伊達武将隊公式ブログ

杜の都・仙台の魅力を広める為、
仙台に縁の深い英雄たちが蘇った伊達武将隊
国内外に仙台PRの為に出陣中!


テーマ:

仙台藩初代藩主、伊達政宗である。

 

霧雨に霞む仙台

 

斯様な天候にも負けることなく、

インターハイを終えた選手三連休を満喫する家族など、本日の仙台城も観光の御客人で溢れておった

皆々、誠に大儀である。

すべての客人に目がゆき届かぬところは我の精進が足らぬところよ。

今日を省み、明日への糧とすべし。

 

 

 

夕刻よりは我が愛する仙台奥座敷秋保温泉夏祭りへの出陣。

祭りの様子は足軽・陽の日記を見るがよい。


{8B21D4A4-5A36-4FB3-BB42-65110FE6D1C3}


果たして陽はダンシングオールナイトを致すのだろうか・・・?

 

 

 

 

仙台には御譜代町の大町・肴町・南町・立町・柳町・荒町をはじめ、

昔ながらの町が多い。

 

七月から八月の末にかけて、各町内の祭りが多いのじゃ。

皆の町もそうかのう?

 

そういった祭りは「仙台七夕まつり」や「青葉まつり」とはまた違う。



{676D066A-F1D5-4959-8C32-2D203C3DE5A8}


うまくは伝えられぬが、『手作りの祭り』とでも言おうか。

 

人と人の距離が近い気が致すのじゃな。

 

そういう風情が、わしは大好きじゃ。

 

御役目も多く、なかなか足を運ぶこと叶わぬが、

行ける時には片づけまで手伝って楽しむ

それが政宗流の楽しみ方である。

 

皆も機会があれば、祭りの終わりまで見届けてみるのも一興じゃぞ。

 

 ちなみに、明日の宵は一番町四丁目に竹灯りがともるぞ

 

 



最後に。

 

先の函館遠征は、仙台と北海道を結ぶ勝ち戦と相成った。

我の眼に、函館の民はまこと奥ゆかしく映った。

 

なにぶん北海道は武将文化のなき土地。

 

はじめ我らを見た民は少なからず緊張しておったようじゃが、

「仙台・宮城にございん音頭」を踊る頃には心も身体もほぐれ、皆が笑顔であった。

おもてなしの場を提供し、温かく迎えてくれた函館蔦谷書店の者達にも感謝じゃ。

 

 

 

 

【おまけ】

 

 

帰りに立ち寄った新函館北斗駅。

此処に眼を引く生き物がおった。

少々閲覧注意やも知れぬ)














 

{C7FEBB9F-69BF-4B04-8511-BB6A4328D299}




その名をずーしーほっきーと云うそうな。

 




{4110B59A-02AD-4E5E-9102-1B3235015336}


{08F921C8-BDAB-48F2-BC4F-EB25056FCE81}


 ホッキ寿司だということは理解した。

あくまで理解しただけである。




あまりにも謎が多い故、あ奴のうぃきぺでぃあを此処に記す。

 

 

此の攻めの姿勢・・・ともすれば今の伊達軍にも必要やも・・・知れぬな。

 

 



{B2C55DFE-1562-490A-A830-A9657EDE187F}

(思わずクリアファイルを購入・・・

しかもQRコードを読み込めば北斗市の観光PR動画がすぐに見られる。こ奴・・・できるな・・・!)

AD
いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)

伊達武将隊さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「伊達政宗」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。