^)


劇中出てくるお酒:マドンナ、ギルビージン


★★(5つが最高)



ヴァイブレータ 新装版 (講談社文庫)


「人気blogランキング」に参加してます
面白いと思った方はクリックお願いしますm(__)m by おかも →
ココ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

'16.11.17(Thu)
GM社&ベンロマック蒸留所 生産者来日セミナー@ホテルオークラ福岡


久しぶりのセミナー参加でした
どうも!福岡市博多区中洲に在る
bar Day-Break(バー デイブレイク) の店主『おかも』です(^_^)



GM1


当日は英国ゴードン&マクファイル社より社長のユアン・マッキントッシュ氏とリチャード・アーカード氏を招いてのセミナーでした


いつもは無料のセミナーが多いのですが、この日のセミナーは有料という事もあり、スペシャルな試飲アイテムもありました(^_^)



GM2     GM3


テーブル上のサンプルボトルだけでも
①ベンロマック10年(43%)
②ベンロマック10年 100プルーフ(57%)
③グランタレット2002(43%)
④グレングラント For JIS 1989 カスクナンバー25868(46%)
⑤カリラ2003 コニサーズチョイス(46%)


以上5アイテムに加え、スペシャル試飲アイテムとして


・ベンロマック35年 シェリーカスク(43%)
・グレングラント1952 G&M レアビンテージ(40%)
 の2アイテム

到底今の私の店では仕入れられないお酒です(-_-;)


この他にも会場のわきに結構な数の試飲アイテムが並べてあり
ある意味、飲み散らかしてしまいました(^_^;)


「人気blogランキング」に参加してます
面白いと思った方はクリックお願いしますm(__)m by おかも →
ココ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

希望ヶ丘夫婦戦争  希望ヶ丘夫婦戦争('08)


東京都心から2時間ほどの平凡な住宅地、希望ヶ丘
ここに住む零細企業の宣伝マン、猫田千吉(宮川一朗太)と専業主婦の弘子(さとう珠緒)の夫妻は35年ローンで購入した家の支払いに追われ、節約の日々を過ごしている


ある日、千吉のEDに悩む弘子は、風水好きの主婦仲間に夫婦生活の危機を指摘される
焦った弘子は、言われるままに風水にのめりこんでいく
一方、弘子の想いを知らない千吉は、近所の知り合いに誘われ、希望ヶ丘の夫たちが作った『男の自立の会』に入会
その実態は妻とのセックス拒絶を目指す男たちの集まりだったが、千吉には心安らぐ場となった
こうして、子供を欲しがる弘子とEDの千吉の溝はますます深まっていく


さらに、活気のない会社に嫌気が差す千吉だったが、社内で繰り広げられる専務(桜金造)と秘書の貞江(範田紗々)の情事の盗撮を密かな楽しみにしていた
だが、ある日それがバレ、網走への異動を命じられてしまう


危機的な状況が、千吉と弘子に和解のきっかけをもたらす
弘子は風水をやめ、千吉はEDの治療へ行くことを決める
さらに弘子は、千吉に頼るばかりでなく、自分も仕事を始めようと動き出す
ちょうどその時、『男の自立の会』のメンバー、池山が究極のリアルドールを完成させる
それは、千吉の願望を反映し、貞江の姿を模したものだった…


最近のはかなりリアルらしい…
どうも!福岡市博多区中洲に在る
bar Day-Break(バー デイブレイク) の店主『おかも』です(^_^)


原作は「ウルトラマン」などの特撮ドラマやCMの演出などで活躍した故、実相寺昭雄による短編小説です


一見幸せそうな夫婦が問題を抱え、悲劇に見舞われる姿をコミカルに描いています
桜金造やイジリー岡田という懐かしい面々も出演してます
実相寺さんがこんな小説を書いてたとは『意外ね、意外ね』(by桜金造)


★★★(5つが最高)


