テーマ:モブログ
2006-05-06 12:28:51

ゴールデンウィーク。

二日連続母の夢を見た。
正直辛い。

私が夕食時に母の話をしたのが原因だろう。


ゴールデンウィークってさ、
親元離れた息子や娘が実家へ帰る時期だよね。

そういうささやかな楽しみも
母には無いんだよね。


旦那様は黙って聞いていた。
そして『仕方がないよ…』と言った。

仕方がない。うん、私もそう思う。

その夜見た夢は、
泣き叫ぶ私と『信じて』とすがる母の夢。

夢の中でさえパチンコにハマっている母。
その母を罵倒する私。


『夢の時くらい…平穏な家庭でもいいのにね』

そう旦那様に話したせいか
今朝の夢は一緒に買い物へ行く夢だった。

望んでいた夢のはずなのにむなしい。
キツい。

もはや母が夢に出てくること自体
私の心をかき乱すのか。

最初に見た夢は私への警告。
心に余裕が出来るとまた
手を差し伸べようとする馬鹿な私への。


何度それを繰り返すのだ。
何度傷つけばよいのだ。
傷つけられることを…望んでいるのか。


最初に見た夢の方が残酷なようでいて、実は優しい。

有りもしない夢の方がはるかにキツいということを
私は…知ったような気がする。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
テーマ:モブログ
2005-11-26 17:42:06

コーヒー

コーヒーの香りが好きだ。
もちろん味も好きだが。

喫茶店。
足を踏み入れると同時に漂う香り。

初めての場所でも懐かしい気がするのは、
コーヒーにまつわる思い出が多いせいか。

両親はコーヒーが好きだった。
と、言っても貧乏な我が家は
インスタントコーヒー。

父はミルクが1杯に砂糖が2杯。
母は薄めのブラック。


『コーヒーが飲みたいな。』


父が言うと…私は湯を沸かし用意を始める。

ちびっこマスターの煎れたコーヒーを
満足そうに父は飲んだ。


『ゆずの煎れたコーヒーが
一番美味しいよ。』


就職前だっただろうか。
母は私をとある喫茶店へと連れていった。


『たまには贅沢しよう。』


1杯が1000円近くするような本格的なコーヒー。


『子供にはまだ早い。』


以前はあまり飲ませてくれなかった母と…
対等になった気がした。


先日友人から行きたい場所があると
連れられて行った場所は…
あの喫茶店だった。

一瞬にしてあの日のことを思い出す。

香ばしい香り。
口に含むと広がる苦み、渋み、甘み。

だが何故だろう。
あの日の母の顔は浮かんでこないのだ。


コーヒーの香りが好きだ。
もちろん味も好きだが。

濃いめが好きな私に母が言っていた。


『そんなに濃いと体に悪いよ。』


今朝ふと、思い出す。
思わず湯を足してしまった。

だが何故だろう。
やはりあの日の母の顔は浮かんでこないのだ。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。