脱原発の日のブログ

12月8日は1995年、もんじゅが事故を起こして止まった日。この時、核燃料サイクルと全ての原発を白紙から見直すべきだった。そんな想いを共有した市民の情報共有ブログです。内部被ばくを最低限に抑え原発のない未来をつくろう。(脱原発の日実行委員会 Since 2010年10月)


テーマ:

国連・憲法問題研究会講演会
レイシズムと安倍政権第2弾
表現の自由を守るためヘイトスピーチ処罰を

講師 前田朗さん(東京造形大学教授)

日時 5月10日(土)午後6時半~9時

文京シビックセンター5階会議室AB
(後楽園駅・春日駅)
http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_shisetsukanri_shisetsu_civic.html

■ここ数年、日本社会では外国人・マイノリティをおとしめ、排斥・殺害を叫ぶ
ヘイトスピーチ、ヘイトデモが街中で公然と行われています。安倍首相は「ヘイ
ト・スピーチ」について「他国の人々を誹謗(ひぼう)中傷し、まるで我々が優
れていると認識するのはまったく間違い。結果として自分たちを辱めている」と
いう認識を示しながら、ヘイト・スピーチ被害の拡大に対して何の対処もせず、
野放しにしています。それどころか、「領土」「歴史」などでナショナリズム、
排外主義を煽り立てる政策を進めています。
 前回講演していただいた安田浩一さん(ジャーナリスト)は「ヘイトスピーチ
は言葉の暴力ではなく、暴力そのもの」「暴力を向けられた人たちの痛みを常に
感じていたい」と強調していました。
 「ヘイト・スピーチ処罰は世界の常識」「表現の自由を守るためにヘイト・ス
ピーチの処罰」と包括的なヘイト・スピーチ規制の必要性を主張する前田朗さん
に、ヘイト・スピーチなどのヘイト・クライム(憎悪犯罪)をなくしていくため
にどのようにしていくべきなのか、国際的に見た日本のヘイト・スピーチ現象、
「表現の自由」とヘイト・スピーチ規制について話してもらいます。

連絡先 東京都 千代田区内神田1-17-12勝文社第二ビル101研究所テオリア
TEL・fax03-6273-7233
email@theoria.info


前田朗 まえだ あきら 東京造形大学教授、刑事人権論、戦争犯罪論。
著書に『なぜ、いまヘイト・スピーチなのか ―差別、暴力、脅迫、迫害―』(三
一書房)、『ヘイト・クライム ―憎悪犯罪が日本を壊す―』(三一書房)『軍隊
のない国家―27の国々と人びと』(日本評論社)『侵略と抵抗 平和のための戦争
犯罪論』(青木書店)ほか
いいね!した人  |  リブログ(0)

脱原発の日さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。