こんにちは、MIKIです。

 

前回の記事で過去の振り返りの仕方についてお伝えしましたが、

 

私がやってみたらどうなったかをお伝えしようと思います。

 

 

ちなみに私はHSP/HSSのため、自己評価高くないです。

そこをあえて、自分の過去をめちゃめちゃ評価してみました。

ようは自慢話です。捉え方を変えればね。自分すごいと認めた

 

過程を書こうと思います。かなり勇気いりますが。

 

まず、中学の時の話

 

中学時代優等生でした。なぜかというと、初めての中間試験後に

 

トイレに行ったときに、「今回の歴史のテスト簡単だったよね。

 

あれで、平均点とかあり得ないよね。」みたいな会話が聞こえたのです。

 

私、平均点で満足してた人…

 

恥ずかしさと、その子に負けたくない一心で勉強。

 

そうすると、自分がどれだけ勉強したら、どれくらいの点数が

取れるかわかるようになったのです。あと、自分が間違えたところを

何回復習したら、もう間違えないかも。逆になんでみんなが出来ないのか

よくわからなかった。口に出しはしなかったけど。嫌な奴です。。。

(塾を運営してる知人に話したら、それが出来ないからみんな塾に来るんだよと

言ってました。私にとって普段行ってた塾は親の塾くらい行かせないとという思いで

行っていて(親を安心させるため)、夏期講習は新しい知識を吸収して

受験に備えるためのものでした)

 

だから、高校受験はそこから行ける一番の進学校にいきました。

受験もわからなかったところがいくつと、まぁ間違えたとしてこれくらい

だったら、受かるな。とテストが終わってから、落ちる心配は

してなかったです。

 

そして、高校時代

入学おめでとうございます~で宿題をもらい、入学して速攻

実力テスト。勉強しなかったから、下から数えたほうが早い順位

それみた瞬間、勉強や~めたと、高校時代は中学ほど勉強しなかったのです。

だから、成績は下の方。

 

【中学の時と、高校の時との違い】

 

それは中学の時は自分のペースで勉強できた

誰からも勉強しなさいと言われたことはなく、順位も意識させ

られるようなことはなかった

だから結果が出せた。

 

高校は完全に順位を出して競争を意識させられた

結果、自分の力が出せなかった

実はHSPは競争社会が苦手なのですよ。

仕事をする時、競争させられたり、観察されていると、緊張し、いつもの実力を発揮できなくなる

(上記で紹介のウエブサイトより)

 

だから無意識にその社会から抜け出す選択をしていたんだと

思います。

 

ずっと高校時代ちゃんとやっておけばよかったと後悔していたのですが、

自己防衛だったのです。守ってたのね、自分のこと。

 

この周りと競争する、あるいはチームで達成する環境にいるか

自分のペースで出来るかで今までの人生を評価すると見事に

自分のペースで出来た時の方が成果が上がっているのです

 

面白いくらいに真っ二つ

 

出来ないからダメだと評価していた事柄に自分の力を発揮できる

方法が隠れていましたニコニコ

AD


こんにちは、MIKIです。

 

今日は昨日ふとこれ大事だなと思った起業するときに絶対大切なことを

シェアしたいと思います。

 

 

起業を考えたときに自分の強みを考えたり、過去を振り返ったり

 

得意なことを書き出してみたりといろいろするかと思います。

 

今回は、その過去の振り返りの仕方について、やっちゃいけないこと

 

やったほうがよいことをあげていきます。

 

 

まず、やっちゃいけないこと

 

それは、今持っている価値観で過去を評価すること

 

これね、結構やっちゃいます。自分の価値観って人と違うんです。

 

だから、同じ出来事でも違う人が見たら評価が変わるんです。

 

良くないと思っていたことがほかの人には評価されることだったということは

 

よくあります。自分のことは自分が一番わからないあせる

 

あなたは起業したいわけです。起業するということはあなたにお客様が

 

出来ることです。そのお客様はあなたと同じ価値観で物事を見ているとは

 

限らないわけです。このことを頭に置いて、再度自分の過去を振り返って

 

みるのです。

 

では、どうやったらいいのか。やったほうがいいこととは

 

過去の出来事を書き出してみる。

 

ただ淡々と時系列に書き出すのです。効果を試してみたい人は

 

人生での大きな出来事だけをまず書いてみるといいかもしれません。

 

そこにあなたの評価は必要ないです。

 

まずは書き出してみる。

 