「人気blogランキング」に参加してます
面白いと思った方はクリックお願いしますm(__)m by おかも →
ココ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

紀子の食卓 紀子の食卓('05)  


島原紀子(吹石一恵)は平凡な女子高生
妹のユカ(吉高由里子)、新聞記者の父、徹三(光石研)、母の妙子の4人家族
紀子は田舎でくすぶっている自分や、家族との人間関係に苛立ちを感じていた
そんな中、『廃墟ドットコム』という全国の女の子が集まるサイトを見つけた紀子は、そこで「ミツコ」と名乗り、ハンドルネーム「上野駅54」や他の仲間たちと知り合う
彼女たちとなら何でも分かり合えると感じた紀子は、ある夜、家出して東京へ向かう


東京で紀子は「上野54」ことクミコ(つぐみ)と知り合い、彼女が経営する『家族サークル』とも言えるレンタル家族の一員となる
そこで紀子は「ミツコ」として『娘』の役割を演じながら、本物の『家族』との関係、本当の『自分』との関係を実感していく


2002年5月26日、新宿駅8番線プラットホームから女子高生54人が、ホームへと一斉に飛び込んだ
その謎を解く手がかりを、妹のユカは『廃墟ドットコム』の中に発見する
女子高生54人が集団で自殺した次の日、54の赤い丸が増えていたことから、姉の紀子が54人の中にいるのではと想ったユカは、『廃墟ドットコム』の秘密をもって東京へ消える…


監督は「自殺サークル」の園子温


ネット回線変更の為、2週間開いてしまいました…
どうも!福岡市博多区中洲に在る
bar Day-Break(バー デイブレイク) の店主『おかも』です(^_^)


前回紹介した「自殺サークル」の続編で
未来を模索する姉妹と父の壮絶な運命を通して、家族というテーマを監督独自の視点で描いたホームドラマ(?)です
今回も血が噴き出したり、グロいシーン満載です(^_^;)


★★★(5つが最高)


「人気blogランキング」に参加してます
面白いと思った方はクリックお願いしますm(__)m by おかも →
ココ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

自殺サークル  自殺サークル('02)


夜の新宿駅プラットホームで、54人の女子高生が手を繋いで投身自殺
現場には繋ぎ合わされた200人近い人間の皮が残されると言う事件が起こった


コーモリ(嘉門洋子)と名乗る女からのたれ込みで自殺者の数をカウントするウェブサイトに注目し、捜査を開始する黒田(石橋凌)と渋沢刑事(永瀬正敏)
だが捜査は進まず、自殺者も後を絶たない
そして、連鎖自殺は黒田の家族にまで及び、黒田も拳銃自殺を遂げるのだった…


監督は「自転車吐息」の園子温


冒頭のシーンは衝撃的でした…
どうも!福岡市博多区中洲に在る
bar Day-Break(バー デイブレイク) の店主『おかも』です(^_^)


集団自殺という衝撃的な題材を扱った異色スリラーです
とにかく人がどんどん死んでいきます!血もこれでもかというほど出てきます!
ストーリー的にはよく理解できませんでした(-_-;)


★★(5つが最高)


 「人気blogランキング」に参加してます
面白いと思った方はクリックお願いしますm(__)m by おかも →
ココ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

'16.10.16(sun) 沢田陽子 2016 Live Tour ~一期一笑~ @小倉フォークビレッジ  


ライヴCD聴きながら書いてます…
どうも!福岡市博多区中洲に在る
bar Day-Break(バー デイブレイク) の店主『おかも』です(^_^)

'08年に中洲のGate's7であった30周年記念ライヴ(http://ameblo.jp/dbreak1021/entry-10237959895.html 参照)以来8年ぶりに
沢田聖子さんのライヴに小倉のフォークビレッジ というライヴハウスに行ってきました



フォークビレッジ

  チラシ


わたくし生まれは小倉なのですが、ほぼ土地勘もないので会場の場所を検索すると
うちの菩提寺の近くでした(^_^;)

