お昼前に両替商まで行くためにヒゲ氏と共に自宅を出て車道を横断しようとしたら、中央分離帯に上がり損ねて「ズザサササーーーーッ!!」と思い切り転んでしまいました。
転んだ場所が場所だけに、早く退避しないと危険です。
肘と膝が痛むのをこらえて、とりあえずまず起き上がって車道を渡り切りまして。

渡り切った場所で身体を確認すると、膝やその周辺に擦過傷は見られず、打った痛みだけですが、肘のあたりは両方ともしっかり擦り剥けてました。
(e_e)

ヒゲ氏がバンドエイドを一枚だけ持ち合わせていたのでそれを貼ってもらいましたが、それでは足りないので、そこから歩いて20メートルくらいのところにある薬局でバンドエイドを五枚購入(インドではバラ売りもしています)。
その場で貼ってもらいました。
いやはや、転んだのも、転んで擦り剥けたのもなんだかとても久しぶりです。
(;´Д`A

そんな感じで始まった外出行動だったので、「Qingxiangさんがコケないところで渡らないとなぁ」と気配りなんだかツッコミなんだかわからないことを繰り返すヒゲ氏。

「マンガみたいにコケてたぞ」
だそうです(^^;;

ちなみに、私が転んだ時に近づいてきていたバスは、しっかり止まったそうです。
犬をよけて走行するけど歩いてる人間に対してはホーンを鳴らすだけで容赦ないバスも、さすがに「人間がコケた」だと止まるのが立証されました(苦笑)。
そうじゃないと大事故起こっちゃいますからね。
あーよかった轢かれなくて(汗)。

それでふと思い出したのは、マンガロールで交通事故に遭うパターンは、バイクや原付、二輪走行者がバスに轢かれる割合が高いかもしれない……ということです。日々の報道に触れてる範囲での印象では、ですけどね。異常に遅いスピードで走行し、周囲の車両速度と噛み合ってない二輪走行者、そういえばよく見かけますし。
_φ(・_・

それにしても、大事に至らず済んで良かったです(冷汗)。
ひとまずはそこに尽きます。
AD
毎日もしくは一日おきくらいに土砂降りがやって来る…という頻度になってきておりまして……

そろそろ本格的雨季に入ってくる時期です。

おかげで気温も30度前後もしくは30度弱になりつつあって、やや快適な感じになっています。
(普段が万年33-34度だと、30度になっただけで涼しく感じます。人間の体感はある程度相対的なもの、を示す一例だと思います)

インド人は、晴天よりも曇天や雨降りの空模様を「いいお天気ですね」とみなす傾向があるようなので、「いいお天気ですね」の言葉が会話に頻出してきそうな今月と来月なのでありまする。



D28 地球の歩き方 インド 2016~2017

AD
『2016/06/07(火) ダウン中。』にて、インドビザセンターWEBサイトのサーバーがダウンしているという事態に遭遇したわけですが、いまだエラー継続中であります。実際にオンライン申請をする先であるインド政府ドメインのほうは問題なく通常稼働してるようですが、在日インドビザセンターサイトはこれ書いてる最中もサーバーエラー中なのであります。

仕方がないので、というかビザセンターに電話してもなかなか繋がらない上に、繋がっても「ぞんざいな対応を受けた」だの「心折れる」ということになる…といった感想をいくつもWEBで読んでいたので、電話料金が安いのを利用して、自分の携帯電話から普通に日本のビザ申請代行業者さんに懸念に感じている件をおたずねして事なきを得ました。ご親切なご回答にただひたすら感謝。
m(_ _)m

そんな在日インドビザセンター、在東京東日本(及び沖縄)管轄部門への口コミがGoogleに載っていたのですが、星ひとつですんごい愚痴の山(汗)。お名前から察するに米国かそのあたりのお方とお見受けいたしますが、英語で延々と「オンライン申請でこんな面倒な思いした!」とか「日本人はとてもおとなしくて礼儀正しい人達なのに、こんなに荒れてブチ切れてる日本人なんて(ここ=インドビザセンター以外で)一度も(日本で)見たことない」だの、レビューにしては短くない文章をお書きになられてました(さらに汗)
インドビザのオンライン申請はすべて英語でおこなわなければならず、しかも記入項目の多さと独特の言い回しだらけなために、英語が苦手な日本人にはストレスの山・山・山…だそうですし、その上窓口対応が「言うことが個人によって違う」というインド式らしく、センター内には舌打ちしたりブチ切れ出す人がどうしても出てきたりするのだそうです。
私の場合は、今までのビザはオンライン申請こそ自分ですべて記入しましたが(幸いなことに、パーフェクトに一発OKで窓口申請に持っていけたそうです)、センターへの申請と受取は業者さんにお願いしていたので、実はまだ未体験ゾーンなのですね、その光景。
ヒゲ氏と私にとっては、「普段の生活とおんなじかぁ…(棒)」ですが、インド初めてさんや慣れてない方達には相当キツイだろうなぁ、と心中お察し申し上げる次第でございます。
m(_ _)m

で。

ビザセンターのWEBサイトが確認できないので、大使館やらその他大量のWEBページを一生懸命調べてるわけですが、在日インド大使館のWEBサイトにて「あること」を発見。
この画像の右下をご覧くださいませ。
2016June08_EmbassyCapture

「コピー右ポリシー」と「助けて」………………

えっと………………………

それって………………

「Copyright Policy」と「Help」ですよね…………………

…………………………
(ー ー;)

インド人が翻訳してネイティブチェック入れてないと見ました…………………(汗)
大使館の公式サイトなのに………………(さらに汗)
マレーシアの会社に就労されてる方が、「円高リンギット安なので、日本に一時帰国するのにこれはキツイ」とSNS上で嘆いておられましたが、実はインドルピーも同じ状況でありまして......

円高ルピー安で大打撃、です......(涙目)

うううううう...........
_| ̄|○




図解入門ビジネス最新為替の基本とカラクリがよ~くわかる本 (How‐nual Business Guide Book)