こんにちは、どばるです!
現在、自転車に興味あるオタクの人(上智漫研の関係者)を募集しています(^O^)

最近は『弱虫ペダル』や『のりりん』や『かもめチャンス』や他にもまあ色々ありますけど、自転車漫画がキテますよね。
そういう所から自転車に興味を持ってみたものの、なかなか一人で始めるにはハードルが高いなあ……と踏みとどまっているような方は、是非我々の活動に参加してみてはどうでしょう!
その他「健康のために運動したいなあ~」とか「痛チャリ作って乗りたいなあ~」とか、動機はなんであれ、自転車に興味があればウェルカムです!


以下、詳細要項


【活動内容】
月に1回の定例走行会を実施します(土日祝のどれか1日)
部活みたいにガッツリではなく、メンバーの機材も恐らくロードバイクのみというわけでもないので、走行距離・コース・ペースとも控えめに、時には観光や食事を混ぜつつのポタリングになるかと思われます。

この①番は当チームの基本活動として既決のものとします。
以下の②番以降は、メンバーの意向含めて今後検討したいと思います。

②年に2回程度、レースに出場!!
メンバーの中から希望者を募り、レースに参加してみましょう!
痛いチームユニフォームを作って参加するのもオタクならではで楽しそうですね(^o^)

会誌の作成!!
折角漫研に縁のあるメンバーで作る会ですので、年に2回程度自転車に関する会誌を発行してはいかがでしょう?
最近ではロングライダースのような、人気のある自転車同人誌も存在しております。

その他、メンバーの提案で自由に活動の幅を広げていけたらと思います。


【参加資格】
①自転車に興味があること
②上智漫画研究会のメンバー・または元メンバーであること
以上


①についてですが、入会時点では自転車を持ってなくてもいいです。
しかしレンタルできるだけの余剰機材が無いので、走行メンバーとしての参加を希望する場合は、ママチャリでもクロスバイクでもいいので購入が必要となります。
購入に際しては相談にのります!(゜ω゜)
その他、走行は特に希望しないけど、参加したい!というのもアリです。

②一応、オタクであれば誰でもいいかな~とも思うのですが、駆け出しのチームということもあり、意思疎通がしやすいように漫研関係者にて走り出せればとおもいます。
ちなみに「上智漫画研究会自転車部」と便宜上表現していますが、漫研の正式活動ではないのでご了承下さい。
チームの名前も、活動開始に向けては変更していく予定です。


【興味を持った方は】
当方までまずはメールにて、参加を検討している旨ご一報下さい!
メールアドレスは先程のメーリスに記載しています。
ひとまず4月いっぱいの反応をもって、今後の活動方針を考えて参ります。


【最後に】
自転車は楽しいです。
運動神経の善し悪し如きに、ペダルを漕いで前に進むという大原則が覆されるようなことはありません。
マラソンが苦手だった人でも大丈夫。
自転車は自分の許容ペースさえ守れば、心肺の制約から脚が止まることはありません。
他にも、機材やユニフォームをカスタマイズする楽しみもあります。
私が自転車を始めたのは大学4年の卒業間近ですが、今も週末は童心に帰ってペダルを踏んでいます。
流れ行く景色の中、風と陽射しを全身で感じながら過ごす時間は格別です。
それでは、みなさんのご参加を心よりお待ちしております。
AD

地震

テーマ:
お久しぶりです。
一昨日の金曜日に大きな地震がありましたね。
私は横浜市内に住んでるので、そこまで甚大な被害は今のところ受けていませんが、地震発生当時の自分の状況など簡単にご紹介を。

