政府が月内に取りまとめる新成長戦略の行程表の概要が9日、明らかになった。2011年度中に、大都市圏で「国際戦略総合特区」を認定し、大胆な規制緩和や税制の優遇措置を認める。民間企業の投資を呼び込むのが狙いで、20年までに特区1カ所当たり1兆円の投資を実現するとの目標を掲げた。 

【関連ニュース】
アニメ、ゲーム…「日本」を売り込め=輸出後押しへ、文化産業戦略

<荒井戦略相>事務所費問題 支出一覧に政治活動費が交じる(毎日新聞)
山菜採りの3人無事発見(産経新聞)
<敦賀原発>1号機原子炉停止へ 冷却水漏れで(毎日新聞)
患者・市民パネルに委嘱状を交付―国立がん研究センター(医療介護CBニュース)
旧軍施設跡の銘板 文案作成に総連“圧力”も(産経新聞)
AD