鳩山由紀夫首相は16日、自身の資金管理団体「友愛政経懇話会」を巡る偽装献金事件に関連し、実母から09年1~5月に提供された資金7500万円にかかる贈与税3470万円を納付したと公表した。個人事務所を通じて報道各社に説明文書を送った。事務所側は、これで実母から提供された資金にかかる贈与税は全額納付したとしている。

 首相は昨年12月、02~08年に贈与された11億7000万円にかかる贈与税約5億7500万円を納付した際、「09年分については後日、申告して納付する」としていた。09年分に提供された資金額は当初9000万円としていたが、調査の結果、7500万円と判明したという。【白戸圭一】

【関連ニュース】
鳩山首相:B型肝炎訴訟で政府一体対応を指示
鳩山首相:「弟・邦夫氏と連携するつもりもない」
鳩山内閣:支持率続落43%…不支持が逆転 本社世論調査
鳩山首相:支持率下落は偽装献金が一因と陳謝 奈良を視察
鳩山首相:小林議員の出処進退「自身で判断すべきこと」

<岡田外相>程・新駐日中国大使の表敬受ける(毎日新聞)
女性下士官の身柄拘束=当て逃げ、飲酒運転か-在沖米軍(時事通信)
カーネル人形が甲子園そばの店で「接客」(産経新聞)
インフルエンザ予防にビタミンDが効果的 魚やキノコ (産経新聞)
監禁容疑で6人逮捕=公園前路上の男性遺体-警視庁(時事通信)
AD