険悪感という台風が襲ってきた

台風過ぎ去ったかな>?

 

2017.07.04(火)

安倍首相への「嫌悪感」が浸透してきた

 

 

今日、発売の「SAPIO」『ゴーマニズム宣言』では、眞子さまの婚約のことと、安倍政権の禍々しさについての2本立てを描いている。
今回の都知事選で安倍政権にNO!を突きつけた都民も、わしが描いた安倍政権の「禍々しさ」を感じていたことになる。

安倍首相への「嫌悪感」は、一般国民の間に随分浸透してきた。
安倍首相ドアップの選挙ポスターを貼るのを、拒否する店舗や家まで出てきたほどだ。
わしが訪れる店の店員や主人も、わしの政治的立ち位置を知らないのだが、口々に安倍首相が嫌いだと言い始めた。
ようやくここまで来たかと思う。 

だが、安倍首相も、政権を支える議員たちも、まだこの生理的「嫌悪感」に気づいていない。
今後の偽善的セリフや振る舞いで、誤魔化せると思っているようだ。果たしてそうか?
政策よりも人物への「嫌悪感」の方が上回ったら、鳩山由紀夫と同じ運命を辿ることになる。

それにしても権力ラブの三浦瑠麗や松本人志は、これまで安倍首相を無理スジの相対主義的な詭弁を弄して擁護してきたわけだが、この庶民的な「嫌悪感」に気づかなかったのだから致命的である。

https://yoshinori-kobayashi.com/13410/

 

俺も険悪感が浸透してまっせ!だがどこまで続くかだな、最低でも安倍政権が辞職するほど浸透させねばダメだ!!

 

あともう一つ、橋下のあほが小池予想しやがった!あり得るかもね、小池の手助けによる憲法改正は。まあ、橋下の思惑とは少し異なる形になるかもしれんがな・

 

3日放送の「橋下×羽鳥の番組」(テレビ朝日系)で、橋下徹氏が、都議選での都民ファーストの会の躍進が自民党・安倍政権にとって憲法改正を進める上での「大チャンスになる」と語った。「中略」橋下氏は、今回の都議選の結果に「自民党は確かにお灸をすえられたと思いますが、安倍さんにとっては、大チャンスになると思ってるんです」と指摘した。小池百合子都知事が率いた都民ファーストの会が「国政政党になるのは間違えない」とまで断言している。

続けて、反安倍票が民進党に流れれば政権に打撃になると指摘しながらも「でも、小池新党の方に議席が流れていったら、安倍さんはいくらでも話ができます」といい、自民党は小池新党とならば連携がとれると指摘する。「中略」最後に、橋下氏は「憲法改正に前向きな、小池新党の議席が増えることはね、ある意味で(憲法改正の)大チャンスなんですよ」と改めて強調していた。

 

橋下徹氏 都民ファーストの会の躍進は「憲法改正の大チャンス」


2017年7月4日 10時18分 トピックニュース

http://news.livedoor.com/article/detail/13288457/

 

 

 

ピグキッチンに遊びに来てね! http://piggpuzzle.amebagames.com/#neighbor/9a7e416c2e93c6525c6defdaa74f74be

AD