Qingxiangの日々的話話

この世とあの世の「隙間」で活動している?活字中毒の中国武術家・Qingxiangのつれづれ日記をどうぞ。

NEW !
テーマ:

一昨日(02/22)午後、某フードコートにて注文したメニュー。
お肉にスパイスがデフォルトで塗られていないKFCチキンが、インドKFCとの大きな違いかも。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>
NEW !
テーマ:

6日前(02/18)の晩御飯は、2018/01/30(火) 誕生日ディナーはハンバーグ 同様、某スーパーマーケットの「ドでかハンバーグ」。なんだか最近、毎週これを食べているような気もしますが......

 

ホットプレート上でこういう風にホイル包み焼きにすると、焦げにくくていい感じに出来上がりますね。
(by食べる役の人)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

かなり以前もとい10年ちょっと前の出来事になりますが、2007/11/23(金・祝) いつもはラーメンなんて... にて「ラーメン派じゃない私が、『獣拳戦隊ゲキレンジャー』の登場人物達につられて、珍しくラーメンが食べたくなった」件から、ふと「そういえば映像作品で登場人物が美味しそうに食べている食べ物って、不思議と食べたくなるのよね」ということを思い出し。

この現象?、つい最近だと、ドラマ『孤独のグルメ』などがよく知られたところでしょうか。

 

これと同様の現象は、『仮面ライダーアギト』の小沢管理官を観ていて焼肉を食べたくなる、とか『仮面ライダーゴースト』のアラン様を観ていてたこ焼きを食べたくなる、とか複数ありますね。

画面に映る美味しそうな食べ物そのものもですが、人間って「他人が何かを美味しそうに食べていると、自分も食べたくなってしまう」性分が多分にあるような気がします。

嗅覚を伴わない、映像の視覚情報だけででも、それは十分に刺激されるのだろうなぁと思います。

 

なのに、『仮面ライダー電王』を観ていてもコーヒーを特に欲しくならないのは、私が紅茶派だからでしょうか。
そういえば、『仮面ライダー剣』の虎太郎を観てても牛乳飲みたくならないな。なぜだろう。

 

 

 

仮面ライダーアギト 第1話

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近視聴を進めていたアニメ版『機動警察パトレイバー』、とりあえず初期OVA版、テレビシリーズ版、アニメ劇場版第1作目、後期OVA版、アニメ劇場版第2作目、ミニパトまで観終わりましたが。

(注釈:アニメ劇場版第1作目は1990年頃にビデオ媒体で複数回視聴済み、第2作目はインドで動画媒体にて一度視聴済み)

 

Wikipediaの『パトレイバー』項目にある、「パトレイバーにインスパイアされたのがドラマ『踊る大捜査線』である」という内容に、改めて納得した次第です。

「あー、『パト』のこれが『踊る』のそれになって、なのね」

という設定ポイントや要素がいくつもあるので、両作品知っているとどちらも倍楽しめる感じになっています。

 

後期OVAのシリーズ構成に関しては、「グリフォン編をもっと長めにやって欲しかった」という個人的な感想がありますけど、初期OVAからアニメ劇場版第1作目までは個人的に好みの範囲ではあるので、それとコミック版が「私の好きなパトレイバー」の範疇かな、というところですかね。

アニメ劇場版第2作目以降になってくると、以前にネット上でちらっと見かけた「押井守がパトレイバーを私物化している」という意見に納得せざるを得ない造りになってしまっているので、(多岐展開のメディアミックス作品でもあることもあり)アニメ劇場版第1作目以前を私の思う、というか支持する『パトレイバー』として認識しようかな、と思います。

 

機動警察パトレイバー(1) (少年サンデーコミックス) 

 

それにしても。

 

『パトレイバー』シリーズには二度も「自衛隊が蜂起する」というエピソードがあるのですが、日本の場合「シビリアンコントロールを欠いた自衛隊の蜂起は起こり得る可能性が相当低い」はずなんですけどね。(某所でそのあたりの某関係者から聞いた話によれば、日本での自衛隊蜂起には一般市民によるシビリアンコントロールは必須だそうです)

クーデター話好きだなぁ押井さん(棒読み)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ひょんなことから偶然に、YouTubeで見つけた『勇敢戦隊ブレイブフロンティア』という動画。

観てみると、『獣電戦隊キョウリュウジャー』の主役6人が、ゲームキャラっぽい扮装で出演しておりまして、「これ、一体なんてキョウリュウジャーパロディ?」とか思ってしまったわけですが......