小倉駅を出ると、ハロウィンのイベントがあったみたいで、コンコースや駅の周りにはスパイダーマンをはじめ、コスプレした女の子やちびっ子、家族連れが闊歩してました



祇園太鼓


当日は生憎の雨模様でしたが、ちょっと早めに到着し小倉駅界隈をうろうろし
ちょっと小腹がすいたので、ライヴの前に腹ごしらえでもしようと思い
小倉といえばやっぱり焼うどんでしょ!ということで
京町の『一銭洋食 和羅部(わらべ)』 に入ると、栗山監督の勝利インタビューがテレビで流れてました…(-_-;)

気を取り直して、久しぶりの焼うどんを食べ、会場に向かいました


8年ぶりに生歌を聴いたのですが、全然衰えを感じず2時間オーバーのアットホームなライヴでした



セッティング   ライヴCD


ライヴが終わり、物販コーナーで3枚組のライヴCD(本人いわく、いまどき3枚組のCDを出すのは私とさだまさしさんくらい…)を購入し、サインを貰って帰途につきました(^_^)



「人気blogランキング」に参加してます
面白いと思った方はクリックお願いしますm(__)m by おかも →
ココ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

恋の罪 恋の罪('11)


どしゃぶりの雨が降りしきる中、ラブホテル街のアパートで女の死体が発見される
事件担当する女刑事、和子(水野美紀)は、仕事と幸せな家庭を持つにもかかわらず、愛人との関係を断てないでいた


謎の猟奇殺人事件を追ううちに、大学のエリート助教授、美津子(冨樫真)と、人気小説家を夫に持つ清楚で献身的な主婦、いずみ(神楽坂恵)の驚くべき秘密に触れ引き込まれていく和子


事件の裏に浮かび上がる真実とは?
3人の女たちの行き着く果て、誰も観たことのない愛の地獄が始まる…


監督は「冷たい熱帯魚」の園子温


しばらく園作品が続きます…
どうも!福岡市博多区中洲に在る
bar Day-Break(バー デイブレイク) の店主『おかも』です(^_^)


90年代に起こった、東京渋谷区円山町のラブホテル街でひとりの女性が死亡した事件を軸に、過酷な仕事と日常の間でバランスを保つため愛人を作り葛藤(かっとう)する刑事、昼は大学で教え子に、夜は街で体を売る大学助教授、ささいなことから道を踏み外す平凡な主婦の3人の女の生きざまを水野美紀、冨樫真、神楽坂恵が体当たりで演じています


劇中出てくる『言葉なんかおぼえるんじゃなかった…』で始まる田村隆一の詩が印象的でした


★★★(5つが最高)


言葉なんかおぼえるんじゃなかった: 詩人からの伝言 (ちくま文庫)


「人気blogランキング」に参加してます
面白いと思った方はクリックお願いしますm(__)m by おかも →
ココ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

闇金ウシジマくん 闇金ウシジマくん('12)


丑嶋馨(山田孝之)は10日で5割(トゴ)、1日3割(ヒサン)という法外に高い金利をつける闇金融業を営んでいる


成り上がりを狙う23歳の小川純(林遣都)はイベントサークルの代表を務め、イケメンダンサーを集めたイベントを主催してはギャルたちからチケット代を巻き上げている
資金集めに奔走し、ようやくIT企業のスポンサーを見つけるが、丑嶋に奪われてしまう


パチンコにはまった母の借金を肩代わりした鈴木未來(大島優子)は、楽に稼げるとの友人の勧めを受け、そのまま出会いカフェのバイトを始める
売春だけはしないと固く心に誓うものの、簡単に大金が手に入ることを知ってしまい決意が揺らぐ

金に目が眩んだ二人に、丑嶋の情け容赦ない取り立てが襲いかかる…


萬田はんよりえぐいですな~
どうも!福岡市博多区中洲に在る
bar Day-Break(バー デイブレイク) の店主『おかも』です(^_^)