地震が起こった3/11(金)はたまたま有給休暇を取得していたので、私は帰宅難民になることも有りませんでした。
ただ、お昼前ごろから自転車ででかけており、地震が起こった14:45分頃はその帰り道で、家から40km程度離れた、国道246の路上に居ました。
地震が発生した当初、私はまったく揺れに気づいておらず、道沿いの店や家屋からゾロゾロと人が出てくるのを見て自転車を止め、地面に立って初めて揺れを感じたというマヌケっぷり。
よく周りを見渡すと、交通標識などがグワングワン揺れていました。
その後家族に電話等を試みるも当然通じず、残り40kmの家路を急いだわけですが、同様に帰宅を急ぐ人々で道路は渋滞するし、信号機は殆ど故障して機能していない状況で、かなりハードな道程でした。

私の場合、出先であり、ニュースなどで情報を仕入れていたわけではないので、どのくらいの震度だったかとか、どこが震源かとか、そういう情報は持っておらず、せいぜい、普段よりもかなり強く揺れて、信号とかに一部影響が出た程度だろうと思っていました。
なので、帰宅してテレビのニュースで、東北の津波の映像などを見てゾッとしました。
というのも、私が日常的に走るルートは基本的に湘南の海沿いであることが多く、実際、当日も往路は国道134号を走っていたので、タイミングと規模次第では、自分も津波に飲まれていた可能性があるからです。
また、地震発生時点ではほとんど平野部に居ましたが、その直前までは比較的標高の高い、山道というか峠というか、そういう道を走っていたので、こっちも場合によっては、土砂災害などに巻き込まれていた可能性があったなあと、恐ろしさを感じました。

あと、地震発生直前にお昼ごはんの補給も済ませられていたのは本当にラッキーでした。
地震の後は色んなお店が臨時休店していたので、食いっぱぐれたらエネルギー切れで動けなくなるところでした。

昨日、今日と本来ならば自転車に乗りまくる予定でしたが、流石に事態の急変や、放射線関連の話題が落ち着かない現状は控えようと思います。

以上、地震当日からの状況報告でした。

深刻な被害を受けた地域が一日も早く復興することを祈っております。
AD

部内ポケモン大会(final)

テーマ:

幾度となく行われてきた漫研内ポケモン大会に、次で一旦区切りがつきます。
というのは、BW発売によって色々と環境が変わると思われるからです。

その最終ルールは「厨ポケ強ポケ嫌いポケを追放しよう」というもの。

ここまで主観的な要素の制限が入る大会というのも珍しく、
久しぶりにやる気に充ち満ちています。

ちなみに厨ポケアンチな部員が多いわけではなく、
無制限バトルはバトレボでもなんでも好きなだけできるから、
大会としてしっかり準備して挑むものは特殊なルールにした方が面白い、
という精神に基づいています。

禁止されるポケモンは(伝説はもちろんとして)準伝・600全員に加え、
前回大会に出席した10名が各々4匹ずつ選択したポケモンたち。

それによって選ばれた40匹のポケモンは以下

ウインディ
エーフィ
エアームド
エンペルト
カイリキー
カバルドン
カポエラー
ガルーラ
キノガッサ
ギャラドス
キングドラ
クロバット
ゲンガー
ゴウカザル
サンダース
スターミー
テッカニン
トゲキッス
ドサイドン
トドゼルガ
ヌケニン
ハッサム
ハピナス
フーディン
ヘラクロス
マニューラ
マリルリ
マンムー
ミロカロス
ムクホーク
メガヤンマ
ヤドラン
ユキノオー
ヨノワール
ラグラージ
ラプラス
リザードン
ルカリオ
ルンパッパ
ロトム


なんか読みにくいねw

上記から漏れてて結構強い人とかも実は色々と存在するので、
その辺をいかに抽出し、採用かメタか、という部分を考えるのがこの大会の醍醐味ですね。

個人的には楽しそうだと思うので、ラストということもあり、
しっかり優勝を狙って構築を考えていこうと思ってます。
……思ってますが、マイナーパになるので、バトレボで回してみても正確な勝率とかが読めないので、
実戦テストを繰り返したい派の俺がどこまで行けるかは謎が残りますなw
AD