そして、その出来事は自分にとって良いこと〇だったのか、

 

良くないこと✖だったのかを付けていく。

 

○なことは〇でオッケーです。

 

じゃぁ✖がついたものをどうするか。。。

 

本当に自分にとって良くないことだったのか、違うとらえ方が

 

出来ないか考えてみるのです。

 

自分のことを客観的に見れないとなかなか難しい作業です。

 

私も苦手なことですあせる

 

うまくできない場合は、周りの信頼できる人に、その人だったらどう評価するか

 

聞いてみるといいと思います。(ここで、注意。聞いたらね、ちゃんとその考えを

いったん受け入れてみてくださいね。自己評価が低い人はこれ苦手です)

 

一人でするなら、自分の尊敬する人ならどうとらえるだろう?

 

と考えてみるのです。

 

今まで自分にとって良くないと評価していた経験が実は違ったら?

 

とってもとっても素敵なものだったら?

 

ここにあなたの素敵な素質が隠れている可能性大ですよ♪

 

お試しあれ☆

AD

今から7年前、2010年3月21日に式を挙げました。

入籍した日はちがうので、どちらが記念日なのかよくわからず。。。あせる

 

でも、思い出せる日が2日もあるなんて幸せ~おねがい

なので、どちらも記念日ということで♡

 

私は、教会での挙式というイメージがどうしても出来なくて。

キリスト教徒じゃないのに、なんかちょっとという思いが捨てきれず。

留学中に散々敬虔なキリスト教徒の友人にキリスト教とは?とか、

教会に連れて行ってもらって。あ~ここは彼らの神様と深い信仰の場なんだというのを

肌で感じていたので、式場の教会で、という選択肢は私にはなかったのです。

 

ということで、神前式をあげましたニコニコ

白無垢で、小さいころから馴染みのある神社で挙式

 

そして、そこでの披露宴では納得できず(こだわり派です~)

披露宴の出席者のアクセスと、料理内容、式場の雰囲気などすべてにおいてここ!

というところを夫と探して、そこで披露宴をあげました。

 

料理は当日、シェフが思っていたレベルの食材が手に入らなかったということで、

食材がレベルアップしておりました。ラッキー♪

 

始まりは色打掛でニコニコ

爪は一番下の妹に作ってもらいました。

 

そして、着替えてウエディングドレス

ブーケ(って写真にちゃんと写ってないけど)は母作(三姉妹全員使いました~)

 

そして、カラードレス

黒い服って持ってないのに、選んだのがこのドレス。

私のパーソナルカラーはウィンターなのですよ。そんなこと忘れてこの時は選んでますが、

似合う色だった。

 

そして、2次会です~。

 

どんだけ着替えてるの???って思いました?

そう、私この日5着も着たのです~。

2次会は想定外でしたが。(だってね、会場違うと貸してもらえなかったのですよ。だから、

貸衣装の売ってるやつを買いに行ったのです。たまたまそういう催しがデパートであって、

たまたまいい感じのがお手頃値段であった音譜

 

どんだけ贅沢な花嫁(爆)

しかし、衣装代は50万もいってませ~ん。

二人合わせてそれくらいかな。

 

なぜかね、貸してくれたドレスショップの人が貸してくれちゃったのですよ。

すごい太っ腹。

交渉したわけではないですよ。いくらまでしか出せないとか、そんな話は

聞かれたのでしましたが、じゃぁと向こうから提案してくれました。

 

恵まれてます。ありがたや~と今でも思います。

AD

こんにちは、MIKIです。

3連休の最後の日は一畑山薬師寺に行ってきました~ニコニコ

 

祝日は夫がいないのですよ。(車関係に勤める夫あるある話)

ということで、息子二人を連れて、どこへ行こうか悩んでいたわけです。

で、思いついたのが、一畑山薬師寺。

 

寺ですか?そう寺です。子連れでです。

ここね、温泉に入れるのですよ。だからそれを餌に行ってきましたニヤリ

車の中は、何事か?といううるささですあせる(次男は兄に何か言われて泣いている。でも私は笑顔で写真(爆)

 

勝手な想像で、すごく混んでると思ってたけど、空いてました~。確かに子連れで楽しめる場所ではないよねにやり

 

自分(=子連れ)がいきたいと思うところは子供連れが多いとインプットされてましたが、全くの勘違い。ははは。

 