闇金融の世界をリアルに描いた真鍋昌平の同名人気漫画を実写化したドラマの劇場版です


10日で5割という違法な金利で金を貸し付ける闇金業者を丑嶋馨役の山田孝之が、
いい味出してます
ドラマはPart3しか観てないので、再放送を期待している今日この頃です(^_^)


★★★(5つが最高)


「人気blogランキング」に参加してます
面白いと思った方はクリックお願いしますm(__)m by おかも →
ココ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

菊次郎の夏  菊次郎の夏('99)


幼い頃に父親を亡くし、今はおばあちゃんとふたりで浅草に暮らしている小学校3年生の正男(関口雄介)にとって、夏休みはそんなに楽しいものではなかった
学校の友達はみんな家族で旅行に出かけてしまうし、サッカークラブもお休み、おばあちゃん(吉行和子)も仕事で昼間は家にいないのだ


そんな時、彼は愛知県の豊橋にいるお母さん(大家由祐子)に会いに行く決心をする
絵日記と宿題と僅かな小遣いをリュックに詰めて、家を飛び出した正男
そんな彼の気持ちを知った近所のおばさん(岸本加世子)が、夫で遊び人の菊次郎(ビートたけし)を同行させることにした…


監督は「HANAーBI」の北野武


夏も終わりましたが…
どうも!福岡市博多区中洲に在る
bar Day-Break(バー デイブレイク) の店主『おかも』です(^_^)


遊び人の中年男と母親を探す小学生、という不釣り合いなふたりが繰り広げるひと夏の冒険(?)を描いたロードムービーです


テーマソングである久石譲の「summer」はトヨタ・カローラのCMソングにもなりましたね


北野監督作品では珍しい、ほのぼのとした作品です(^_^)


★★★☆(5つが最高)


「人気blogランキング」に参加してます
面白いと思った方はクリックお願いしますm(__)m by おかも →
ココ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ヒミズ ヒミズ('11)


住田佑一(染谷将太)15歳
彼の願いは「普通」の大人になること
大きな夢を持たず、ただ誰にも迷惑をかけずに生きたいと考える住田は、実家の貸ボート屋に集う、震災で家を失くした大人たちと平凡な日常を送っていた


茶沢景子(二階堂ふみ)15歳
夢は、愛する人と守り守られ生きること
他のクラスメートとは違い、大人びた雰囲気を持つ住田に恋い焦がれる彼女は、彼に猛アタックをかける


疎ましがられながらも住田との距離を縮めていけることに日々喜びを感じる茶沢
しかし、そんな2人の日常は、ある日を境に思いもよらない方向に転がり始めていく
ある日、借金を作り、蒸発していた住田の父(光石研)が戻ってきて、金の無心をしながら住田を激しく殴りつける
さらに、母親(渡辺真起子)もほどなく中年男と駆け落ちしてしまい、住田は中学3年生にして天涯孤独の身となる


そんな住田を必死で励ます茶沢
そして、彼女の気持ちが徐々に住田の心を解きほぐしつつあるとき「事件」は起こった…


監督は『恋の罪』園子温


普通ってなにかな…
どうも!福岡市博多区中洲に在る
bar Day-Break(バー デイブレイク) の店主『おかも』です(^_^)


「行け!稲中卓球部」の漫画家、古谷実がギャグ路線を封印して描いた同名作の実写映画です

ある事件によって運命を狂わされた15歳の男女の姿を描いていて、主演の染谷将太と二階堂ふみは、ヴェネチア国際映画祭で最優秀新人俳優賞に当たるマルチェロ・マストロヤンニ賞をW受賞しています


この作品に限らず、二階堂ふみの演技は結構好きで、私が今注目してる女優さんのひとりです(^_^)

★★★(5つが最高)


 「人気blogランキング」に参加してます
面白いと思った方はクリックお願いしますm(__)m by おかも →
ココ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。