”辞めちまえ!”

テーマ:

政府が「共謀罪」の要件を変えて新設をめざす「テロ等準備罪」に反対する文化人やジャーナリストらが16日に東京都内で集会を開き、「思想、表現の自由を広く制限するものだ」などと訴えた。規制対象が一般の市民に及ぶことを危惧する声が相次いだ。

 「共謀罪を考える超党派の議員と市民の勉強会」の主催で、約250人が集まった。ルポライターの鎌田慧さんは、対象のあいまいさを問題視し、「どこまでが『普通の人』で、どこからが過激派の犯罪集団になるのか」と指摘。「私たちが『関係ない』と思って声を上げなければ、市民として自由を持ち続けられるか」と呼びかけた。

 日本ペンクラブの山田健太・専修大教授(ジャーナリズム論)は「秘密保護法や盗聴法(通信傍受法)拡大と合わさって、恣意(しい)的な身体の拘束の幅が広がり、思想表現の自由が制約される」と訴えた。日本ペンクラブは15日、「共謀罪」に対して「全く不要であるばかりか、社会の基盤を壊すもの」として反対声明を出している。

「中略」

 日本刑法学会の理事7人が呼びかけた反対声明には、すでに150人以上の学者が賛同。日本弁護士連合会も「我が国の刑事法体系の基本原則に矛盾する」との会長声明を出している。(後藤遼太)

「共謀罪反対」250人集会 文化人や法学者ら懸念表明
後藤遼太2017年2月16日20時01分朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK2J54WHK2JUTIL02G.html

 

本当に共謀罪などいらん!平成版治安維持法・共謀罪はすぐ廃案にしろ!!

 
 
 
Tomomi Inada 2017.jpg稲田はくそ野郎で不自由主義者だ!辞任するまで糾弾せよ!!
 

稲田防衛相の辞任求め国会前デモ 南スーダンめぐる発言

佐藤恵子

2017年2月17日21時44分

「9条上問題になるから『武力衝突』使う」 稲田防衛相

2017年2月8日13時59分

AD

コメント(2)