駐車場について、臨済宗妙心寺派のお寺ですという看板を見た瞬間、おじいちゃんに呼ばれたと思いました。散々、温泉のことやら、御飯のことは調べたのに、宗派のことは一切気にしてなかった~~~。

母側の家の宗派だったような。。。そこも曖昧かいって感じですが

 

祖父が生きていたときに、一緒に座禅を組みに行こうと話していたんです。

そこのお寺が臨済宗妙心寺派。

祖父は昔よく、お月見の会とか座禅とかに行っていたんだとか。

 

結局、祖父と一緒に行くことは叶わなかったのですが、一人でそのお寺に行って、

座禅してきました。それもご住職と1対1。

今考えても、なぜそこまでしていきたかったのか、謎なのですが。

この話はまた今度にします。

 

さて、一畑山薬師寺に戻ります。

いいお天気で、山の上だから見晴らしも良かったです。


春だから、黄砂なのか、ちょっとかすんでました。

 

ご祈祷してもらってから、御飯を食べてお風呂へ。

基本的に私の祖父母世代の人が多いので、その人たちにとって息子たちはひ孫くらい

優しいまなざしをあちらこちらから感じましたニコニコ

 

 

お風呂でもらった鍵のナンバーが333でちょっとびっくり。最近ぞろ目の番号(特に3桁)に

出会うことが多いのです。

 

お風呂は開放的でお天気も良かったので気持ちよかったです。

人も少なくてのんびり入れました。


今日買ってきたお守り達。

キティちゃんのは海外にいる親友に♡

ふとね、彼女の顔が浮かんだから。

近々ほかの物と一緒に送ります♪

 

ん?4人家族なのに、お守りは友達の除いたら3つ…

誰の分がない?

夫の分でーす(笑)

いじわるじゃないですよ。

 

いやね、4月になったら伊勢神宮にお払いにいくのですよ。

厄年だから。

だからいっかぁと思って。。。

 

しまかぜに乗っていく予定なんですが、全然取れなかった個室が、

なぜか取れたのですよ~~~。

伊勢神宮に呼ばれてる?

 

霊感とかないので全然わかりませんが。

神様仏様の力、ご先祖様の存在等々見えない力の存在は信じます。

というか感じます。

 

こんにちは、MIKIです。

 

私はHSC(Highly sensitive person)なのですが、その一つの特徴に

 

(HSCについては時田さんブログを参照にしてください。生きにくいなと

感じている方は一度チェックしてみることをお勧めします。)

 

なんでも完璧にしようとしてまう傾向があるのです。

 

そして、出来ないと自滅する。自己肯定感ダウンという

 

負のスパイラルに陥ることが多いのです。

 

あっ、今度から気を付けようで、終わらず、なんて私はダメな

 

人間なんだ、と自己否定に走ってしまう…

 

ですが、なおこさんのセミナー⇒継続セッションを受けることで

 

どんな自分も受け入れる準備が出来ました。

 

だから、完璧にこなそうという思いを手放してみようと

 

思ったのです。

 

そうしたら、お試しがたくさんたくさんやってきました。

 

なんでこんなに…というくらいに失敗が多々ありまして。

 

・息子のお迎え時間を2日連続間違える

 

・予約を自分のいけない日に入れる(でも手帳には自分のいける日が

 

書いてあり、電話をもらって発覚)

 

・お弁当いらないといわれたのに作る 

 

・新幹線の時間を間違える

 

 

今までの自分だったら、何してるの!と自分を責め立てていた訳です。

 

こんな私ダメだ…と。

 

でも、今回は、起こったことを淡々と受け止めて、

 

そこに感情をのせずに過ごしたら、すっごく楽で。

 

今まですごく自分の感情に振り回されていたなぁと思ったのです。

 

 

 

ただ起こったことをジャッジせずに淡々と受け止める。

 

あなたにとっては、それが当たり前ですか?

 

それとも私のように振り回されていますか?

 

 

 

同じ出来事が起こっているのに、受け止め方次第で

 

自分に与える影響は変わってくる。

 

どうせなら、良いほうに影響した方が絶対いいに決まってる

 

自分らしく生きるには、どんな自分でもまずは受け止め、

 

それからどうしたらよいのか、そして方法がわかったら

 

実践する。それで人生は良い方向へ好転していく。

 

 

すべて自分次第

 

そこが人生の面白さ

 

どんどん自分が楽しいと思える人生へ舵をきっていこう

 

一緒に自分らしい人生を歩みませんか?