日本航空は11日、男性副操縦士(38)が同日、業務中に携帯しなければならない証明書を羽田空港に置き忘れたまま羽田-福岡間を操縦し、折り返しで操縦予定だった福岡-羽田間の1便が欠航したと発表した。乗客180人は約45分後の次便に乗った。

 同社によると、副操縦士は羽田空港で打ち合わせの後▽定期運送用操縦士技能証明書▽航空身体検査証明書▽無線従事者免許証--をかばんに入れ忘れ、午後1時25分に出発。羽田空港の職員が置き忘れに気付いて福岡空港に連絡し、午後4時15分福岡発の1便が欠航した。【池田知広】

【関連ニュース】
日航機:大阪空港着陸時、尾部が滑走路に接触 けが人なし
青森空港:米軍機が緊急着陸 発着3便に影響
GW:成田で帰国ラッシュ ピークは5日、5万人の予定
GW:Uターンラッシュがピーク、高速道大渋滞 5日まで
謎の液体:霧雨状に油降る? 福岡・博多

<水俣病>救済申請受け付け 新潟(毎日新聞)
管理栄養士国試の合格率、32.2%(医療介護CBニュース)
寂光院 放火から10年 消防訓練で思い新た(毎日新聞)
ドリームジャンボ 発売始まる 銀座では300人が列(毎日新聞)
窃盗容疑で巡査部長逮捕=女性の下着盗む-兵庫県警(時事通信)
AD