 

深掘りしていくと、我が自室は爆笑の渦に包まれる羽目に。

 

というのも、実はこれ『ブレイブフロンティア』というスマホRPGゲームのパート2に関する宣伝らしく、宣伝で『キョウリュウジャー』とコラボを決行、というものなのです。

それも、かなり力の入ったコラボです。

だって。

 

 

ガチでキョウリュウジャーメインキャストが全員その役で出るわ、キャンデリラとラッキューロも出るわ、ナレーションもきっちり千葉繁さんだし、というかですね......

 

 

ガチでキョウリュウジャー本編まるまる1本分新撮ってどういうこと?!w

しかもキョウリュウジャー本編より長い尺だし!!ww

お芝居もアクションも合成も、ゲーム本編のことは何にも触れられてなくってどっからどう観ても『キョウリュウジャー』だし!!www

しかも、ちゃんと新規で作ったデーボモンスター「デーボ・ブレイブスキー」の声が杉田智和!!wwww

 

1回目視聴は杉田くんだと気づかずに、それ以外の部分を大笑いしながら見ていたのですが、ブレイブスキーの声が杉田くんだとわかってからみるともう大爆笑!!wwwww

文化放送ラジオ『東映公認・仮面ラジレンジャー』でも杉田くんがゲストの時は笑いすぎてお腹の皮がよじれた私ですから、ブレイブスキーの声が杉田くんだとわかってから、このゲーム宣伝用(全然ゲーム宣伝がこの新撮エピソードでされてませんがw)新撮キョウリュウジャー「幻の33.5話」を観ると、さらにもっと大爆笑!!wwwwww

杉田くんが面白すぎて、というかおかしすぎて、というか視聴しながら「杉田!w 杉田!w」と爆笑しつつ悶絶する私。

私にとっての杉田くんは『仮面ライダーキバ』のキバットバット3世の声で、ヒゲ氏にとっては『涼宮ハルヒ』シリーズのキョンの声なのですが、それをはるかに通り越してもう「杉田!wwwww」でキャラが立っている面白さ!!!

 

27分間、お腹が痛くなるほど爆笑してしまったひと時でした。

あ〜笑いすぎて死ぬかと思った。ゼイゼイw

 

ところで。

 

キョウリュウジャーとは縁もゆかりもないはずのこの『ブレイブフロンティア』というゲーム、どうやら単に「ブレイブつながり」でキョウリュウジャーとコラボしたようで、「それだけかい!」とツッコミを入れつつもキョウリュウジャーファンにとっては大喜びの、意外なプレゼント的サプライズ企画?(←別にキョウリュウジャーファン向けじゃないのですがw)になったわけでありますが、

 

肝心のブレフロファン、ブレフロ民はおそらく「何これ」と口をあんぐり開けているのではないでしょうか......

だってねぇ。

 

 

ゲームのリリース発表会なのに、キョウリュウジャーショーってどういうこと?!wwwww

このショーの後に他メンバーとともに登壇してきた、キョウリュウレッド=桐生ダイゴ(キング)役の竜星涼くんが「制作発表みたいw」とコメントしてた通り、うっかりしたら『キョウリュウジャー シーズン2』制作発表と見間違えちゃうじゃありませんか!(大爆笑)

 

しかも、ここまでやって、その予算はどこから出たんですか?!的なw

エピソード1本まるまる新撮、それも東映がガチでコラボって.......

 

いやー、何から何までブレイブだぜwww

 

 

 

スーパー戦隊シリーズ 獣電戦隊キョウリュウジャー VOL.1 [DVD]

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。